このたび戦いの場となったのは、慶領より南に下ったところに当たる尭領の(けん)班菱(はんりょう)郡に属する坤県である。
 慶が攻めているのは坤県に在する夕燕城(せきえんじょう)、守るのは尭の武将錬乂(れんがい)で、率いるのは総勢6万の軍。
 一方進軍している慶侯の軍はもとは20万だったのが、南征の途中勝利を収めるたびに敵軍を吸収し、その数は30万に膨れ上がっていた。
 数で言えばどちらが有利かははっきりしている。それゆえか慶軍率いる戯孟は、勝ち負けよりも「速さ」にこそ重きを置いていた。
 つまりはじめから勝つこと前提であり、戯孟の計画に「敗北」は組み込まれていないのだ。それだけの自信が、戯孟にはあった。
 しかし問題は、いかにして手早く決着をつけるか。遠征の成功は短期決戦にかかっていた。その理由はひとつ。慶は大軍の遠征であるからである。
 長距離の遠征と連戦は兵たちの負担となり、少しずつ体力を消耗させる。疲労は士気の低下にも繋がる。
 そして何より切実なのは糧食だ。軍は多ければ多くなるほど数的に有利ではあるが、逆にそれだけ多くの兵糧が必要となるのは当然のことで、兵糧を運ぶための輜重はあまり多量だと行軍の足を鈍らせるし、戦が長引けば兵糧不足が深刻になってくる。古来より腹が減っては戦ができぬと言うように、空腹は兵たちの士気を低下させる要因の一つだ。
 そうなる前に南征を終わらせたいというのが戯孟の思いであった。
 戯孟の目下の目的は、実のところ夕燕城を越した先、峰絽関(ほうろかん)にある。
 峰絽関は険しい山の連なりの間にある関所で、脇には洟水(いすい)という川が流れている。この河川は、東の大陸でも一、二を争う壮大な江・長河(ちょうが)の支流の、更に上流にあたるもので、流れも速く川幅は広い。
 この地形に恵まれた天然の要塞を、戯孟は狙っているというわけなのである。
 峰絽関は(れい)州と研州の境、つまり尭の領地であり、ここから賀陽(かよう)千心(せんしん)などの要地へ抜けることができる。
 賀陽、千心とはともに長河の恩寵を深く受けており、農耕作物に富んだ地だ。また賀陽の河岸は大運河に際しており、貿易の要所としても知られる。そして千心は峰絽関同様三方を厳しい山に囲まれていて、攻めに難く守りに易い自然要塞を成していた。山江に囲まれたこの二所を抑えれば、礼州は手に入ったも同然である。これらを攻め陥とし、その後長河を上って、尭の中心都城である柳州都・寿陽(じゅよう)に攻め入ることもできる。
 だがこの二要衡を抑えるには、まず峰絽関を落とさなければならない。
 そのため、南に進軍を続けていた戯孟は、峰絽関に至る道程の攻略を真っ先に目指した。
 ただし、今回の出兵に関して問題がなかったわけではない。
 遠征中の他国の動きである。慶の府城を空にした隙に背後を祁や胡に襲われるのではないかという憂慮だ。当然、戯孟の幕僚達の中には軍議で出兵に反対する者も少なくなかった。
 だがそれらの慎重派を抑え、進軍を強く奨めたのは、若くして孝廉こうれん(官吏登用制度における最高格の推薦。親孝行で清廉な者が選ばれる)に推挙され、長く戯孟の右腕として功績を収めている李洵(りじゅん)であった。
 李洵は字を鎮文(ちんぶん)と言い、旧家名門の誉れ高い李家の三男にして早くから頭角をあらわした傑物であり、戯孟より全幅の信任と信頼を受けている懐刀である。
 彼は並み居る幕僚達を前に、まずこう言った。

「皆様方は東西北に対し懸念されておられるようですが、所詮は杞憂に過ぎません」

 無意味な恐れだと断言した李洵に、当然反対派は色めき立った。
 だが李洵は言った。

「彼らに一体何の憂いがありましょうや。東南の祁の皇甫圭は優柔不断な男です。軍略には長なれど、機を見るに鈍であり、疑り深い。彼の下にも優秀な官僚はおりますが、それらの性情ゆえ彼らの進言を聞いても断を下すまでが長い。また彼は戯孟さまの智謀を恐れておる様子。おそらくここで殿が南へ遠征なさっても、いろいろと勘繰って即座に襲ってくることはありますまい」

 その言葉に押し黙り、それもそうだ、と納得する気配がいくつか出る。
 が、すかさず幕僚のうちから別の声があがる。

「では胡は如何する?」
「東北の胡は内乱が続き、先だっても大規模な叛乱を鎮圧したばかりで、しばらくは内治に専念せざるをえません。この上続けざまに戦をしては統治を維持できないだけでなく、領民の不満が膨れ上がるでしょうし、財政も許さないでしょう」
「喬はどうする。領地は狭小といえど武勇に優れたる彼奴らに隙を突かれては、多少の損害では済まぬぞ!」

 また声が上がった。これにも李洵は澱みなく答える。

「東の喬。ここには同盟を申し入れましょう」
「ほう」

 興味深そうに呟いたのは、主の戯孟である。

「同盟か」

 そうです、と李洵は振り向き、頷いた。

「して、どのように持ちかけるのだ?」

 主の問いに対し、李洵は片手を掲げ、よく通る声で歌うように述べた。

「ともに手を取り合い尭を制圧したあかつきには、尭の領土を均等に分割すると申し出るのです。喬地は五領のうちで最も狭く痩せており、より多くの富める土を欲しているはず。おそらく断りますまい」
「だが山分けしてどうする。その後は?」

 天下統一を目指すというのに、それでは敵に塩を送るようなものではないのか。
 言下に含まれる疑問へ、李洵は続ける。

「約束を果たさねば、今度は喬が慶に攻め入ってくるでしょう。小さいとはいえ、喬侯の手勢は武にも知にも優れている。失礼ながら、遠征で疲労した殿の軍が致命的な打撃を受けるのは必定。ですからここはあえて約束を守り、二分にするのです。こちらをご覧下さい」

 李洵は衝立に張られた東の大陸の全土の地図を指差す。

「喬地は我が領地のおよそ3分の2。当然の如くここに尭領の半分が加わっても、同じくもう半分を加えた慶領との差は縮まることはありません。せいぜいが胡領に匹敵するだけ。ですがそれこそが狙いです。かのようになれば、喬侯の勢いに怖れを抱いた胡侯が、多少の難を押してでも遠からず手を打つでしょう。彼らが鎬を削り合い共倒れすれば重畳。恐れることはありません」

 戯孟はにやりと笑った。戯孟自身も同じことを考えたのである。
 己の右腕が信頼するに足る男であると改めて確信し、大いに満足した瞬間であった。

「さすがは鎮文だ」

 彼はそう言って立ち上がると、幕僚たちを一通り見回し、演出もかねてここぞとばかりに語気を強めて言い放った。

「俺の心は決まった。南征を開始する」

 そうして李洵を首席参謀として、戯孟は兵20万を率い、出陣したのだった。
BACK MENU NEXT