峰絽関が慶軍の手に陥落すと、于卷とその僅か30ばかりの将兵たちは、関城内から外へ出る隠し通路を使い遁走した。
 隠し通路は、峰絽関から礼州に入る唯一の道への近道となっている。万が一の事態になったとき、敵に追いつかれずに逃げ遂せ、次なる城塞へ走るためのものだった。
 しかし于卷は、そうしなかった。

 彼は煮えくり返る思いに、腸を歪ませていた。見開かれた両目は血走り、歯をむき出し、口端からは唾液を流して荒い息を繰り返している。その形相はまさに怒り狂う鬼のよう―――兵たちは怯えた。

 于卷はもともと荒い気性の持ち主だった。根が小心者だから、一旦箍が外れると制御がきかなくなり、手におえない。伊達な荒くれ者よりも始末が悪い。そんな人間に重要な関所を任すのもどうかと思われたが、これでいて于卷は取り立てて知に足らぬものでもないし、何よりも武に勝っている。100人の敵兵に囲まれながらも、戟一本で傷ひとつ負わずに帰還したという逸話を持つ男である。
 だからこそ今回の惨敗は、彼の矜持を甚だしく傷つけた。

 ―――だからあんな野郎を信用しなければ良かったんだ。

 心中で激しく毒づく。あんな得たい知れない男―――陳雨なんぞを信用して、奴の言うとおりにしたがためにこの様だ。殿も騙されておられるのだ。胡などやはり我が敵。やつらの言にまんまと嵌められおったのだ!
 ドカ!!と近くの樹に戟を打ち付ける。側にいた兵がひっと声を上げた。

 ―――絶対に、このまンまじゃあ終わらせねぇ。

 どうせこのまま逃げ帰ったとしても、自分に待っているのは厳重な処罰だけだ。
 張斯は失敗を許さない。無様な負け様もだ。ならばせめて己をここまでにした奴等に、一矢報いなければ。
 ただごとではない異様な気に于卷は包まれていた。不気味に、にたりと笑う。何かに取り憑かれているような、そんな病的な将軍の様子に、兵たちは怯えながらもついてゆく。戻ったところで、どうしようもないのは、彼らも同様だった。目の前のこの男に従うしか、最早生きる道はなかった。

「いいか、俺の言うことをよぅく聞けよ・・・・・・」

 于卷は不気味な目つきで部下たちを眺め回し、ゆっくりと言葉を吐いた。




 勝利の熱気とともにその幕へ勇み駆け込んだ戯孟は、中に思い描いていたその人物がいないことに、肩透かしを食らって呆けた。
 薄暗い幕の中は、相変わらず中央に椅子が鎮座するのみで、他には行く時と何も変わらぬままであった。
 ―――その人物の姿が見当たらないことを抜かせば。
 戯孟は疑問顔で椅子に近づき、ふと、その上に置かれた白い紙を発見した。
 手に取り中を開いてみると、黒墨で綴られた数十行が現れる。
 適度に読みやすく、流れるような字は、その人物の性格を現しているかのようだった。




 賭けをしましょう。

 閣下は私の仕官をお望みになられました。
 しかし、今回はご縁がなかった。どうやら私は今はまだここに留まることはできぬようです。
 ですがそれでは閣下も納得がゆかぬはず。
 そこで、こうしましょう。
 私は再びこの大陸を流離います。当てもなく東へ西へと放浪いたします。
 もしもその中で貴方が私を見つけたら、貴方の勝ち。私は貴方に仕官しましょう。
 しかし、もし貴方が私を見つける前に、私が某かに仕官したら、貴方の負けです。

 閣下。人の出会いとは、(えにし)でございます。
 たとえどんなに離れようとも、縁があれば必ずやまた出会える。
 もしも再び閣下と相見えることがあらば、それは縁の強さ。
 或いは真の英雄なれば、縁も命運も己が力で引き掴むことができるはず。
 その時こそ、私は貴方にお仕え致しましょう。

 そうそう、最後に私の本当の名をお教えしておきます。
 私の名は刑哿。
 字を冲淳、と申します。
 以後、お見知りおきを。

 さあ、遊戯はすでに始まっております。
 もしも貴方が龍たりえるのならば、見事龍玉を手中に収めてご覧あそばされよ。
 御健闘をお祈り致します。




「『此致―――刑哿』」

 字を見つめ、戯孟はふっと口端を上げた。

(成る程な‥‥。「考えておく」とはこういうことだったわけか) 

 意味深に笑んでいた青年の顔を思い出す。
 この戯志明を更に試すつもりか。いい度胸だ。

「殿、こちらにおられますか」

 入り口際から中を窺う声がした。返事を返せば、背後から李洵が入ってきた。

「失礼致します、殿―――如何なされました?」

 唇に浮かんでいた笑みを訝られたのだろう。しかし戯孟は振り返らず、別に何も言わない。
 李洵は不思議そうな顔をし、横合いから覗き込むように目を巡らして、主君が何かを読んでいることに気づいた。

「何かございましたか?」

 再び問うと、戯孟は手の文を肩越しに李洵へ放って寄越した。
 困惑気味に慌てて手に受け取り、一瞬迷って戯孟を見る。どうやら読めということらしい。落ち着きを取り戻してからゆっくりと中を開き、目を落とす。

「これは冲‥‥無名の手蹟ですね」
「ああ、刑哿、のな」

 李洵が字癖からその手紙を書いた人物を当てると、戯孟が極自然にそう言い換えた。その名に、李洵はハッとして主を見上げた。まじまじと見つめ、それから再び目を落とし、やや戸惑いを覚えつつ字面を追う。途端に目に驚愕が滲み、見開かれた。

「ふん、あやつめ。恐れ多くもこの儂に、真っ向から堂々と勝負を仕掛けてきおったわ」

 戯孟は背を向けたまま、吐き捨てるように言った。しかしその双眸は宙を強く睨むようにしながらも、唇には不遜な笑みを湛えており、声にはえもいわれぬ楽しげな色が滲み出ている。

「あ―――あいつは、もう~~~っ」

 ぐしゃっと思わず手紙を両手で握り締め、李洵は顔を埋めて呻いた。半泣きとは言わないまでもそれに近い様子で、今はもう何処にいるか分からない青年を恨む。
 その側ではっはっは、と背中が陽気に笑う。

「小粋な演出をしおって、あやつらしい。なかなかどうしてこうも見事なものかな」
「笑い事ではありませぬ。私は彼を殿に紹介した手前なのです。全くあいつは・・・・・・」

 私の面目を潰す気か、と李洵はブツブツぼやく。戯孟はそんなことを無体に責めたりはしないが、気持ちの問題だ。それでも李洵が心の底から恨み怒っているかと言えば、そうではない。どこか仕様のない弟を咎めるような雰囲気なのは、李洵が無名―――刑哿の人となりを昔から知っているせいでもある。
 つまり昔から『そういう』男なのだ、刑哿という人間は。
 誰に命ぜられるのでもなく、権力に屈するのでもなく。
 ありあまる才を持ちながら、決して容易くは縛られぬ者。

「面白い―――では、手繰り寄せて見せよう。どんな縁であろうと、天の定めたる命運であろうと。この戯志明が、必ずな」

 運命などというものに頼りはしない。巡りをただ待つなど、性に合わぬ。我が力を以って、この手に捕らえて見せよう。どんなものであろうと、何もかもすべて。
 そして儂こそが龍―――この大陸を統一する英傑たりえることを証明してやろう。

「見ておれよ」

 戯孟は今や遠く彼方にいるであろう男に向かって、力強く宣言した。


BACK MENU NEXT