日が落ち、退却を命じる鼓が鳴った。
 戦場では日が暮れると一時停戦するのが暗黙の決まりとなっている。誰が決めたわけでもないが、昔からそうされていた。辺りが暗くなって視界が悪くなるということもあるのだろう。もちろん夜襲はその限りではないが。
 自陣に戻ってきた兵は夕食の支度を始める。戦場なのだから当然自炊であるが、ちゃんと調理担当の部隊がおり、それ以外の者はそれぞれ自分の碗を持って簡易式の粗末な配給場に並び、決まった分だけの穀物と塩を貰う。基本的には米だが、時によって粟や麦であることもある。
 各幕の外では火を焚き、股木や枝を組み立てたものに巨大な鍋をつるして、その両際で担当兵卒が大きなお玉を掻き回しながら食事を作っていた。味の良し悪しなどは元より誰も期待していないし、この際考えていられない。とりあえず腹に溜められるだけ溜める。空腹さえしのげればそれでよいのだ。
 そうして食事を終えた兵卒達は、号令に従って点呼を行い次々に天幕の中へと戻っていく。
 ウーミンも自分の幕に向かいかけ、ふと立ち止まり陣営の中心にある幕に目をやった。
 まわりの幕より一回りほど大きいそれは、主戯孟の使う主幕である。現在入口の幕は降ろされているが、おそらく今あの中では参謀達との話し合いが行われていることだろう。

(もしこのまま膠着状態が続けば、いずれ光都から兵糧を運んでもらうことになるだろうな)

 光都は慶領内の城市である。本来は光陵と言う名なのだが、現在は帝を擁護しており、臨時の朝廷が置かれているため、都と呼ばれている。
 さて、食糧を輸送するのは輜重隊と呼ばれる輸送部隊だが、この輜重というものはこれがまたなかなかに厄介だ。大量の兵糧を運ぶとなるとそれだけで重労働であるし、遠征軍ともなれば輸送にはより困難を極める。  遠征軍は敵の領土に侵入するため、自国の兵站基地から戦線への道、すなわち兵站線の確保が死活問題に関わってくる。これは命綱にも等しい。例えるなら体内を巡る血脈のような働きだ。そこを断たれれば前線は壊死する。
 だがこの基地から遠征地までの兵站線を堅持するのがかなり難しい。何せ他領であるから地理には不案内であり、敵兵の襲撃に遭って途絶えやすく、また糧食を奪われる可能性も高い。
 そして何といっても輜重隊には莫大な費用がかかる。というより凡そ戦事というもの自体が金のかかるもので、それは引いては国力低下の原因となる。そうであるからこそ戦は下策として忌まれるのだ。
 輜重隊の場合は、まず前線の本軍に加え、輸送部隊、搬送に携わる牛馬、そして兵站線を堅持する駐屯兵それぞれの糧食が必要になる。それだけの量の食物を用意するとなると、経済的に負担が大きくなるのは当然である。
 このため遠征軍は食料を現地調達するのが兵法の基本だった。
 だが不運にも近年、夕燕城の属する研州は冷害や長雨、蝗の大量発生で農耕は不作不況続きだった。戯孟が尭攻略を決行したのも、実はそうした敵の困窮状態によるところが少なくない。
 しかし逆に言えば、今まで占拠して来た村里からの食糧補給は期待できないということになる。
 そう、ある意味でこれは諸刃の剣―――不況に苦しむ研州はいざ知らず、遠征する側にとっても不利なのである。それを知っていながら、戯孟は敢えて挙兵した。
 多勢に無勢の力と勢いで飛矢のごとく進軍し、こちらの兵糧が底をつく前に疲労衰弱しきった研州を一息に駆逐してしまおう―――戯孟の立てた作戦はこうだった。
 しかも研州から山を越えた先の礼州では、隣接しているにもかかわらず対照的な豊作で、研州は嚆牙(こうが)郡を介してこの隣州から不作の援助を受けていたことから、この礼州を作戦の保険とすることにした。
 班菱郡の南に接する嚆牙郡は礼州に最も近いこともあり、大分蓄えも貯まって、他の研州郡に比べ逸早く状態が向上してきているらしい。つまりは班菱郡さえ陥してしまえば、嚆牙郡で兵糧の確保はできるというのが、戯孟の目算であった。
 果たして作戦は巧く行き、研州はすでにその殆どの領地を獲得、完全制覇までは嚆牙郡を除き、残すところ班菱郡のこの夕燕城のみとなった。が、予想通りというか否か、夕燕城の迎撃も生半可なものではなく、ここへ来て戯孟軍は足止めを強いられることになったわけである。
 どちらが先に音を上げるか―――ここが正念場である。先に弱音を吐いたほうが負けだ。ただこの状態があまり長引くようなら、いよいよ本格的に動き出さなければならない。
 策を講じて敵に仕掛けるか、このまま補給部隊を待つか。
 果たして希代の英雄は、どちらを採るであろう。
 ウーミンは主幕からふいと視線を外し、己の幕の中へと入って行った。
BACK MENU NEXT