これはとある時代、とある東の大陸の物語である。
時は乱世。
数多くの英傑達が互いに己が野望を達せんがため、天下統一を狙い、集い合い競い合う群雄割拠の時代。
後に『五国時代』と呼ばれることになる五つの国があり、
そこに、五人の雄たちがいた。
彼らは天下の覇権をかけ、互いの命運を賭けてぶつかり合った。

これは彼ら英雄が織り成す豪勇と智謀を綴った伝記―――

―――ではない。

もっと小さな、領地も権力も軍も持っていない
一人の兵士の物語である。
目次に戻る 次に進む