山下の巨大な水溜りを超えるため、戯孟軍は予め備え隠していた舟を浮かべ対岸の禿山に渡る。下流域で堰き止められた河川は、今もなお落ち着きを見せず、嵩を増して水位をゆるやかに上げているが、舟を出すことに支障があるほどではない。

 山は未だに火災の名残を残し、焦げ付いた異臭を放っていた。彼らは人工的に整備されたなだらかな傾斜を登り、それまで堯軍の陣営が設営されていた場所で駐屯することにする。そこはちょっとした半円形の岩棚の広場を成しており、どうやら宿営地を目的に人為的に山端を削って作られたものだと分かる。今でこそ炎の後の残骸などでひどいありさまだが、広場の地面は平に均されており、地盤も比較的安定しているようだった。


 広場は南へ道―――これも平らに整備されている―――を伸ばし、それは関所のある城塞へ繋がっていた。おそらく普段ならば関越えする者はこの北の登り口から広場―――踊り場といってもよい―――へ出、そこから道を西に辿って関所へ行くのだろう。

 だがさすがに30万もの軍勢を収容しきれるほど山腹に設けられた広場は広くないので、戯孟は選抜して編成した1万の精鋭部隊と軍馬のみを舟に乗せて(元々それほどの隻数も造ってはいない)渡り、残りはそのまま南方の山腹で待機させることとなった。

 さすが天然の要塞というだけあり、なかなか攻めにくい形状である。そこには緻密に計算された思惑が散りばめられていた。
 わざわざ面倒にも関城から離れた所に造られた人工道。これは攻めてくる敵軍が否応でも兵を分け、軍勢を削らなければならない状況にさせるためだった。前にも述べたが、もし城塞を攻めたければ、この西の山の傾斜からしか行けない。城の真下はほぼ断崖となっており、登ることはおろか攻めることも不可能に近いからだ。そして西方山の傾斜の中腹に設けられた広場は狭い。極めつけ、城へ続く山道は更に狭い。よって必然、実際に攻める兵数は限られてしまう。そう、せいぜいが3万―――それが限界であった。加えるならば、あまり大きな振動を立てると上から石も降ってくる。

 だがそれは通常の場合の話だ。いまや城に篭る堯兵の数は千にも満たまい。1万程度でも、充分に勝てる。既に峰絽関の陥落までの時間は、まさしく秒刻みであった。




 そのころ無名はといえば―――
 新たに構築された陣営の幕舎の中に、ちゃっかり居座っていたりした。
 本来ならば兵中でも下級の兵卒、こんなところで油を売っていられる身分ではない。だがもとの一兵卒に戻って己の隊伍の配置に行こうにも、何時の間にか李洵の手配で無名は軍籍から除名されており、編成も既に変えられてしまったために無名の居場所はない。今の無名は、慶軍という組織の中にあって、いわば宙に浮いた状態であった。

(ったく、除名まですっことないだろうが。あいつめ、まさか本格的に俺を推挙するつもりじゃなかろうな・・・・・・)

 無名は古き友人の澄ました顔を思い浮かべた。あれだけ仕官する気はないと念を押しておいたのに、全く聞いちゃいない。そういえば昔から彼はそういう人の意見など御構い無しといったところがあった。いや、というより―――

(ありゃ、“我が道を行く”って言うんだな)

 “行く”が比較的穏やかで人当たりの柔らかいものだから、曲者なのである。大抵周りは騙されているが、実際李鎮文という人物はかなりの頑固者で強引なところがあった。
 全く、そういう点では戯孟といい間柄である。無名は自分も李洵に似た評を与えられていることも知らず、毒づいた。我が道は貫き通して何ぼを地で行く主従二人組が相手では、対する堯もこれからもっと苦労するだろう。
 心中で言いたい放題ぼやくと、手持ち無沙汰になって、桌子(つくえ)に積み上げられている冊書の一つでも手に取ってみる。
 瞬間。

「・・・・・・っ」

 急に視界がぐらりと歪み、無名は咄嗟に桌子の縁に手をついた。積まれていた木簡の束に当たり、うちのいくつかがカランカラン―――と音を立てて床に落ちる。
 目の前が暗転し、脳が揺れ、平衡感覚が麻痺する。苦痛、というべきものを感じているのだろうが、どこが苦痛を訴えているのかが判然としないほど、それは全身を苛んでいる。遮られた視覚の中、異常に速い鼓動だけがやたら響く。ひどい耳鳴りがした。

 無名は俯いて眉根をきつく寄せ、耐えるかのように奥歯を噛み締めた。ともすれば倒れそうになる身体を、震える腕で辛うじて支える。もう一方の手は胸元を強く掴み、息苦しそうに浅い呼吸を繰り返していた。嫌な汗が浮かぶ。
 猛烈な疲労感と脱力感。全身が粟立ち、悪寒がするのに熱い。感冒にでも掛かったかのように、身体がだるい。

(やはり、少し力を使いすぎたか・・・・・・)

 激しい眩暈と吐き気と頭痛に襲われ朦朧とする意識の中で、無名は忌々しげに舌打ちをした。
 周囲山地の探察行動、細作との戦闘、そして今朝方の奇襲作戦に、先ほど使った方術―――このところ少々能力を連用しすぎた。
 少し前から微熱が続いていたが、よもやここになって一気に弾けるとは。

 生来、そんなに頑丈な身体のつくりではなかった。それが人よりも異常にとびぬけた、特殊な体質を持つせいなのかは分からない。ただ己の肉体が己の持つ力の大きさに耐え切れないのだということは、早くから気付いていた。
 昔から長時間の激しい運動はできなかったし、無理をした後は必ずと言っていいほど発熱し寝込んだ。
 体力にしろ気力にしろ、身体に宿る力をあまり使いすぎると、反動が来る。それだけ酷く身体に負担が掛かるのだ。特に方術などは、術自体が大きなものであればあるほど反動も半端ではない。

 戦場ではあまり力を使わないから、さほどの反動は感じなかったが、ここ連日の仕事に加え、あの細作との戦い、そして最後の方術が極めつけとなった。
 その時は咄嗟のあまり細かなことを考えていられなかったが、実際あの術はかなりの『力』を要する大きなものだった。

 ―――大丈夫、まだ大丈夫だ・・・・・・。

 暗示をかけるように、閉じた眼裏の内でゆっくりと繰り返す。

 ―――少し休めば、元に戻る。

 無名は薄く瞳を開いた。気がつけば全身にじっとりと汗をかいている。決して心地よいとはいえないその感触にさらに気分が悪くなるようで、誤魔化すように額に張り付く前髪を無造作に掻き揚げながら、ゆっくり深呼吸を繰り返した。
 そのまま、覚束ない足許でなんとか仮設の牀台の方へ向かう。途中何度かよろめきながらも辿り付くと、糸が切れたかのごとくその上にドサッと身を投げ出した。牀を含むこの幕自体は李洵が除名に際して気を利かして貸し与えてくれたのだが、こればかりは心から有り難く思う。憎らしいことだが今は全身に全く力が入らない。というより、ひどい倦怠感が押し包んでいる。あまり良くはない状態だった。だがこんなところで熱を出して寝込むわけにはいかない。まだせねばならぬ事が残っている。

 ―――少しだけ休めば、すぐに戻る・・・・・・。

 いつだってそうだった。だから今回もすぐに回復する。李洵や戯孟には余計な心配を掛けぬようにしなければ。己に言い聞かせながら、無名は牀の掛け布に顔を埋める。そして鉛のように重く鈍い身体を億劫そうに仰向けた。
 半球を描き中心より放射状に伸びる幕舎の天井を、霞む眸でぼんやりと見上げる。

 ―――もうこれ以上は『力』は使えない。大きな動きも、しばらくは無理か・・・・・・。

 無名は片腕を眉間の上に乗せ、深く細く息を吐いた。
 そして、つい先刻交わした会話を、回想した。



 時は少し遡る。 
 作戦終了後無名達が本隊に合流すると、隙を見て無名は密かに李洵に面会した。

「ご苦労様」
「お互いにな」

 無名の顔を見るなり、李洵は神妙な面持ちで口を開いた。

「先程は助かった。李鳳殿を救ってくれてこと、礼を言う」
「さぁて、何のことかな」

 無名は笑みながら双眸を伏せ、とぼけてみせた。李洵が無名の能力を知っていることは既に分かっているのに、こういうところ知らぬ振りを通すのがこの男らしいかった。
 それに苦笑を滲ませながらも、複雑そうな色合いを顔に宿し、李洵は深い嘆息を漏らした。

「おや、お疲れで」
「全く・・・・・・お主にはいつも驚かされる」

 にこにことどこか揶揄めいて笑う顔に、改めて呆れとも疲れともつかぬ目を向ける。

「相変わらずとんでもないことを考えつく」
「おかげで上手く行っただろう?」
「ああ、全くだ。確かに上手く行ったよ」
「ははは」

 額に手を当て心底降参したように言う李洵に、無名は明るく笑う。

「で、一体どういうからくりなのか、そろそろ教えてくれてもいいんじゃないか?」
「おや、分かったんじゃなかったのか?」
「そういうことを訊いているのではない。―――私の言いたいことは分かっているのだろう」

 李洵の言に、無名は意味深に小さく口角を上げた。分かっていてとぼけるのだから、この男は性質が悪い。
 無名は瞼を伏せ、肩を竦めた。

「まあ、それは後でおいおい、ね。それよりも―――
 再び李洵を見る双眸に、鋭い光が閃いた。

「もう一つ―――あちらの方の首尾は?」
「一応お主の言うとおりにすべて手配済みだ。あとのことは白暘殿に頼んでいるから、おそらく大丈夫だろう」

 そこで無名は止まり、

「白暘?―――ああ、智箋のことか」
「こら、呼び捨てにするな」

 得心がいったように言うのを、嗜める李洵。 

「まあ、いいじゃないか。どうせお互い知らぬ者同士だ」
「一応お主と同じ紅川群出身の先輩だぞ」
「関係ないさ。紅川っつったって広いんだ。そういう古臭い年功序列的な考え方が、国家の弊害になるってお前も分かってるんだろう」
「私は礼儀の話をしているんだ」
「本人のいないところで礼儀を払ったって意味無いさ」

 はあー、と李洵は深く溜息をついた。口達者なこの男に口で勝てたことなどない。この傍若無人で、ついでに品行不良なところさえどうにかなれば、言うことはないのだが。
 一方無名はといえば、

―――智白暘といえばなかなか切れる男だという噂だし、なんとかその点で心配はなさそうだな・・・・・・」

 などとブツブツ呟いている。

「ところで、あれは一体どういう意味なんだ?」
「何が?」

 ふと李洵が問い掛けるのに、無名は顔を上げた。 

「“如艶蒜(にょえんさん)”だよ」
「あぁ、あのことか」

 思い出したようにあっけらかんと言い、無名は上を仰いだ。
 如艶蒜―――正式には石蒜(せきさん)という。血の如く緋い花である。またの名を曼珠沙華、彼岸花、あるいは灯篭花などとも言う。  呼び方は様々あるが、東の大陸ではもっぱら如艶蒜と呼ばれていた。


 実は李洵は、兵の移動と造舟の他にもう一つ、無名から言いつけられていたことがあった。
 それは、直ちに慶へ使者を送り、金銀や玉、絹を用意させ、堯からの貢物を装って呉へ贈れというもの。

「堯とも何度か書状の遣り取りもしているし、張斯の筆跡を真似て文書を書き、堯を偽ることは然程難くはないが―――品目にわざわざ如艶蒜を加えたり、手紙の末に『日必是落入暗』の字を入れるというのは、一体どういうことなのだ?」

 李洵の問いに、無名は含み笑う。くるくると踊る瞳を向け、どこか悪戯を企む子供のような様子で言った。

「それもいずれ分かるよ」

 相変わらず種明かしをしようとしない相手に、李洵は重い重い溜息をついた。全くこの男は、という台詞が表情に如実に現われている。それすらも楽しげに観察している無名に腹立たしさを感じつつも、眉を顰める程度に留めた。

「まぁさ、じゃそゆことだから」

 無名は片手を軽く挙げ、「結果を楽しみに待っててくれよ」と言うと軽い足取りで踵を返した。陣に戻るのか、と思いかけて李洵ははたとあることを思い出し、今まさに去らんとする背へ向けてサラリと告げた。

「ああそういえば、お主の名は卒名籍(へいめいぼ)から外させてもらったからな。あしからず」

 その言葉にぴたりと足を止めた無名は。

「・・・・・・はぁっ!?」

 先ほどの飄々ぶりとは一転、勢いよく李洵を振り返って思いっきり声を放った。
 慌てて爪先を返し李洵に詰め寄る。

「おいおいそれどーゆーことだよ」
「どうもこうも、そのままの意味だが?」
「何勝手なことぬかしてんだ。すぐに戻せよ」
「無理だ。もう再編成もしてしまったからな、戻ったところでお主の場所はないぞ」
「この野郎・・・・・・」

 思わず額を押さえて唸る無名に、李洵は会心の笑顔を浮かべて「まあ諦めることだな」と諭す。先ほどの意趣返しができたようで少し溜飲がさがった。

「今までの働いてきた分の報酬どうしてくれんだよ」

 募兵として兵役に加わっていた以上、当然これまでの奉仕に対する見返りがあるはずだった。それが、報酬を貰う前に除名されてしまえばその分がぱあになってしまうことになる。そもそもが金目当てではないにしろ、ただ働きをする気は無名には毛頭無かった。

「殿に泣きついてみることだな」

 涼やかな声で平然と答える同窓の友人に、無名は恨みがましい眼差しでねめつける。それが狙いか・・・・・・と忌々しげに呟いた。どうせ泣きつけば、それなりの条件を要求されるに決まっている。

「ま、それもあるがな。とりあえず除名ついでにお主用に一幕用意させたから、当面はそちらを使うといい」
「・・・・・・」

 無名はただひたすらに苦々しい表情を浮かべていた。


BACK MENU NEXT