遠くで、勝鬨の声が聞こえた。




 無名は、薄暗い幕舎の中央に置かれた椅子に座っていた。
 腕と足を組み、目は閉じて、じっと身動ぎもしない。
 幕内には他には誰もいない。幕舎どころか、陣営内にも殆ど人気はなかった。兵士は留守役を抜かせばあらかた出払っている。
 無名が居るのは、この遠征中、主簿たちが執務を行ったり、主の戯孟が某かと対面するときに使う天幕である。その中で、無名は一人ただ待っていた。
 今より、最後の締めとなる戦が行われようとしている。
 勝機は完全に掌握された。おそらく戯軍が―――勝つ。
 無名は伏せていた瞼を僅かに上げた。
 先程の声は幻聴。しかしそう遠からぬ未来の声だ。おそらく日が南天を傾かぬうちに、峰絽関は陥ちる。

 昨夜方の奇襲戦で、干軍は大打撃を受けた筈だった。兵を大量に失い、殆ど戦力と言える戦力も残ってはいまい。いくら天然の要害とは雖も、力なき者の前ではただの石ころの建物。頼みの綱であった陳雨ももういない。峰絽関は今、満ち潮の波にさらされようとしている砂の城同然であった。先戦の圧勝に勢いづいた戯軍30万を止める手立てはもはやない。
 無名はそのようなことに思いを馳せながら中空を見つめた。

 豪奢な鎧を着た小柄な男が幕の入り口を潜り内に入ってきた。
 薄暗い幕の中、男は日明かりの入る入り口に背を向けて椅子に座る者の姿を目に入れる。
 足を踏み入れたとたんひんやりとしていると感じたのは、あまりにも強い外の日差しに反して中が昏かったせいか、それとも幕の主といわんばかりのその人物の纏う空気のせいか。
 薄い色合いのその背に向かって、男はゆっくりと声を投げかけた。

「お主の戦略通りに事が運んだな」

 巾が揺れる。衣擦れの音がして、無名がゆっくりと振り返った。その口元には、涼しげな笑みが刻まれていた。

―――言った通で、ございましたでしょう?」
「ああ」

 戯孟は喜色に溢れる双眸を細め、笑った。
 無名は椅子から立ち上がろうともせず、身体を斜めに捩って背凭れに片腕を置き、戯孟を上目遣いに見上げている。下位の者が上位の、それも国の最高点に立つ者に対する態度としては、あまりにも無礼極まりない。本来ならば決して許されぬ振る舞いであるし、また許していては他にも示しがつかないだろう。
 だが今幕舎には2人以外おらず、そもそもからしてこれが全く頭に来ない。このような無礼は今に始まったことではなく、また注意せぬうちに慣れてしまったのかもしれない。むしろこのような傍若無人こそが、やはりこの男らしいと戯孟は思った。
 そんな戯孟の心を見透かしているのか、無名は何も言わずに笑み、腕はそのままで再び元の正面に身体を向き直す。戯孟からは見えないが、薄影の中、微笑を湛えたまま、どこか遠くを見つめるような目をしていた。

 戯孟はその様子に少し違和感を抱く。それはあまりにも曖昧で、一体何なのか掴めない。確かにそこにあるはずなのに、掴もうとすれば手を摺り抜けていくような、あやふやで捕らえどころのないもの。
 戯孟はその後姿を見つめ、しばらく黙り込んだ後、重々しく口を開いた。

「これから砦に総攻撃を仕掛ける。もはや関は完全に儂の手に陥ちた。これで研州礼州は手に入ったも同然となるであろう」

 そうすれば次は堯の首都だ―――
 無名は、やはり振り向かぬまま言った。

「急ぎ逸みますな。焦りは禁物です。急げば判断を見誤る。油断すれば足元を掬われる。ここからは慎重に行かねば」
「判っておる」

 戯孟は唇の片端を吊り上げ、太く答えた。それを気配で察し、無名は影で満足げに微笑むと、更に言った。

「占拠した領民には仁慈の心を以って接せられることです。軍律を厳しくし、決して兵たちに略奪行為を起こさせてはなりません。張斯は善政を敷いているようですが、直接的に領民の信愛を掴むような触れ合いはしておりません。特にここからは水土に恵まれた豊穣の土地。自軍の兵士達の欲心も顕になってきます。ここで閣下が領民の生活を保護し、決して危害を加えないことを約束して、仁義の厚きを見せれば、必ずや民心を掴むことができます。その上現在の軍の3分の1は堯の人間。彼らにとってみれば今対しているのは己の郷の人々です。武と力を以って蹂躙すれば強い反心を持ちましょうが、和と仁を以って礼を尽くせば閣下への忠誠心は強まり、軍の統制にも繋がりましょう」

 無名の語る堯の姿は長年の放浪の旅に基づく情報である。そこに暮らす人々の様子や、張斯へ抱く印象、そして実際に無名自身が見た張斯の人柄から考えて、これはまず間違いないと断言できた。
 戯孟は厳粛な面持ちで無名の言葉に耳を傾けている。すべての情報、助言をひとつも漏らさずに胸中にしまい込もうとする意気が、姿勢に表れていた。
 その強烈とも言える眼光を背にひしひしと感じ、無名は微笑を苦笑の形に変えた。

(酔狂なものだ)

 己のような氏素性知れぬ男の言葉を信じようとするなど。
 噂で聞いたことがあった。戯孟は臣下や他人からの注言提言をよく聞き大切にすると。己の非を指摘されれば素直に受け入れる。それでいて決してすべての言を鵜呑みにせず、また己の定見もしっかり持っている。軍議では配下の幕僚たちの論を自由に競わせ、たとえそれが己と相容れぬ意見の者でも足蹴にせず、使えると思った策案はすぐさま採り上げる。皆が意見を言い尽くすまで己の意見をはさまず、最後に理論立てて考えを述べ、それに対する意見を聞く。そして一人一人への気配りや手当て(フォロー)も決して忘れない。
 だから人は彼について行くのだろう。そう無名は胸中で呟いた。

「これから先は柳州都に近い。おそらく人々の張斯に対する忠誠心は、辺境よりも強いものと考えられます」

 中心に近くなればなるほど、受ける恩恵もそれだけ直接的に影響する。

「ですから少しずつ足場固めをしてゆくことが肝要でございます。中央の者の反慶感情が、伝染して広がって行かぬように。そのためには貴方が、寛大なる心と賢明なる器量を持たれた明君であることを強く印象付けなければなりません。多少大げさな位が丁度いいでしょう」

 無名は目線を宙に留め、まるで詩でも吟ずるかのように続けた。そして不意に戯孟へ目線を合わせると、じっと見据えたまま、噛んで含ませるようにゆっくりと言う。

「仁の心を持たれよ。さすれば民も臣も必ずついて来る。彼らは貴方を見ています。貴方が己の指導者として相応しいか、その一挙一動を見定めています。そのことを忘れず、決して道を見失われぬように」

 決してそらされる事なく、真直ぐに投げ掛けられる瞳。静かな中に宿る鮮烈な光を、戯孟は同じぐらい強い眼差しで 見据え返した。背筋を伸ばし、もとより承知の上と答えようとする。答えようと口を開きかけ、そして止まった。

 ―――己は本当にそれを理解しているのだろうか。

 にわかに内で響いた声に、戯孟は思わずどきりとする。
 かつて戯孟は二度ほど過ちを犯した。そしてその一方においては命さえも落としかけた。それは今でも戯孟の心の楔として、そして己を戒める鎖として、奥底に残っている。
 戯孟の犯した過ち―――それは、復讐心という激情に捕われ、周りが見えなくなり、己すら見失って、憎しみに駆られるまま無数の力なき民の命を無惨に奪った行為。あの侵攻で戯孟は多くの兵を失い、そして自分自身も瀕死の重傷を負った。しかしこれは自分にとってあって然るべき敗と応報だと思っている。無謀にして幼稚な己の行動が、多くの人間の血と悲劇を呼んだ。

 戦火の跡の、未だ煙燻る地で戯孟は、己に向けられる多くの憎しみの目を感じた。己の行なったことの大きさを知り、戯孟はその時初めて―――深く後悔した。勿論戯孟は激情のみで挙兵したわけではない。いずれ攻略するつもりの土地ではあった。その時の計画も練ってあった。しかしまだ時を待たねばならぬ状態で、周囲の静止の声も聞かず無理矢理に実行に移したのは、確かに奔流する激情だった。そして必要ない血を流したのもまた、そうだ。

 仁とは人を思いやる心―――
 それを考えると、無名の言葉に是と答えられる資格が果たして己にあるのか、激しく疑問に思う。
 再び同じ過ちは繰り返すまいと心に誓った。しかしあの時の残虐な行いを許した心情も、真実のものだった。そんな自分に果たして仁を貫けるのだろうか。

「・・・・・・儂は、お主の期待するほど高尚な人間にはなれんかもしれん」

 自嘲交じりにそう答える。らしくなく殊勝になっている、と自分自身でも可笑しかった。
 そんな一国の大指導者を、凪いだ湖面のような瞳で見つめていた無名は、ふっと微笑んだ。

「大丈夫ですよ。貴方は人の痛みを知っている。戦の闇を、虚しさを、苦しみを分かっている。そして乱世の業を悟っている。そしてなにより―――この私が認めた(ゆう)です。もっと自信をお持ちください」

 戯孟は軽く目を見開いた。何度か瞬き、まじまじと無名を見る。
 己の短慮が呼ぶ結果―――あの時戯孟は痛感した。己の言葉一つで命が左右されることの重さを、痛いほど思い知った。だから遺された人々の憎悪と怨念を、甘んじて受けた。これが己の罪。そしてこれからも犯すだろう罪。乱世と言う世を、平安なものとするために犯し続けなければならない罪。それが戯孟の選んだ道と信念と覚悟だった。

 奇麗事を言うつもりはない。破壊なくして新創はありえない。そして流血なくして破壊はありえない。すべてを護って丸く収める法などない。それは妥協と言うものだ。妥協は必ずどこかに禍の芽を残す。芽はやがて大きくなり、再び乱を起こす。だから切り捨てるところは切り捨てなければならない。切り捨てられる者こそ―――切り捨てる覇気を持つ者こそ、そしてその業を負う覚悟のある者こそ、真に英雄と言えるのだ。
 戯孟はそう信じていた。

 そして今の無名の言葉はまるでそんな戯孟の心中を見透かし、思うものを理解したうえでの発言のように思えた。
 あまりにも自然な様で突然核心をつかれ、戯孟は苦笑した。先程からこの男の勘の鋭さには驚かされることの連続だ。いや、この男のことだ、もしかすると本当に心が読めるのかもしれない。だがそれは、不思議と不快ではなかった。

「そうか。儂はお主の眼に適ったか」

 感慨深げに呟く。無名は戯孟という人物を見定めるゆえに、今まで決して心から戯孟を認める素振りはみせなかった。そして戯孟もまた、初めは真に無名を信じてはいなかった。しかしそれが今、ようやく結論を出そうとしている。
 確認する声音に、無名はただ笑むことで答えた。そして思いついたように口を開く。

「もしも閣下がまだ己の覇道に捨てきれぬ不安を僅かにでもお持ちならば、ひとつだけ、良い事をお教えしましょう」

 すると無名は笑みを消し、椅子の凭れに背を預けて腕を合わせ、よろしいですか、と前置きをした。

「仁は礼を生み、礼は智を伴い、智は理を解し、理は道を成し、道は義に通じ、義は忠を呼び、忠は信を得る―――仁義礼智忠信道理八徳の(シン)でございます。これが英雄の条件。八つの内どれが欠けても、どれかに過ぎてもこれは成り立ちません。闇雲に連鎖を実現させようとするだけでも駄目なのです。世には程というものがございます。程を知らねば、均衡は崩れましょう。ですが程を知るならば、自ずと八鎖は成り立ちます。そして八徳を得た者こそが真の覇者となる・・・・・・」

 八鎖。戯孟は口内で小さくその語を舌の上に乗せた。

 無名の言う『程』というものがなんなのか、そこに隠された意味を、戯孟は正確に察していた。徳の均衡。しかしそれだけではない。無名は決して『仁徳のみ』で動けとは言っているわけではないのだ。上に立つものとは仁徳だけではなく、時に非情にもならなければならない。しかし過ぎてはならない。どちらかに及びすぎれば、物事は滞り、進まない。その加減を知ることが肝要なのだと―――つまりそういうことなのだ。八連の鎖の間に見え隠れする、『均衡を保つための加減』という名の闇。

「その―――八鎖の徳とやらを体得できれば、儂は覇王となれるのか」
「御意」
―――お主ならば、それを導けるか」
―――・・・・・・」

 その問いに、無名は押し黙った。
 しばしの沈黙した後、瞳を閉じて、短く答えた。

―――或いは」

 戯孟はそうか、と喉の奥で言い、瞼を伏せた。

 仁は礼を生み、礼は智を伴い、智は理を解し、理は道を成し、道は義に通じ、義は忠を呼び、忠は信を得る―――・・・・・・

 その言葉を心の中で反復する。そして再び顔を上げると、そこにいるのはもう先程までの人懐こい英雄ではなく、一大国を治め、軍を統括する支配者の顔があった。
BACK MENU NEXT