空にひと欠片の星が点る。
 それを目にした慶の斥候達は、同時に身を起こした。

「合図だ」
「合図だぞ」

 矢に手を掛け、矢先に火打石で火をつけていく。順々にそれらを弩に番え、弧に弓手を掛けて思い切り引き分ける。
 片膝をつき、方向を定め、両の腕で極限まで弦を絞り―――
 斜上の堯陣営へ向けて一斉に引き放った。




 陳雨は楼閣に登っていた。そこからは、この峰絽関の南半分が見渡せるようになっている。
 陣中に設営された高台の上に佇み、乱世をして天才と呼ばれる胡の軍師は空を見上げる。
 黒煙が立ち込めたような空模様では、いくら天文の知識に精通している陳雨でも星見は困難である。だがたとえ星が読めずとも、確実に分かることはあった。

 ―――来る。

 陳雨は目を細めた。

 もうすぐ―――もう間もなく、決着がつく。

 胸中で繰り返し言う。
 これで慶軍は大打撃を得るだろう。そうすればさすがの戯孟といえど、兵を退かずにはおられまい。
 実際日数としてはさほど経ってはない筈なのに、ここまで来るのに随分長い時間がかかったような気がする。
 だが勝機はいよいよそこまで迫ってきている。これで全てが収まるのだ。
 微かな高揚を込めて、そう思ったときだった。
 突然、誰かが悲鳴を上げるのが聞こえた。

「火が・・・・・・!!」

 その声に、ばっと振り返る。よくよく耳を凝らしてみると、向こうの方―――陣営の中央辺りで、何人かの兵が叫んでいる。
 丁度、主幕のある辺りである。そこだけが不自然に明るい。

 何だ―――

 不穏な予感に、逸る気持ちを抑えつつ、側に控えていた兵を伴って声のする方へ駆け足で向かう。
 近づくにつれ、大慌てで入り乱れる兵卒たちにぶつかった。彼らは忙しなく走り回り、騒がしく何かを怒鳴っている。
 陳雨は眉根を寄せた。一体何が起こったのか。
 兵卒たちの間を抜けて何か問題を生じているらしい場所へ行く。

 何なのだ。火とは何のことだ。あの明かりは、一体何が―――

 突如陳雨の目に、信じられないものが飛び込んできた。

 ()

 闇夜の中、真っ赤な炎に包まれる主幕が、そこにはあった。
 幕の前で右往左往する于卷の姿が見える。
 陳雨は呆然と佇みながら、皓然と揺らめく炎を見つめた。

 ―――何が起こったと言うのだ。

 軍師の姿を目に止めた于卷が、無様に転びつまろびつ近寄ってきた。

「ち、陳雨っ こ、これは一体如何したことか!」

 強面を情けなく歪めながら、横合いから怒鳴る。
 陳雨は思わず舌打ちしたくなった。
 その様なこと、自分が知っているわけがなかろうに。大体にして指導者たるべき者がそのように取り乱しては、従う者達にも影響してしまう。
 混乱している指導者の問いには答えず、陳雨は動揺する兵卒たちに向かい、よく通る声で叫んだ。

「うろたえるな!! 各自速やかに消火作業を行え!!」

 素早く指示を飛ばしてゆく。命じられた兵卒達は慌てふためきながらも、言われた通りに動き始めた。
 更に陳雨は声高に叫んだ。

「慌てずとも火は広がらぬ!! もう間もなく雨が来る!!」

 はっきりと、そう口にした。
 そう。もうすぐ、この峰絽関に大きな雷雨が来る。
 年に一時、この季節、この時期に、定例の雨嵐がこの辺りを襲う。そしてそれこそが、陳雨の狙い。
 雨はこの日この時刻にしか来ない。陳雨は地元民の情報と、天文の動きでそれを読んだ。だから彼は、わざわざ回りくどい手で時間稼ぎをし、巧妙に手の込んだ仕掛けを作ったのだった。

「この程度の炎、たとえ飛び火しようともすぐに雨で消える!! 慌てず、鎮火の準備をしろ!!」

 陳雨が駆けずり回って号を飛ばす。
 ―――が、そうしているうちに、また別の事態を知らせる声が上がった。

「火矢が、火矢が飛んできます!!」
「何!?」

 兵の声につられ、陳雨は上を見上げる。
 空に、あるはずもない無数の星が―――橙の星が輝いていた。
 ―――こちらへ向かってくる。
 陳雨は両眼を大きく開いて凝視した。
 あれは慶軍の火矢だ。
 そこでやっと気付く。
 先程から吹いていた強めの風が、何時の間にか西向きに変わっていることに。
 東風。

(ぬかった!!)

 陳雨は内心舌打ちをした。
 東風―――すなわち、こちらを火攻めするに尤も最適な風。
 しまった。迂闊であった。この辺りを吹く風は常に西風であると聞いていたのに。よりにもよって―――

「夜襲だ!! 火矢が飛んでくる、慶の夜襲だ!!」

 わあっと喧騒が広がる。逃げ腰になる兵卒たちに、陳雨は振り返って怒鳴った。

「慌てるな!! 皆のもの、直ちに迎撃の装備せよ!!」

 風が徐々に強まる。
 兵士達は慌てて自らの武具を装着しだした。
 その間にもあちらこちらで次々と火の手が上がる。

(なんという―――

 風が吹く。
 風が吹く。
 人々の怒号が風声の中に浮かんでは掻き消える。陣中の幕が大きな音を立て、人々の服が翻る。陣中を、山を、東から吹き付ける烈風が直撃した。

(なんということだ)

 陳雨は強く歯軋りをした。
 東風。谷風、逆風―――何とでもいえる。要するにこれは、正面から吹き当たってくるもの。逆に言えば、慶軍にとっては追い風。

(まさかそんなことが)

 陳雨の顔色が俄かに白くなる。ばかな。何故。
 火矢は風に乗り、堯陣営内に次々と降り注いだ。
 あちらこちらと刺さった箇所から火玉が上がる。風がそれらを煽り、火玉はたちまち炎となって黒煙を吹き上げた。
 天幕は元より燃えやすい。ここ最近は湿度の高い日が続き、大分湿気を含んでいるので燃え広がりにくいかとも思われたが、何時の間にか乾燥した空気が場を支配しており、火は予想以上の勢いで燃え広がってゆく。
 兵士達は大急ぎで敵の襲来に準備しながら、必死に消火へ駆け回った。
 堯陣営は今や、怒涛の嵐に呑み込まれんとしていた。




 空に一斉に焔の花が咲くのを見届け、無名はすぐさま樹から飛び降りた。着地と同時に、チラリと先程から沈黙を守っている細作の男を一瞥する。
 男は崖下を見ていたが、無名に気付くとそちらへ顔を向けた。先程までの愕然とした表情はもうない。ただ、片目だけが閉じられている。瞼の周り一帯が紫に腫れ、目元に一文字の傷が走っている。先程の一撃で負傷したものであろう。
 恐らく今なら逃げるのは容易だ。
 そう判断し、無名は崖先へ向けて駆け出した。
 ところが、無名が断崖から下へ飛び降りようとした寸前、

「待て」

 ひどく静かな声音で呼び止められた。
 無名はぴたりと足を止め、振り返り男を見る。
 出合った眼に、先程までの闘志は既に見受けられなかった。
 自陣に燃え立つ炎に気を殺がれたのか、はたまた怪我によって戦闘継続不能と判断したのか。戦意を手放したらしいその男はただじっと無名を見据え、言った。

―――貴様、名は?」

 無名は虚を突かれたように瞬き、見返す。
 普通に考えればこの状況で己の名など言うわけがない。正体を晒すに等しい。だが男は繰り返した。

「答えろ」

 無名は逡巡し、一呼吸おいてからこう答えた。

「名はない」
「何?」

 言われた意味を図りかねず、眉を顰めて怪訝に問い返す男。
 その彼を見返し、無名は半身を翻しながらもう一度、

無名(ななし)さ」

 笑みとともに言い放つや、そのまま崖から宙へ身を躍らせた。
BACK MENU NEXT