戯孟は夜半にいきなり主幕へ飛んできた兵に、急ぎ着替えると物見台まで走った。背後にはやはり報告を聞いた李洵と、同じく参謀のひとりである智箋(ちせん)が付いてきている。
 物見兵は戯孟が近付くと慌てて跪き拱手した。戯孟は軽く労いの言葉をかけると、目を細めて向こう景色を仰ぎ見た。
 空が燃えている―――
 闇の中、そこだけが明るかった。
 遠くに聳え立つ敵城はまるで影絵のように黒く浮き立っていた。その切り取られたような輪郭から、炎の緋い舌先がゆらゆらと見える。
 夕燕城はその名の通り夕色にそまり、燃え上がっていた。風に乗り、微かに人々の阿鼻叫喚の声なども耳に流れてくる。一体あの中で何が起こっているのか。

「失火でしょうか」

 後ろから智箋が囁いた。眉根を僅かに寄せた厳しい表情で燃える城を見据える。

「判らぬ・・・・・・何があった」

 戯孟は目を外さないまま唸った。後半は物見兵への問いかけである。訊かれた兵は狼狽しながらも必死に言葉を紡いだ。

「は。そ、それが、自分にもよく判らないのですが、突然城の北門から火の手が上がりまして・・・・・・失火というには不自然な速さで、あっという間にあのような大火に」
「謀反でしょうか」

 見たままを語る兵の話に、今度は李洵が戯孟へと顔を向け尋ねる。
 戯孟は依然判らぬ、と言ったが、城を見る顔は凝乎として険しい。何が起こったかは皆目見当がつかないが、城内で混乱がおきているのは間違いない。

「全軍出撃、直ちに準備せよ!」

 目をカッと見開き、戯孟は鋭く命じた。怒鳴りつけられるように命を受けた背後の伝令兵は、ビクッと肩を跳ね上げると、

「は、ははっ!!」

 慌てて立ち上がり、礼をして一目散に駆け出した。それを横目で見送り、智箋が戯孟の隣りまで歩み寄る。主と同じ様に煌々と燃え上がる城に視線をやりながら、念のために訊いておく。

「罠という事は」
「いや、それは考えられぬ」

 戯孟は首を横に振った。再び敵城を仰ぐ。
 戯孟自身も一瞬敵の罠かと思ったが、別段劣勢でもない現段階でわざわざこちらを誘い込むような真似をする意味が考えられぬし、万が一こちらが考えも付かぬ奇計を張っていたとしても、それにしてはあまりにも火の勢いが強すぎる。城壁の中には一般の民衆もいるのだ。いくらなんでも彼らの住居や生活を奪うほど大仰な罠を仕掛けるとは考え難い。あまりにも代償が大きすぎる。錬乂とて坤県の県令だ。己の民を犠牲にはできまい。これは不測の事態と考えた方が自然だ。
 戯孟はここに機を見た。今の混乱時に乗じて攻め込めば必ず勝てる―――そう判断したのである。

「行くぞ。我等も出陣だ」

 戯孟は城壁から目を外し、準備をすべく己の幕へと踵を返した。二人の参謀はその背に拱手して、後に従った。




 叩き起こされた兵たちは、迅速なる行動で出陣の準備をし、相手に迎撃の隙を与えぬほどの素早さで一気に攻め込んだ。慶軍襲来で混乱の上に更に混乱した尭軍はまともに反撃する態勢もとれず総崩れとなり、あっさりと落城した。
 かくして慶軍は、怒涛の勢いで見事尭軍の隙を突き、大々的な勝利を収めたのだった。
 錬乂と数人の武将は帰順を拒否し斬首に処せられ、残った武将と兵卒達は新たに慶軍下に編成された。底を突きかけていた慶軍の兵糧は、夕燕城に蓄えられていた多量の食糧を加え、難を逃れた。
 事は結果、円満に終わったのだった。
 ただ一つ不可解なのは、一体あの時に尭軍内で何が起こったかということだった。
 どの兵に聞いても、口をそろえて裏切りだと言う。しかし首謀者が誰なのか、誰の計画と指示の下に行われたのか、詳細を知っている者は一人もいない。慶軍が城門を突破して襲撃した時には、すでに大量の兵が死傷していたため、そのなかで中心人物たちも戦死したとも考えられるが、全く知る者がいないと言うのもどこか妙である。
 全く判然としない。内通者がいたのだ、などという声もあったが、戯孟の許は勿論、配下の諸将達の所にもそう言った情報は入ってないし、謀反を指示した内通者の存在にも覚えが無い。
 結局誰の話もいまいち要領が得ないのが大方だった。
 それでも実際のところ尭軍は同士討ちをしていたらしいのは確かである。
 誰か内部で不満を持つ者が謀反を起こしたのだろうと、戯孟たちは結論づけた。ただ少し引っかかったのは、何故か黄巾をつけていた甲兵がちらほらといたことだが―――大して気に留めるほどでもないと判断され、それ以後議論されることは無かった。
 こうしてこの謎の火災事件は幾多の疑問を残しながらも、ひとまずは幕を閉じたのだった。
BACK MENU NEXT