夕燕城を陥した慶軍は、そのまま南下し嚆牙郡に攻め込むと、鮮やかな采配で次々と城を降していった。そうして兵糧をも獲得し、充分に力を補給したところで至ったのは、最終にして最大の難所―――峰路関(ほうろかん)
 戦場となったのは関の鼻先にある窪地である。
 峰絽関は壁立千仞(へきりつせんじん)に連なる高山の山間にあり、研州と礼州の通過点として実に300年の古い歴史があった。その昔、仙界の蓬翏山(ほうりょうざん)に住まう機織の仙女がこの地の山嶺に降り立った際、身に纏う羽比礼(はひれ)を失くしてしまい、代わりに焚いた炎の白い煙で比礼を織って無事に仙界へ帰ったという伝説があり、故に峰絽関という名がついたと言われる。絽とは、薄くすいた絹のことである。
 伝説の真偽はさておき、故城とも謂うだけあって全体の造りは大分年季が入っている。だが「その関、千夜にして(なお)落ちず」と謳われた堅固さは今なお健在であった。
 関所は、嚆牙群を南へと進み、険しい山々の間を蛇行する谷道を経て突き当たったところにある。窪地を中心として、北東面の一部―――研州から峰絽関までの峪道―――を除いてぐるりと山に囲まれており、まさに山河襟帯の地であった。
 南側の山腹に楼閣を備えた関城があり、東側は幅広い河川の上流が南から北へと縦断している。南東に険しく削られた山峡があり、洟水はそこから流れ込んできていた。この山峡は荒削りな自然そのもので、河流を知らぬ者が船で行き来することは到底敵わない。
 平地を囲む連山の高峰には所々緑は見えるものの、この辺り一帯は峰絽関に通ずる嶮路(けんろ)を含めて、そのほとんどが岩盤も露な巖山であった。しかも嶙峋(りんしゅん)、つまり山肌に段があり崖が垂直にそびえている。騎馬や二つ脚で踏破するのは困難であり、強行突破も厳しい。
 まさにここは、天然の要害であった。

 慶軍陣営は洟水に沿って敷かれた。対する尭軍は西面の山―――小刄山(しょうにんざん)の山腹に陣を張った。両軍は広大な盆地の両際に正対して睨み合う形になった。
 峰絽関を守る尭の大将は于卷うかん、字士欽しきんであり、彼の持つ軍は10万に満たない。
 一方の慶軍は先の夕燕城やその他の戦いにおいて敵兵を編入し、その後の行軍でも少しずつ兵を加え込んできたためその数は30万を越えていた。
 単純に考えれば慶軍の方が数の上で有利だが、峰絽関は攻め難く守りに厚い堅城である。そうそう簡単には落とされてくれない。それに愚図愚図していれば、慶軍は大群の遠征であるから、再び兵糧や士気が問題となってくる。おそらく于卷もそれを狙って、夕燕城と同じく篭城策でくるに違いない。
 長期戦になると厄介だ―――
 ところが予想に反して、于卷軍は関所を出て西山の中腹に前線を進めてきた。これにはさすがに戯孟も困惑した。寡兵でも城砦に篭っていればそれなりに勝機もあろうものを、わざわざご丁寧に外へ出てくるとは、自ら踏み潰して下さいと言っているようなもの。
 こうもあからさまであると、何か策があるのではと勘繰ってしまう。彼らが焼八捨鉢になって無謀な賭けに出ているようには到底思えない。
 戯孟は怜悧にして狡猾な男であり、古今の兵法に精通した戦巧者だ。双方の兵力差や布陣を見れば敵の取りうる行動や思惑をあらかた見通すことができる。しかしその戯孟にも、今回ばかりは相手の意図をすぐには判じがたかった。

(さては誰かの入れ知恵か)

 于卷は腕があり用兵上手の猛将だが、典型的な直情型の武辺という専らの評判である。奇を用いて裏を掻くような賢しさがあるとは思えない。となれば近従の献策であろう。その手札が果たしてどこまで有効なものであるかどうかは判らないが、ここまで派手に打って出てきた以上、警戒はした方がいい。
 はて、それにしても現在この峰絽関に名のある謀士が派遣されているという話は今のところ聞いていない。しかし要衝に無能な指揮官を配するとも思えないから、誰かいるはずだ。尭は常に智者を集めており、在野の才人へ人を遣ったり、他勢力から積極的に引き抜いたり、あるいは友好関係にある相手の旗下から招聘することもあるという。同じく人材宝庫である戯孟の配下にも、内々で声を掛けられたと報告した者が数人いる。

(在野の才人、か。そういえば孫胥の奴が自慢していた幽篁先生の秘蔵っ子とやらは若いくせに天才の名を恣にしておるし、胡侯も近頃、大層聡明叡智なる策士を幕下に加えたとか―――皆やっきになっておるな)

 誰よりも重度の人材収集病である己を棚に上げ、戯孟は空を仰いだまま目を閉ざす。喬も胡も優れた軍師を得た。しかし戯孟の手元には軍事計略を諮る適任がいない。今回連れてきている二人も知謀で人後に落ちる者ではない。だが彼らが最も得意とする本分は政務や大局的な戦略だった。現場で戦術奇策を練る才とは少し違う。戦場を見て判断を下しているのは今はほとんど戯孟一人の仕事だった。この遠征より数年前に、彼は二人の寵臣を同時に失っていた。どちらも神算鬼謀の士であった。一人は、戯孟が己の不明で窮地に陥った時、主君を生かすため自ら犠牲となった。一人は、諫言を聞き入れず事態を引き起こした戯孟に失望し、また戦友を喪った悲憤から在野に下ると、程なく病で逝った。
 ある者はそれを得て、ある者は失う。だが失ったのは自業自得だ。

(乱世は英雄を生み、賢者を育む。誰もがより多くの有能な士を得ようと血眼になっておる。名声ある者はそのほとんどが召し出され、既にいずれかの幕下に従っておるが、果たして天下にはまだ誰も知らぬ才芽が隠れているのだろうか。俺も再び、それを手にすることは許されるだろうか)

 戯孟はとりとめもないことを思い、苦笑して首を振った。秀でた人材と聞くとつい気がそわそわする。悪い癖だ。
 ともかく于卷の影に恐らく何者かがいて策の糸を紡いでいる。戯孟はそう確信し用心を心がけた。
 戯孟はすぐに数人の斥候に地形を見に行かせた。戦場の地形を調査するのは築営の基本である。
 しばらくしてから戻ってきた彼らから、報告を聞く。

「この地は陣営を築くには不安定で、礎を固めるにしても大変な労苦を伴います。またこの辺りは山頂からの落石も多く、多勢で登るのは危険かと」

 戯孟は始終黙して耳を傾けていたが、聞き終えてもしばらくは目を伏せたまま押し黙り一言もしゃべらなかった。何か不足があったかと兵士たちが恐れ怯える空気の中、ひたすら眉間を皺寄せ重低音に唸る。
 いよいよ兵士達が気を揉み始めた時、何を思いついたか唐突にぱちっと目を開いた。

「よし、分かった」

 一言頷くな否や立ち上がって、素早く命じた。

「洟水の河岸に沿って築営せよ」




 ウーミンは丁度地面に仰向けに横たわりながら、複数を相手に戦っている味方の歩兵の足首をぐいっと引っ張ったところだった。
 味方兵は期待通りに慣性の法則にしたがって見事に地へ顔面を打ちつける。するとその頭上で敵兵たちが素晴らしい間合いで互いに頭を打ち付け合い、ドッと倒れこんだ。
 それに気づかない味方兵は地面と大胆に接吻した顔を上げると、土に塗れた怒り面でウーミンに向かって二、三言怒鳴った。
 が、ふと敵兵が伸びているのを見てきょとんと目を瞬かせ、頬を撫でながら疑問顔で立ち上がり、去って行った。
 また別のところでウーミンは目前の敵の攻撃を避けつつ、他の敵兵とすれ違い様、さりげなくその膝裏を蹴った。すべて一瞬のことで誰も見咎めない。当の敵兵と打ち合いをしていた仲間は、突然彼が体勢を崩し仰け反ったことに意味もわからずに目を丸くしていた。
 更に時には、落ちている小石を足で強く弾いて敵の後頭部に直撃させたり、槍先を踏み上げたりして敵兵の下方死角から顎を打ち上げては、素知らぬ顔でさっさとその場を去る。剣は相変わらず鞘に収まったままだ。
 傍からすると、何のつもりなのか、何を考えているのかさっぱり分からない。しかし本人は揚々と鼻歌など唄っている。
 そんなことをして敵味方の中を彷徨っていると、突然足元を掬われた。長兵(長い武器)の柄に引っ掛けられたらしい。果たしてわざと引っ掛かったのか、それとも油断してドジを踏んだのかはわからないが、均衡を崩した身体が傾ぐ。すかさず敵の甲兵が矛を頭上から振りかざしてきた。ウーミンは不安定な足取りでひょいっとその男の脇下を潜り抜けた。しかし背後に廻れば、複数の兵が待ってましたといわんばかりに棍棒や矛の柄を振り下ろしてくる図があった。
 間抜けな悲鳴を上げながら、最初に躱した敵の甲兵の襟首を凄まじい力で掴み引き寄せて、盾代わりにする。冑の上から強かに殴られた甲兵は、目を回して気絶した。
 ウーミンはそのまま掴んでた兵の襟首を、えいとばかりに前へ押しやり、迫り来る兵卒達に向かって投げ飛ばす。それに巻き込まれて一緒に何人か倒れこんだ。上手い具合に逃れたところを更に追撃してきた兵卒に、無名はさっと足元の折れた数本の(片方に刃枝が出たほこ)に目を留めると、素早くそれらの穂先を爪先で順に蹴り弾いた。
 戈は狙い定められた方角に勢いよく飛び、柄先が見事に数人の甲兵の腹や顔面に命中する。すべて瞬時のうちの動作だったため詳細を目撃した者はなく、ドサドサと尭兵が同時に倒れこむ。

「うおおおお!!」

 突如頭上から、地を震わすような怒号が響き渡った。
 あまりの大音声に、ウーミンはびっくりして顔を上げる。他の兵も敵味方とも思わずそちらへと顔を向けていた。
 そこには栗毛の馬にまたがり、仰々しい重厚の鎧を身に付け、片手一本で青龍刀を振り回しながら敵兵を蹴散らす武将の姿があった。面構えは厳つく、鼻下と頬から顎にかけて生えた立派な鬚を逆立てて敵を威圧する面相はまさに猛虎。
 慶侯麾下の武将、丁信である。
 字を宵黄(しょうこう)と言う彼は、名家に生まれたが、その奔放な性格から家を飛び出し、地方の山で賊頭などをしていたところ、若い頃馴染みだった戯孟と偶然再会し、その後戯孟に常に付き従い厚い信頼を得ている忠臣である。
 丁信は賊徒の頃から武勇に定評があった。大熊を片手一本で振り投げたとか、虎と三日三晩対峙した挙句虎の方が参って逃げたという逸話は広く知られている。彼はまた忠に堅く義に厚い男で、かつて戯孟が敗走の途中に敵将と複数の兵に包囲された時に、身を呈して主君を弓矢から庇い、血路を開いて無事逃げ切ったという武勇伝もある。そもそも出奔して山賊紛い等をしていたのも、賄賂などで宦官に媚諂う実父の心根に義憤を感じ、宮廷の性悪の根源を絶たんと勇士を集めて密かに決起する機を狙っていた為であるという。
 兎も角も、「宵黄有らずば、今()此処に在らじ」―――丁信がいなければ自分は今こうしてここに生きて在なかっただろうと戯孟をして言わしめる豪傑であった。
 丁信は雄叫びを上げて襲い掛かる尭兵を次々に大矛で真っ二つにし、時には串刺しにして、兵士の波をかき分けてゆく。その勇猛果敢な戦いぶりを見て兵卒等も励まされ士気を高める。我も我もと続いて突撃した。
 逆に、丁信の迫力と慶兵の勢いに尭兵は怯んだ。
 味方兵の士気を鼓舞し、同時に敵兵の士気を殺ぐ―――このような心理的効果も戦には重要な一手だ。

 ―――この一局、慶侯軍の優勢で終わるな。

 ウーミンは胸内でひっそりと呟いた。
 はじめから押されていたわけではないし、そもそもからして兵の数と練度に大きな差がある。
 しかし解せないのは、何故わざわざ城から出てきたかということだ。まともにぶつかれば劣勢は火を見るより明らか。これではまるで死に来ているようなものだ。軍師の有無にかかわらず、この程度のことなら子どもでも分かるはず。

 ―――何か裏があるな。

 ウーミンは戦いながら―――とは言っても真面目に戦っているわけではないのだが―――頭の隅で考える。
 その日の戦いは、誰もが予想した通りあっけなく慶軍に軍配が上がった。




「おかしい」

 幕の内に入ってきた武将達を迎えたのは、その一言だった。
 幕の主―――戯孟はもう一度、今度は唸るようにしておかしい、と不機嫌に繰り返した。

「確かにおかしいですな」

 主と同じ感想を口にしたのは李洵だ。袖を合わせ僅かに眉を寄せている。常に几帳面そうな白皙の顔が、深刻そうに昏く沈むことによって、いつもよりも更に厳粛な面持ちに見える。

「ええ、確かにおかしい」

 これまた同じようなことを呟いたのは、智箋である。
 この時戯孟は軍師として二人の文官を連れてきていた。一人が李洵、そしてもう一人がこの智箋である。
 智箋は字を白暘といい、煌川郡の出身で知恵者として名が知られていた。李洵もまたこの煌川郡の人で、二人は学生(がくしょう)の頃からの知己なのだという。
 煌川は元は紅川と言ったが、この地から多くの智者が輩出されており、また賢人が集うことで有名なことから、いつの時からか「煌星のごとき才人の地」として煌川と呼ばれるようになった。人脈も網の目に繋がっているため、歴史的に煌川出の官吏は数多く、朝廷内では煌川閥ができているほどである。もちろん中には有名無実の者もいるが、李洵が推挙する人材に限ってはいずれも実力派揃いで、そのうちの一人である智箋は特に李洵に劣らぬ才覚の持ち主であった。

「白暘、お前もそう思うか」

 戯孟の声に、智箋は頷きで答えた。

「呆気無さすぎて却って不自然。この兵力差で、真正面から打って出れば、負けを見ることは自明の理。なのに何ゆえ敢えてその手に出たのか」
「うむ」

 戯孟は軽く唸って黙り込んだ。智箋は眼差しを強め、先を続ける。

「この裏には何やら策謀の匂いがいたしますな」
「そうなのだが・・・・・・その肝心の策謀とやらが全く見えてこぬ」

 あるいはひょっとすると、策を立てたのが実はずぶの素人で、却って踊らされているというだけのことかもしれない。しかしやはり、あの張斯が重要な関所の護りをそのような素人に任せるとはどうしても考えられなかった。
 はかりごとがそこにあることははっきりしているのに、内容は皆目見当がつかない。このようなことは初めてであった。
 李洵が重々しく口を開く。

「真意が分からぬ以上、ここは慎重を期すべきですな。敵方が我等の油断と慢心を待っているとも限りませぬ」
「念のため夜襲に備えておきましょう」

 胸の上で拱手を掲げそう建言する二人に、戯孟はいまいち冴えない声で、そうだなとのみ応じた。
BACK MENU NEXT