そして、今はまさにその争覇の真っ只中にある。

「あらよっと」

 ウーミンは再び襲ってきた敵兵の一突きをぎりぎりで躱す。そして続けざま背後からの剣撃をかがんで避けた。
 色素の薄い瞳を持った痩身の男である。瞳と同じく淡い色の髪は結い上げて巾に包んでおり、身を包む戎服は粗末な麻衣で、他の兵卒と変わるところのない極普通の風体だ。容貌は極めて美形というわけではないが程よく整っており、どちらかというと人好きするというのだろうか、そのような顔立ちである。
 それ以外は特に目立ったところのない平凡な青年であった。
 ただウーミンが戦場において他の兵と違うところ―――というよりも違和感があるのは、腰に佩いた直刀。
 兵卒なら誰もが腰に下げているそれは、しかし鞘に収まったまま揺れていた。だからといってその両掌を見れば別に他の得物を持っているわけでもない。
 彼は刀を佩きつつも、全くそれを使う様子がなかった。むしろ戦いが開かれてからまだ一度も抜いていないどころか、柄にすら触れていない。敵の攻撃にもただ身一つで逃げるだけである。
 別に刀が鈍らで使えないわけでも、刃物を恐れているのでもない。もとより更々使う気がないとしか思えなかった。
 反撃することもなくただ人を食ったようにちょこまかと逃げ回るだけの男に、得物を振り回す敵軍の兵達はいい加減疲れと苛立ちが頂点に達したらしい。互いに目配せしあうと、一気に同時攻撃に出てきた。
 左右から挟み撃ちにされ、思わずウーミンは仰天の表情を浮かべて硬直する。
 その眼前へと、二つの刃が振り下ろされる。

「うわぁあ」

 ウーミンは情けない叫び声を上げて身体を捻った。左右両側からの攻撃なので、避けるには前か後ろへ行くしかない。
 そのどちらへともなく踏み出し、

「どわっ」

 足を滑らせて思いっきり素っ転んだ。後ろに引っくり返る形で無様に尻餅をつく。
 まさに絶体絶命の危機。
 だが状況は少し違った。
 あと少しで頭を真っ二つにするというところ、絶妙な刹那(タイミング)で発生した「獲物が転ぶ」という予想外の出来事に、不意をつかれ一瞬目標を失った敵兵たちは、力一杯振った刃が空振りするまま思い切り体勢を崩した。
 何とか転ばぬように蹈鞴を踏むものの、大きく蹌踉く足元は止められない。
 好機、とばかりにウーミンはその隙にあたふたと逃げ出す。
 二人の兵は獲物の逃亡に気づくと、何とか体勢を立て直し追いかけようとした。が、一瞬後にはウーミンの背は数多の兵士たちの間に縫い込まれ、結局見失ってしまったのだった。


 上手く逃げきったウーミンはちらりと肩越しに後ろを見やった。
 あのしつこい二人の姿が見えないことを確認し、あからさまに安堵したように息を吐く。だが、その瞳にほんの一瞬だけちらりと過ぎったのは、窮地に一生を得た者とは思えぬ冷静な光だった。
 しかしそれは瞬きとともにすぐにまた先ほどの情けなさを含んだものにかき消される。
 とにかく彼は無事に危難から逃げ果せたことに安心した様子で、肩の力を抜く。
 だが目の前の敵がいなくなったからといって、安全というわけではない。ここは戦場なのだ。ようやく撒いたと一息つく間にまたも別の敵兵が襲い掛かってきた。しかも気合も充分に、槍先を突いてくる。
 ウーミンはそれをふらふらとかわし、そのたび危ねぇ、などとぼやいて汗をぬぐう。
 鈍臭そうで、ただ必死に逃げ回っているようにも見えるが、やる気のない中にどこか楽しんでいる風情もある。なんとも掴み難い男だった。
 そうして同じ調子でいくつか敵を受け流していると、ちらりと視界の隅に仲間の兵の姿が入ってきた。
 直刀を振りかざして懸命に奮闘している。なかなかの腕前であるが、応じる敵も負けてはいない。見た感じでは両者の力は均衡といったところか。一進一退しておりなかなか決着がつかないようだった。
 だがウーミンが気に留めたのは、敵兵と対峙し競り合いをしているその背後に、刀を構えて忍び寄る別の敵兵の姿。当の慶兵は目の前の敵に夢中で気づかない。どうやら挟み撃ちにして後ろを獲ろうという魂胆らしい。
 ウーミンの瞳が一瞬だけすっと鋭く細まる。
 仲間の方を目端に捕らえ続けながら、ウーミンは自分が対する敵兵に悟られぬよう、かけられる攻撃を往なしつつさりげなくそちらへと移動していく。
 押されているかのように見せかけて、密かにじりじりと誘導する。やがて奮戦するその味方兵との距離が狭まった所で、派手に躓いた。

「うわぁ!!」
「ぬお!?!」

 倒れかける拍子に脇から仲間の兵士の鎧をぐわしと掴んで、そのまま一緒に横へ縺れ込んだ。鎧が重い音を立て、味方同士地面にもみくちゃになる。
 その瞬間、今まさに仲間兵の背後に振り下ろされようとしていた刀と、彼が正面で戦っていた方の敵兵の突き出した槍が交差した。
 敵味方双方に驚愕が駆け抜ける。
 挟み撃ちせんとした前後攻撃は、目的物を通り越して、互いの身体を貫いていた。信じられぬ出来事に目を剥いた敵兵二人は、やがて血飛沫を上げてゆっくりと倒れた。
 ウーミンと味方兵は、地面上から呆然とそれを観察していた。
 最初に我に返ったのは、味方の男の方だった。

 「な・・・・・・っにすんだテメエ!!」
 「いやぁ、悪い悪い」
 「悪いじゃないだろう!! 敵が偶然相打ちしたから助かったものの、ドジって死ぬのはテメエ一人だけにしろ!」

 我に返り、がばっと飛び起きて赫然と怒る仲間に、ウーミンはへらへらとすまなそうに笑った。片手で頭の後ろを掻いて謝る。
 あまりに情けない様子のウーミンに男は憤りを通り越して呆れの表情を向けた。だがすぐさま自分のいる状況を思い出すと、いまだ怒り収まらぬ顔のまま、こうしてはおれぬと立ち上がり、再び雄叫びを上げて果敢に敵兵に斬りかかっていった。すでにウーミンのことなど頭から消えたように、全く見向きもしない。
 ウーミンは座り込んだままその勇敢な後ろ姿を見送り、それからふと己の足元に目を向ける。
 彼が先程まで対峙していた敵兵は、今目の前で蹲り、股間を押さえて小刻みに震えていた。先ほど転んだ拍子に、蹴り上げる形となったウーミンの足が『偶然』にも男の急所を直撃したらしい。さすがに少し同情の念が擡げる。

 「ははは、お気の毒さま」

 茫洋とした曖昧な笑みでそう呟くと、男が回復する前に、三十六計逃げるにしかずとばかりにその場から離れた。
BACK MENU NEXT