勝利の夜は時に騒がしいものである。各たる武将をはじめとして、兵卒たちがわいわいがやがやと楽しげに酒を酌み交わし、大いに盛り上がるからだ。
 己の武勇伝を赤ら顔で自慢げに披露する者もいれば、故郷で待つ家族のことをしんみり語る者もいる。さすがに軍律が厳しい中で暴れ出す者などはいないが、そこら辺で船を漕ぐ者や、調子に乗って燥ぐ者は少なくない。しかし如何せん、むさい男しかいない光景は、はたから見るとなんとも暑苦しいばかりである。だがそこは男にしか分かりえぬ楽しさというものもある。殺伐とした現実に身を置くからこそ、そこに刹那の命の輝きを見る。生を謳歌する。そうして再び生死の境に立って闘う。今日は生き残った。明日は死ぬかもしれない。その合間の、達成感と感傷の一時、あたりは熱気と陽気に溢れて返っていた。
 その中でウーミンは一人、外でぶらぶらと歩いていた。
 夜風にでもあたろうと、それまでいた幕からそっと抜け出してきたところだった。
 幕の内は人いきれで熱苦しいくらいだが、外は夜というだけあってひんやりと涼しい。酒を嘗めて程よく火照った身体には、その冷涼さが心地よい。
 犇めきあう天幕の間を縫いながら、夜空を眺めつつ、口笛などを吹いたりする。
 酔ってはいない。足取りも頭もはっきりしているし、顔色も素面同然である。暖かな朱金の光が零れる幕からは時折どっと笑いの沸き起こったり、歌などが聞こえてきたする。
 その楽しげな様子に、ウーミンはふと口元に微笑を浮かべた。

「おい、ウーミンじゃねぇかぁ~?」

 丁度通り過ぎようとしていた幕の入り口際から、呂律の回らぬ声で呼び止められた。目をやると、顔面を真っ赤に染め、へべれけ状態になった男が顔を覗かせている。
 確か何某と言ったか、何度か話をした記憶がある。ウーミンは軽く手を上げてやあと挨拶した。男は酒に呑まれてへろへろになりながらも声を掛けてくる。

「なにしてんだぁ?」
「ちょっと酔い覚ましにな」
「んだ、つまんれぇ。宴は始まったばかりだぜ」

 始まったばかりで男はもう大分出来上がっている。ウーミンは苦笑した。

「あんまり飲みすぎるなよ。明日もあるんだからな。二日酔いで足元が覚束ないってんじゃあ、慶侯兵の名が泣くぞ」

 わかってらよぉ、そんなこたァ―――と男は全く説得力の無い声で笑った。そして乾杯でもするように盃を掲げて、

「おい、こっち入れよ。一緒に飲もうぜ」

 そう言うと、ウーミンの応えを聞く前に幕の中の人間に顔を向け、おーい、ウーミンがきたぞーっと大声で叫んだ。
 するととたんに中から、入れや飲めやの声が殺到する。あまりの大合唱に、さすがに断りきれずにウーミンは再び苦笑した。
 促されるままに中に入ると、どっとむせ返るような熱気と酒気が押し寄せてくる。見れば、男だけでなく皆殆ど出来上がってしまっている状態だった。
 入り口近くの適当な空間に座ると、右隣の男が盃を渡してきた。それを礼とともに受け取れば、今度は酒を注いできた。

「おうウーミン、よく生きてたなぁ。おめぇみてぇな間抜けな野郎は、てっきりもう死んじまってると思ってたぜ」

 酌をしながら気さくに話し掛けてくるのは同じ隊伍の男である。伸びっ放し伸ばしっ放しの鬚のせいで一見にはそうと判じがたいが、まだ若く、ウーミンとさほど変わらない年齢だったはずだ。
 そんな青年兵に軽く笑いかけながら、

「おかげさまでまだこうしてちゃんと生きてるさ」

 片足を軽く上げて指差す。青年が年齢に合わず豪快に笑った。するとまた他のところから声があがる。

「そうそう、だってこいつ今日俺の足引っ張ってよう。危うく殺されかけたんだぜ」
「俺なんて横から思いっきりぶつかって来られたんだぜ。全く、悪運だけは強いよなお前」

 散々に言われまくる。だが悪意というよりはむしろ親しみと揶揄いの籠った文句に、ウーミンは酒を飲みながら笑顔でそれを受け流していた。
 仲間達はなおも口々に言う。

「色男、金と力はなかりけりってか?」
「ああ、お前貧乏そうだもんなあ」

 どっとみなが爆笑した。あちらこちらでちげぇねぇ、と賛同の声があがる。

「貧乏とはひどいな。でも色男ってのはうれしいねぇ」

 ウーミンはまんざらでもなさそうに顎を撫でる。二十歳も半ばを過ぎた顎には、残念ながら男の勲章たる髭は一本も生えていない。自分としては多少は髭があった方が男ぶりが上がり箔もつくだろうと思っているのだが、どうも遺伝的な体質らしく、毛穴が狭いのか生えてくる毛は一本一本がひょろひょろと薄く細い。なので生えてもいまいち迫力に欠け、却ってどうにも情けない感じになるのだ。それでも一時期は頑張って伸ばしていたのだが、あまりの似合わなさと輪をかけた貧弱さに我ながら涙が出そうだったので、以来剃ることにしていた。幸いと言うべきか、伸びるのに恐ろしく時間がかかるため、一度剃ってしまえばしばらくは生えてこない。剃り痕も見えないので、時に宦官かと嗤われることもあった。
 しかし髭面ばっかりの周りを見ているとやはり物足りなさを感じてしまう。女は髪と言うように、やはり男といえば髭だよな、と髭に対して妙な憧れを持つウーミンである。

「どうせ故郷に恋人の三人や四人、七人や八人はいるんだろ?」
「いや、多すぎだろ・・・・・・そんな遊び人に見えるかな」
「見える」
「即答かよ」
「何人泣かせてきたんだ、この野郎」

 ウーミンは小首を傾げて意味深に含み笑いをする。
 確かに女にはもてる方だ。ウーミン自身かなりの色好みで、道行く女達を軟派したり夜の街に繰り出して遊ぶことは多い。基本的にすべての女性に優しくが信条で生きている。彼女たちの好みそうな言動も、もちろん無意識ではなく意識的にとっている。そこはまあ駆け引きというものだ。だが別にこちらからあえて近づかなくとも向こうから勝手に寄ってくるし、袖引き誘われることも少なくなかった。

「な、な! どんな女が好みなんだ?」
「何が?」
「だーかーらー! 好みだよ好み!」

 口を尖らせて酒の匂いを撒き散らすその男にウーミンは苦笑し「さぁな」と答える。女は好きだがそういうことを他人に語るのは性分ではない。というより基本的に来るもの拒まずで、気が乗らなければあっさり断るし、こだわりがないので答えようがない。要するに女の天敵、下衆なのであった。だがそれを好んで言い寄ってくる女が多いことも事実。
 とはいえども結局は特定の恋人が居るわけでもない、寂しい男の独り身生活なのであった。
 そんな話になったせいか、しばらくは家族の話や恋人の話、または有名な妓女の話などで盛り上がる。

「にしても戯大人はよく今回の遠征に踏み切ったなぁ」

 ウーミンの左隣にいる男がぐいっと杯を仰ぎ、不意に思いついたように言葉を吐いた。
 無精ひげを生やした痩せこけた男である。といっても、ここにいる大半が痩せこけた者ばかりなのだが。
 男は大分酒が回っているようで、目がとろんと据わっているが、思考力はまだ完全には失われていないようで存外口調はしっかりしていた。

「ああ、なんのことだぁ?」

 こちらはまったくよくわからないといった風に問い掛ける男。無精鬚の男の言わんとしていることが―――おそらく酔っているのを抜きにしても―――理解不能なのだろう。
 同意を示す者も中にはいたが、大体は問い掛けた男と同じ気持ちらしく、疑問を浮かべている。
 彼はそんな仲間の赤ら顔を見廻しながら説明する。

「だってよ、考えても見ろよ。今この大陸に君臨している勢力はいくつだ? 五つだぞ五つ。一つは俺等で、もう一つは今戦っている尭で、それを抜いたとしても残り三つ。しかもどいつもこいつも相手の隙を狙って食いかかってやろうとしてんだぞ? こんな遠征なんかしてたら、背後狙われて挟み撃ちの絶好の機会だぜ。下手すりゃスッカラカンの本拠地を獲られちまうかもしんねぇじゃんか」

 ああそういやそうだなぁとの相槌がちらほらと聞こえてくる。

「俺にゃあ戯大人や上の奴等の考えてることはわかりゃしないが、大丈夫なのかねぇ」

 男は怪しい手つきでずずっと酒を啜り、また瓶首を掴んで酒を注ぎ入れようとする。と―――

「大丈夫さ」

 ふいに響いてきた涼しげな声に、思わず手を止め顔を上げる。そんなに大きな声だったわけではないが、何故か皆一瞬気をとられた。
BACK MENU NEXT