五日が過ぎ、七日が来ても、峰絽関に援軍が来る気配は全くなかった。

(どういうことだ?)

 一週間が過ぎても、全く影形すら見えぬ事態に、陳雨は次第に焦りだした。

(何故来ない。伝令を発してから、遅くとも七日以内には着いてもおかしくないはず。張斯は何をやっているのか)

 苛立ちが募る。
 本来ならば援軍の要請が有り次第、直ちに張斯が手配する手筈になっていた。だが、その張斯から全く音沙汰がない。
 更に不気味なのは、七日も経つのに慶軍がぴくりとも動かないことであった。

(何を考えている?)

 ここまでくると、こうも静かなのが逆に恐ろしくなってくる。まるで何かを待っているような―――その様は眠る獅子のような不気味さを漂わせ、えも知れぬ不安を胸にさざめかせる。
 于卷はというと、慶軍が攻撃してこないことに疑問を感じつつも、単純に今の状態に安堵していた。これで援軍さえ来れば―――と毎日繰り返している。 
 張斯が峰絽関を見捨てたとは考えにくい。この峰絽関は堯にとっても失くすことができない重要な地である。では、何か他に来られない理由があるのか。
 その理由が判明したのは、膠着状態が始まってから実に十日を数えた頃であった。
 突然の早馬が、峰絽関に飛び込んできた。発信は張斯。
 大慌てで于卷が応対に飛び出していくのに、陳雨もついて行く。
 緊急の事態なのは、伝令の表情を見れば明らかだった。伝令が携えてきた書状を受け取り、于卷が読む。瞬間、その強面が固まった。

「・・・・・・『本領北西の(かた)、喬の進軍あり。勢众(せいぎん)苛烈にして霆撃留まるところを知らず。これを迎え撃つも、未だ後退するなし。援軍を遣わさんと欲するも能わざるなり』」

 読み上げる声が震えている。
 陳雨は愕然とした。
 ―――喬が。
 慶が喬と盟約を結んだのは知っていた。しかしまさかこのような形で来るとは。

(迂闊であった)

 喬は北西部から、そして慶は北東部から―――これは挟み撃ちを狙った同時攻撃だ。
 文面からすると、どうやら堯は苦戦しているらしい。それほどまでに、喬の攻撃が凄まじいのだろう。
 これでは、援軍は望めそうにもない。たとえ喬勢を食い止められても、受ける被害は甚大であろう。とてもじゃないがこちらに回せる手勢があるとは思えない。
 まさか慶軍はこれを待っていたのであろうか。いや、それはない。そうであれば、ここに留まっている理由はない。むしろさっさと陥として行軍し、喬と共に進撃したほうが得策に決まっている。では何だ。

(どうする)

 陳雨は焦った。これでは当初の作戦は遂行できない。慶軍もいつ動くかも分からない。

(こうなれば)

 胡に、援軍を頼むしかない。いや、援軍でなくとも、主が留守の慶を背後から狙ってもらえばよい。さすれば戯孟は、軍を退かざるを得なくなる。
 胡は先の内乱で、国が荒れている。あの大反乱を収めるために、多くの犠牲も払った。ここで再び兵を動かすのは得策ではない。主君呂伯への社会的不満もより多く募るだろう。
 だが、それを差し引いても、慶を倒すということは重い意味合いを持つ。損じるものより、得るもののほうが大きい。肉を切らせて骨を絶つしかあるまい。
 陳雨は決断するや否や、己に与えられた室に戻り、大急ぎで書状を認めて早馬を出した。
 伝令はその日の内に出発し、(えき)から置を経て、胡の州府に入った。

 しかし―――
 三日後、再び峰絽関城に、早馬が舞い込んだ。

(早いな)

 いくらなんでも三日でここと洛臺を往復するのは、一日で千里を走ると謳われる汗血馬でもないかぎり不可能である。
 では何であろうと考えていると、馳者は陳雨の顔を見るや否や、駆け寄って跪き、ひとつの文書を差し出した。

「胡公呂伯様より陳雨様へ急函にございます!」
「殿から?」

 息絶え絶えながらも声を張り上げる伝令に、陳雨は眉を顰めた。

(何故殿から急函など―――もしや何かあられたのか)

 不安に胸を騒がせながら、努めて落ち着きを保ち、帛書を開く。上質の絹に綴られた筆跡()は確かに見慣れた主のものだった。
 だがそれは今、怒りも露に荒々しく書き殴られていた。
 只事ならぬ気配に、陳雨は身を緊張させて文面を追う。その瞳が、徐々に見開かれていった。

 書には、「張斯より友好の証と称した侮辱を受けた。このような仕打ちを以って、どうしてこの後も信用できようか。すなわちこれきり同盟は破綻とし、以後一切関わらぬ所存である」ということ、そして「故に、我が方の大事な軍師をいつまでも置いておくわけにはいかない。疾く帰還せよ」ということを言っていた。
 締めくくりには『書到、急急如命』―――「この文書が届いたら、急ぎ命令の如くせよ」と記されてあった。
 強制帰還命令である。

「な―――なんという・・・・・・」

 眩暈がした。帛を握る手に汗が滲む。

「いくらなんでも宝物の中に如艶蒜があったからといって侮辱とは限るまい。張斯は知らずに贈ったのやもしれぬのに―――
「いえ、どうも受けとった(てがみ)にも、その意図が明らかな言葉が記されていたそうです」
「そのようなこと、すべて慶の策略に決まっているではないか!」

 戸惑いながら伝令が言うのに、陳雨は怒鳴った。

浮図(ふつ)の話をどこから仕入れたかは知らぬが、いかにも戯孟の考えそうなことだ!」

 忌々しげに吐き捨て、強い眼差しで伝令を見据える。

「急ぎ都に戻って殿に伝えよ。敵の罠に嵌ってはなりませんと。冷静に判断されよ、と」
「それが―――

 と、伝令は口篭る。おずおずと陳雨を見上げ、しどろもどろに告げた。

「他の官僚の方々も、皆口を揃えてそう申し上げたのですが、呂伯様は全くお聞き入れられず―――

 語尾がどんどん弱まる。伝令は困り果てた顔で俯き、声を喉の奥から振り絞るように告げた。

「ち、陳軍師におかれましては、必ず連れて帰って来い、と・・・・・・」
―――

 陳雨は絶句した。
 ―――終わりだ。
 胸中で己の声がおぼろに響く。それは深く、どこまでも深く木霊した。
 ―――これで我らは・・・殿は戯孟を排除する絶好の機を完全に逃してしまった。
 全身から力が抜けるのを感じた。諦めよりも深く、失望に近いものが身体の芯を襲う。それは主に対しての感情ではなかったが、それでも落胆であることには変わりなかった。呂伯は統率者として優秀だった。持つべきものを兼ね備えていた。だが、統率者としては可惜、若かった。
 陳雨は口を閉ざし、目を固く瞑った。頭痛にでも堪えるように、軽く皺寄せた眉間を指で抑える。
 こうなってはもはや遣る方ない。もしかすると、これが定めというものなのかもしれぬ。慶が、強大勢力となるという―――
 いや、と脳裏で別の声が挙がる。

 天は巡る。星は巡る。機運もまた、必ず巡ってくる。
 その時こそ。その時こそはきっと―――
 じっと閉じていた瞼をふっと上げ、陳雨は目の前に片膝つく伝令へ、静かに告げた。

「相承知した。主命に従おう。すぐに仕度を」

 短く命じてから天井を見上げ、細く長く息を吐いた。 


BACK MENU NEXT