将軍や諸将と違い、一般兵である卒は何十人かでまとまって一幕を使う。戦を行うごとに死者や投降者による移動はあるが、基本的な顔ぶれはそう変わらない。就寝はもちろん雑魚寝だ。当然ながら沐浴も稀な男所帯のため、むさいし暑苦しいし臭いしでいいことはない。女性がこの惨状を見たら悲鳴をあげて卒倒するか、軽蔑と嫌悪の眼差しを向けてくることだろう。
 ウーミンが中に入ってみれば、殆どの兵卒が疲労の濃い表情をしていた。顔色は青黒く、頬がこけている。戦は体力を使う上に、こちらとら長旅である。どの顔にもやつれた雰囲気が漂っていた。早くも重くなった身体を横たえて寝る者も多い。

 従軍年齢は一応23から56歳までと定められているが、実際このような有事では、より多く頭数を確保するために年齢の下限を下げたり、兵役を終えても退役させてもらえない者が出てきたりする。
 だからウーミンのように若い男もいれば、明らかにまだ十代だと思われる少年もいるし、中年から老人までいる。ちなみに女性が兵として参加するのは、城砦を包囲されたときの防衛隊として以外では原則禁じられているので、この場にはいない。身体に衰えが来はじめている者にとってはこの過酷な遠征は辛いだろう。

 徴兵は基本的に兵戸制、つまり兵役を義務づけられた家から成丁(せいじんだんし)が対象となる。兵は言ってみれば世襲制なのであり、兵役についている者が死んだり、または老齢で役目が果たせなくなると、その子や弟が次に兵となり、更に彼らが任務から外れると、そのまた子や弟が兵になる、という形で後継していく。兵となった者とその家族は兵戸(士家)という戸籍に編入され、一般に農作などに携わる民衆の戸籍である民戸とは区別されていた。

 そもそも戸籍はすべて民戸のみであったのだが、いざ全国から男手を徴兵しようとすると際限がない上に、生産に携わっている働き手を軍事へ回すことになるため国家生産力の低下に繋がるという弊害があった。その解決策として編み出されたのが兵戸制である。彼らは普段は他の農民と同じように農耕作に従事するが、有事となれば得物を鍬から剣に持ち替える。日々の農作業には相当の体力と忍耐力を要するから、心身が鍛えられるという意味でも一石二鳥だ。また平素に屯田兵として耕した田で収穫された物は、主に兵糧用として蓄えられる。
 一般農民の二倍の仕事をこなす彼らは負担も大きいが、その分収入や納税は優遇されている。兵役を徭税(いわゆる租庸調の庸。庸税は兵役)と考えるなら、それも納得のゆくところだ。
 この屯田制を含んだ兵戸制の理論はかなり前々から案件として挙げられていたものだったが、その頃は朝廷の腐敗が膏肓に入っており、世も動乱で不安定な状態であったから、実際にこの制度が施行されたのは、皇帝を保護し領民を整備した戯孟によってであった。


 一方、兵戸による徴兵とは別にしばしばよく行われるのが募兵である。彼らは食糧や帛(絹織物)、金を対価に志願する傭兵だ。希望者は民族や身分を問わず、広く受け入れられる。特に騎馬術に優れた遊牧民族などは積極的に迎え入れられた。彼らは馬を駆りながらの戦闘に誰よりも秀でているからだ。
 ただし、募兵には効率的な兵力の補充という利点はあるものの、所詮は利害で繋がっている関係なので、軍や主君に対する忠誠は比較的薄く、裏切りが生じやすいという欠点もあることにはあった。
 ちなみにウーミンもまたこの傭兵のクチである。しかし彼にとっては傭兵業は別に金銭第一というわけではない。勿論生きる上でやむにやまれない選択ではあるのだが、それらはあくまで二の次で、もっと別の目的があってこの軍に応募していた。
 
 ウーミンは隅の方に適当な隙間を見つけて寝転がった。その拍子に隣りにいた男にぶつかり睨まれたが、得意のへらへら顔で流す。
 地面には薄っぺらい筵が敷かれているだけである。ごつごつとした地面の固い感触は当然快適とは言い難く、おかげで眠るたびに身体のあちこちがぎしぎしと痛んだ。まあしかし贅沢は言っていられまい。雨風をしのげる屋根があるだけマシか―――と、仰向けで幕の天井をぼんやりと眺めながら、しみじみと思った。
 しばらくして、外で号令が聞こえた。
 それからドォ―――・・・・・・ンと鼓を打つ音が続く。
 消灯時間だ。
 兵たちは燭台の灯を消し、次々に床につく。ウーミンも右隣の仲間に背を向けて横向きになり、目を閉じた。
 皆よほど疲れているのか、程なくしてあちらこちらで寝息が聞こえはじめる。時には地面を響かすような鼾もあがったが、その騒音に起きる者はいない。ここでできるだけ眠って疲労回復をしておかないと、次の日が辛いのだ。
 そうして夜が更け、二刻(2時間)ほど経った頃だろうか。
 すっかり穏やかな寝息を立てていたかのように見えたウーミンの瞼が、不意にうっすらと開いた。現れた瞳には夢の残り香も、または微睡みの欠片も見受けられない。彼は壁を向いたまま、神経を研ぎ澄ませて、背後の気配を窺う。
 消灯は二更(午後10時)だから大体現在の時刻は三更(午前0時ごろ)をまわっているだろう。

 一般的に人は乙夜、時にして亥の刻(午後9時~午後11時)に床に入り、丙夜丑の上刻(午前1時~午前2時)には熟睡しているものだ。目が覚めるのは己夜卯の上刻(午前5時~午前6時)頃。これは昼型の人間における周期で、昼間に戦をしている兵ならばこれに当たる。
 人間は熟睡している時は寝息が長短不規則になるという。規則正しい呼吸をしている者は寝たふりをしている可能性がある。また呼吸が不規則な時ほど浅い眠りに見えてなかなか覚醒しない。そのことを、ウーミンは知識として心得ていた。

 ―――動くなら今が頃合か。

 静かに息を吸い、頭の中でざっと状況を確認する。
 潜入の成功率は時間によって決まる。特に決まった時間帯があるわけではないが、基本的には人が騒いでいる間か、もしくは相手の生活の規則や流れが変わる隙か、熟睡時とされる。
 ウーミンはそっと身を起こして辺りを見渡した。人は寝入っても一定時間ごとに目を覚ますと言われ、睡眠によっても浅い深いがあるので注意しなければならない。
 全員がすっかり寝ついているのを確認すると、音を立てないようにそっと寝床から抜け出て立ち上がった。

(さて、と)

 なるべく空気を動かさぬよう最低限の所作で幕の壁側を伝い、男達の頭や足を踏まぬように注意深く跨いで、入り口から外へ滑り出る。
 寝静まっているせいか、昼に比べると外はひどく静かであった。気温も少し低い。月光が細く弱い闇空には星々が瞬いており、辺りは幽かに仄蒼い。
 ウーミンは番をしている兵に見つからぬよう身を低くして一息に走り出した。




 蒼闇の中を駆け抜けてゆく脚は恐ろしく迅い。神仙術のひとつに一日で八里を走る神行法という秘術があるが、それもかくやという俊足振りだった。普段のウーミンは、亀が服を着て歩いていると評されるほどの鈍間さで通っていたが、比較すると今の速度はまさに雲泥の差だった。
 立ち止まることも躊躇うこともなく、ひたすらに前を目指す。正面の遥か先の方には、石壁に囲まれた敵城の門。
 音もなく闇夜を疾風のごとく駆け抜ける姿は、野生の獣を髣髴とさせる。
 やがて闇の中にぼんやりと木柵の影が浮かび上がって来た。柴営(さいえい)と呼ばれる陣営の囲いである。高さは大体二丈(約5m)といったところだろうか。

 ウーミンは走りながら腰元から小刀を二本取り出し、柵へ向かって素早く投擲した。
 二刀は上と下それぞれ斜めに幅を取り、トトン、と軽い音を立てて木肌に突き刺さった。刃が月明かりを青々と反射する。
 そこへ目掛け一足飛びに跳躍した。柵に垂直に突出する小刀の柄に爪先を掛け、斜め上にあるもう一方の小刀へと跳び移り、そこから更に高く跳ぶ。空中で身体を丸めてくるりと回転し、木柵を越えてヒラリと着地すると、再び走り出した。
 柵には土塁が築かれており、周辺には塹壕(堀)が掘られている。更に塁壁の周囲には敵の接近を阻むために蒺藜(しつれい)(マキビシのようなもの)や鹿角が撒かれていた。それらを巧みに避けながら、陣営地から離れる。

 そのまま夕燕城めがけ真直ぐ進むと思いきや、ウーミンは爪先の向きを変え右方面に大きく曲がった。
 星空の下、遠くに浮かび上がって見える城壁は、横に長く伸びている。正面から一直線に行っては向こうの見張りに気づかれてしまう恐れがあり、また同時に陣地の牙門近くに置かれた味方の物見に見つかる可能性がある。それを避けるために迂回した。
 しかしさすがに城壁は長い。これを迂回して行くとなるとかなりの距離と時間がかかる。だがウーミンは急がば回れとばかりに速度を緩めず駆け続けた。
 半刻弱ほどで、どうにか城壁の下までたどり着いた。激しく息切れなどはしていないが、さすがに少し疲れたようでもある。顎に伝った汗を腕で拭う。
 着いたのは西門のある側の城壁である。慶が対峙しているのは北門だから、相当離れている。
 ウーミンは壁際に身を寄せた。極力壁面に背をつけて張りつき、影の内に入る。月はまだ東のほうにある。朔から明けたばかりの(みかづき)であるからさして明るくはないが、西側の城壁には人一人隠れられるぐらいの陰影は出来ていた。

 顔を振り仰いで上を見る。城郭上には通常、不寝番が配されている。時折一定間隔で女牆(じょしょう)(城壁上に凹凸に設けられた垣。矢を避けながら眼下の敵に攻撃するためのもの)に設置されている篝火にチラチラと影が過ぎっていくのが見えるのは、おそらくそういった歩哨であろう。一か所に直立不動してるのではなく、巡回監視をしているようだ。
 ウーミンは壁に背を張りつけたまま瞼を落とした。何度か深く呼吸をし、長駆による動悸が鎮まるのを待つ。ひとしきり息を整え心を落ち着かせると、目を開いて肩にかけていたものを取る。
 とぐろを巻く恐ろしく長い縄、その先についているのは鉤爪型の金属だ。攻城器具の一つで、城壁を登るのに利用される。兵庫用の天幕からちゃっかり拝借してきたものだ。ただし終わったら元通り返しておかなければならない。鉤縄ひとつと言えども軍の在庫管理の目は厳しい。一つでも欠品が見つかれば大事になる。

 ウーミンは再び上を仰ぐ。兵は依然として城壁の上を行ったり来たりしている。ウーミンは縄の鉤爪に近いところを持つと、円を描くように回した。徐々に加速させ遠心力をつける。耳元でひゅんひゅんと鋭く風を切る音がした。
 狙うのは篝火から離れた女牆の凹部。しかし明かりが届かないが故に目標点は暗闇に沈み、目測は感覚でつけなければならない。
 直近の篝火に見廻りの影が過ぎるのを確認し、腕を思い切り振って縄を空に放り上げた。縄は遠心力にそって、放たれた方向に勢いよく飛んでいく。
 城壁はさほど高くはないが、そうそう簡単に登り上がれるほど低くもない。その頂上は空に続く闇の中に黒々とした影をもって聳えていた。にもかかわらず、振り上げた鉤は頂に達するに十分な威力を持っていた。

 然して剛健ともいえない腕のどこからそんな力が出てくるのか。鉤はウーミンの狙い通り、凹凸の垣まで伸び上がる。が、あと少しのところで鉤が嵌まり切らず、カツンと小さな音を立てて跳ね返った。ウーミンはげっと顔を顰める。
 思わぬ不手際で物音を立ててしまった。感づかれたかと懸念したが、歩哨は「ん?」と一度だけ音のした方を見たきり、首を傾げただけで何事もなかったように再び歩き去る。
 下からでは良く見えないものの、どうやら気づかれてはいない様子にウーミンはほっと胸を撫で下ろす。

(しばらくやってないから鈍ったかな)

 右手を握ったり広げたりしつつ心の中でぼやきながら、重力にしたがって落ちてきた鋭い鉤爪を危うげなく素手で受け止める。もう一度縄を回し、頃合を見計らって振り上げた。
 縄は蛇行しながら上へ上へと伸びる。今度は城壁の頂上の凹に鉤爪がしっかりと引っ掛かった。
 縄を引っ張り鉤が外れないのを確認すると、ウーミンは満足げに鼻の下を撫でた。縄をしっかりと握り、城壁の微細な段差に足をかけ、するすると城壁を登っていく。
 時をかけず天辺近くへ登りついたが、見張りがいるためすぐには乗り越えない。物陰に身を潜ませ、隙間からそっと目を覗かせて様子を覗う。見張りの歩哨は西側だけで全部で4人。予想してたほど多くはない。4人とも矛を持ち、規則的に巡回していた。
 右手から一人が近づいてくる。ウーミンは頭を下げ、歩哨が再び遠ざかるのを待った。兵は前を向いたまま、潜む人影に気がつくことなくその頭上を通過していく。
 ウーミンは懐に手を突っ込むと掌で包める程度の大きさの石を取り出した。登る前に拾ってきておいていたものである。
 歩哨の後姿を目端に捉えたところで、当てずっぽうにその石を思い切り擲った。石は緩やかな弧を描き、遠くへと勢いよく飛ぶ。
 夜の、特に静かな城では、小さな音でも何倍か大きく反響して聞こえる。果たして、小さな石はどこかの壁にぶつかったのか思いのほか派手に音を鳴らした。

「誰だ!」

 4人の衛兵が同時に同方向へ身を翻す。ウーミンは既に掌にもう一つ石を用意していて、すかさず同じ方へ投げた。連続する不自然な物音に歩哨は口々に声を上げ、音のした方へ走っていった。バタバタと忙しない音が遠ざかって行く。
 その隙にウーミンは女牆に足を掛けて乗り上げ、素早い身のこなしで城郭を横切って行く。
 何か気配を感じたらしい歩哨の一人が振り向いたが、そこにはただ月明かりに冷たく照らされる垣と、先に広がる暗闇があるばかりで、特に異変もなく静まり返っている。歩哨はやはり気のせいかと瞬き、仲間を追って駆けて行った。
 ウーミンはといえば、楼閣の柱の影に身を滑り込ませたところだった。兵達が去ったのを確認し、首を戻して息をつく。
 再びそっと顔をのぞかせ、人の気配がないことを再確認すると、足音を立てずに駆け出した。
 時折止まっては手近な物影に隠れて辺りを覗う。それを繰り返して、悠々と夕燕城内へ潜入した。
BACK MENU NEXT