その情報が戯孟の許にもたらされたのは、月もまだ傾いていない宵のことだった。
 いつかのように三人で酒を囲んでいるところへ、何の前触れもなくそれは舞い込んだ。

「今しがた内間(間者。内通者)より通告があった。陳雨が城を発ったそうだ」

 報告を受け、男へ労いの言葉を掛けて下がらせると、戯孟は天幕を潜り中にいた男二人に開口一番そう告げた。
 李洵は目を丸くし、無名はとうに予期していたことのようにただ微笑してそうですかとだけ応えた。

「お主の仕業であろう? 一体どのような手を使ったのだ」

 戯孟は歩み寄り、無名に問う。心の中で、最近自分はすっかり尋ねてばかりだなと苦笑交じりに思った。
 無名は円座に胡座を掻き、酒を悠々と飲んでいる。戯孟が先程まで腰掛けていた向かい側の椅子に着くのを見計らってから、ようよう口を開いた。

「たとえば人にとって、大義も人道も責任も、理性すらもすべて暗ませてしまうほど影響力を持つものが何か、ご存知ですか?」

 やや伏せられた顔の、微笑を湛える唇が静かに尋ねる。
 意図のわからない唐突な質問に瞬きながらも、

「人を眩ませてしまうもの、な・・・・・・」

 尋ねられた方はしばらく逡巡し―――顔を上げ、ニカッと笑んで自信満々に言い放った。

「それはずばり、恋だな」

 幕の空気が、一瞬凍った。
 発言した当人だけが気づかずににこにこと笑っている。
 やがて弾かれたように、無名が可笑しげな笑い声を放った。

「た、確かにそうでございますなぁ! こ、これは失敬。すっかり失念しておりました。いや、さすが閣下。素晴らしい。一本取られました」
「そうであろう」 

 戯孟もそれに乗るように、大らかに頷いた。いかにも楽しげだ。いや、これは完全に遊んでいる。無名は腹が痛いとばかりに背を丸め、ひーひーと言いながら床を叩いている。
 李洵ばかりが疲れたような呆れたような、なんとも言えぬ顔で眉を寄せていた。

「殿、お戯れも程ほどになさってください」
「相も変わらず冗談の通じぬ奴だな。それだから『憂いの令君』とか呼ばれるんだぞ」
「えぇ? 鎮文殿、そんな渾名がついてるんですか?」

 再び笑いに火がついたように、無名が噴出す。

「そうそう、こいつ以前に弔問客に間違われたことがあってな・・・・・・」
「・・・・・・殿、それ以上申されればこちらにも考えがございますが?」
「すまん」

 背筋がひやりとするほど冷たい声音を吐いた寵臣に、戯孟は即答で居住まいを改めた。
 それから肩を竦めて、

「お前はどうもちとばかり頭が堅くていかん」

 余計なお世話です、と李洵は憮然として呟き、今度は無名へ渋い目を向けた。

「お主もだ、無名。というか笑いすぎだ」
「あ、ああ悪い。つい・・・・・・」

 無名は身を起こし謝るが、まだ堪えきれずにやや震えている。手を当てた口からもクスクスと笑いが漏れていた。
 笑い冷めやらぬ様子に、さすがに李洵は苦々しい心中もさることながら、主の御前であることを慮り、眉を顰めて厳しく諌めた。

「もうよかろう。いつまでそうしておるつもりだ」
「へいへい、分かったよ」

 無名は僅かな余韻とともにひとつ息を吐くと、顔を仰いで再び先ほどの問いを口にした。

「では改めて。その恋情のほかに、人の心を強く支配するものが何か分かりますか?」
「色恋以外か・・・・・・」

 呟き、戯孟が中空を見つめる。
 深く悩みこむ様子を見せると、無名は笑みを深め、言った。

「信仰です」

 戯孟は、目を瞬き、正面の無名を見つめた。

「何かを強く信ずる、という行為は時に人の善悪の観念すらも作り変えてしまうほど強い力を持ちます。ある意味で殿の言った『恋』は最も近い。恋は盲目とも申しますからな」

 そこで一旦言葉を切り、ひとつ息を吸ってから、

「そしてその信仰に特化し、体系化したものが、すなわち宗教です」

 目を僅かに眇め、言いきった。
BACK MENU NEXT