東の空がようよう白みはじめた頃には、堯軍はすべて峰絽関城内に退避していた。
 早朝の冷厳な空気による霧が、壁立千仞の山谷を覆い、幽玄の風情を醸し出している。そんな神秘的で趣深い山間も、ある一部だけは、霞に見え隠れするように、凄惨な光景を露にしていた。

 平明の僅かな間に起こった大災害も、山際から陽が顔を出す頃には、ようやく下火となっていた。一夜にして一転、変貌した峰絽関の姿が白日に晒された。大規模な山火事は、燃やせるものを燃やし尽くしたのか、独りでに鎮火した。だが北の山一帯は、以前よりも更に侘しい禿山と化していた。幽かに燻る煙が、所々から細く立ち昇っている。
 山下には、一夜明けて巨大な湖が出現していた。四方山に囲まれた盆地は、一面に水を湛え、薄墨に霞む連山連峰を、ぼんやりと湖面に映し出している。在ったもの全ては水に沈み、残骸が時折流木のごとく流れている。静かに景色を反映する水だけが、ただそこにあった。

 自然の猛威を感じさせる風景を、山頂から眺めやりながら、戯孟は嘆息し呟いた。

「まさか、これほどとはな・・・・・・」

 天災地災に見舞われ、あらゆるものが押し流された大地の有り様は、いっそ清清しい。
 壮大ともいえる景観に、思わず作詩心が擽られる。
 ひとつこの眺めを詩にしたいものだ、と戯孟は状況を忘れて風流な心地にいたった。
 それほどまでに、それは異彩の景色であった。
 岬に佇む戯孟の背後には、諸将に加え幾万の軍勢が山の形状に沿うように群を成していた。各所に色鮮やかな軍旗が数々風に翻る。
 彼らは、西山―――以前戯孟と無名が展望に来た山である―――にいた。

 30万弱の軍隊のうち、数千の弓箭兵だけを火攻め部隊として残し、残りの隊は全て安全な川西の山へ避難していたのである。これもすべて無名の指示であった。その彼らはどうしているのかと言うと、氾濫の状況が収まり次第、密かに作らせ用意していた船を放ちこちらに合流するという手筈だ。
 すなわち戯孟を含めた山岳上の軍隊は、彼らを待ってここに留まっているわけなのだが―――

「おい、志明よ。俺には何が起こったのかさっぱり分からんのだが」

 騎馬する戯孟の後ろから、控えている将軍の一人が馬首を進めてきた。いかにも武官然、猛将然としたその男は戯孟の親戚筋にして幼いころからの親友。李鳳(りほう)、字を洪覇(こうは)という。武芸に秀で、剛胆ぶりは国内外に轟き、剣矛に関しては慶でも一、二位を争うほどの腕前である。数ある名将の中でも、戯孟が最も気を許し、最も頼みとする武漢であった。
 李鳳は戯孟の横に並び、主でもある親友の横顔に声を投げる。

「一体どういうことなんだ、これは」
「私にもお聞かせ願いたい」

 もう一人控えていた将の丁信が後に続く。勿論彼らは何も聞かされていない。ただ唐突に戯孟が指令を出し、有無を言わさず従わされただけである。するとどうしたことか、突然の雨嵐。洪水に山火事。一体何がどうなっているのか、疑問に思わない筈がない。本来であれば策に基づく作戦は予め諸将に知らされ、きっちり役割配分を決めて実行に移すものである。それが何の相談もなしに、しかもとんでもない事態になっている。これで納得しろというほうが無理であった。
 説明を求められ、戯孟は遠目のまま口角を上げて応えた。この時戯孟には、彼の男―――無名の考えが大体のところ分かってきていた。

「つまりは、こういうことであろうよ」

 戯孟は、話し始めた。
 無名の策の全貌をまとめると、要するにこういうことになる。

 無名は予め手に入れておいた情報で、この辺りの気候がこの時期になると雨季となり、特に大きな風雨が訪れることを知っていた。そこから敵―――陳雨の立てた策を読み取ったのである。

 陳雨の策とはすなわち、洟水の上流に堰を作り、下流側には兵を配置しておいて、予測した大雨の襲来に合わせ、巨大な障害物を一斉に落として流れを堰き止める。それによって猛然と逆流を起こす川水の力を使い、慶陣営を潰す。すなわち水攻め。そのためにわざわざ城から出て北に陣を置き、慶軍に洟水を背にして陣営を構築させるよう誘導したのだ。

 更に氾濫した洟水から逃れるために慶兵が山を目指せば、地盤の弱いこの辺りの山のこと、その振動ですぐに落石やら山崩れやらが起きて、山へ登ろうとした兵士達は次々と圧し潰され、激流へ落とされていく。これでほぼ慶の兵力は壊滅状態に陥る―――筈であった。

 ところが無名はこれらを先読み、逆にこれを利用した。
 無名はどういった方法でか、この時期、大雨の前に東風が吹くことを知った。これを使い、敵よりも早く火攻めを展開したわけである。しかし風によって炎が広範囲に広がる前に、すぐにも雨が来てしまう。放っておけばそのまま雨によって火は消えてしまうだろう。

 ゆえに、油を使った。
 火と油は天敵である。同時に、水と油も天敵同士だ。油に点火した火に水をかければ、炎は消えるどころかより勢いを増す。これは油が水と混じりあわず、水によって弾け散るためである。それを利用したのだ。

 また戯孟にわざと投石機を作らせたのも、偽装である。あれは投石機を作っているように見せかけて、敵に気づかれぬよう少しずつ主力を後方の山々に退却させていたのだった。敵に気づかれぬように、極力動きを抑えながら。
 すなわち金蝉脱穀―――兵法三十六計に曰く、「金蝉、殻を脱す」である。

「その形を在し、その勢いを完うれば、友疑わず敵動かず。したがいて止まるは、蠱なり。」と注釈のつくこの策は、陣の原型は保持しつつ、強大な敵に対して威勢を誇示してその進攻する意志を封じ、また友軍にも疑問を抱かせずに密かに主力を別所に移動させ、なおかつ敵に打撃を与えるというものだが、敵に気づかれぬよう表向きはそのままに見せかけ、密かに退却をする際にも用いられる。

 これにより、堯軍に気取られぬよう徐々に隊を小分けにして移動させながら、同時に実は投石機を作ると見せかけて集めた材木で、船も作っていた。―――これは李洵が担当した仕事であったが、その時は何のためのものであるかは全く判然としなかった。これでやっと得心がいったというところである。

 無名は用意した船を、東西の山麓に群がる山林地帯、河川の氾濫から比較的被害の少ないと判断される場所に隠し、後に諸所に弓箭兵を潜ませた。
 そうして下方より堯陣営に向けて、油を入れた皮袋を吊るした弩弓を放った。
 油の力を得、火炎は勢力を増し、東風によって北山へと燃え広がってゆく。これで堯兵は、東上と西下という逃げ道は塞がれ、残り行く手は北か南だけとなる。

 冷静であれば当然城塞へ向かうもの。しかし炎に巻かれ、炎に立ちはだかれた者は、取り乱し、とりあえず逃げられる道に行こうとする。そのうちの幾勢かは北へ逃げ、そして陳雨が対慶兵として計画したとおりのことがそっくり展開されたわけであった。

 本来水と火は、五行の理でいう水剋火―――水は火に勝ち、火は水に負けるものだ。だが無名は理の流れを覆し、水攻めに火攻めで返したのであった。
 これでおそらくは―――堯の兵力はほぼ無きに等しくなった。
 戯孟がそう言って締めると、将軍たちはおお、と歓声を上げた。
 口々に策の成功を誉めそやす。戯孟は相好を崩してそれを受けていた。

「一体誰の策なのだ、それは」

 極自然に行き着くであろう疑問は、李鳳によって言葉にされた。
 その問いにだけ、戯孟は一瞬顔を硬くして口篭った。さて、なんと応えるべきか―――。彼らには無名の存在は知らせていない。これは無名たっての要望であった。戯孟も、先程説明したときには無名の名は伏せ、そこだけはあやふやにしている。

「すべては殿のお考えにございます」

 戯孟の窮地を救ったのは、李洵であった。
 自然な間合いで戯孟の後を拾い、李洵は李鳳へ柔らかく微笑みかけた。李鳳と李洵は親戚同士ではないが、同じ李姓であることが親近感を感じさせるのか、比較的個人の付き合いも親しい。
 戯孟はハッとして李洵に目を向けた。だが李洵はあえて気付かぬふりをした。
 ただ李洵の斜め後ろに控えていた智箋だけが、眉を顰めてどこか訝しんでいる顔を李洵に向けている。

 ―――ここで無名の名を出すわけには行かない。

 いくら李洵の故人(とも)で、同郷で学んだ者とは言えど、全くどこの馬の骨とも分からぬ、得体の知れない無法者を、正規の武官文官より重用したとなれば、批判や不満の声が挙がらぬとも限らない。そしてそのことは無名自身もよく理解しているだろう。あの男はものの道理をよく弁えている。だからこそ、無名は戯孟に口止めをしていた。加えていうならば、それが分からぬ戯孟でもなかった。であるから、李洵が言ったことに何も反論しない。できなかった。

 ここはとにかく隠しとおすことが先決である、と李洵は考えた。智箋が疑いの眼差しで、何か言いたげにしているのにも気付いていた。智箋は勘の鋭い男だ。恐らくこれが戯孟の立てた策でも―――いわんや李洵の献策でもないことに感づいているのだろう。ましてや彼は、李洵が無名を探しに行く際、戯孟に許しを請うあの場にいたのだ。また、結果的に作戦の一端を負った形にもなる。あれから何かがあって、2人が何かを隠していることを、薄々と感じ取っているのであろう。
 だが当の2人が何も言おうとしないことから、ここであえて暴くのは得策ではないと判断したのか、含みのある目線だけ向けてきて口を噤んでいた。

「そうなのか?」

 李鳳が不思議そうに戯孟へ訊いた。戯孟の話し振りが、どちらかといえば他人の策を披露するかのように聞こえたので、どことなく違和感があるようだ。李鳳もそういう点、戯孟の言動に関しては鋭い男だった。

「ああ、まあな」

 戯孟も李洵の意図を分かっているから、そう答えざるを得ない。不敵な太い笑みを見せて言い切った。
 将軍以下はそれを信じたようだ。口々に褒め称え、賞賛し、手を打った。複雑な気持ちを胸に、戯孟は応じる。それを見ながら李洵は、今宵は酒でも持ち参じて、真実を知るもの同士、語らいながら杯を汲み交わそう、と密かに心に決めた。
BACK MENU NEXT