「ウーミン?」
 
 断言したのはウーミンだった。先ほどと変わらぬ体勢のまま、ちびちびと酒を嘗めている。その口元には薄い笑みが浮かんでいた。
 無精鬚の男を含めた全員が驚きと意外さで目を丸くする。何を根拠にそう言うのか。みんなの足を引っ張り、運だけで生きてきたような間抜けな奴が―――そう言わんばかりである。
 しかしやたら自信ありげな表情のウーミンに、中年男は尋ねる。

「何でそう言い切れる?」

 何やら難しい話になりそうだと感じ取った他の者達は、すぐさま興味を失ったように自分たちの会話を再開した。込み入った話は聞いたところでよく理解できないし、知ったところで自分達には関係ない。所詮一生覗くこともできず手も届かぬ雲の上の話。今はそんな、ある意味現実的なことよりも、ただ酒を楽しみたい。
 そうした仲間達を尻目に、二人の問答は続く。

「恐れる理由がないからさ」

 ウーミンはあっさりとそう言った。瞼を伏せ、やや顔を俯かせて酒盃に口をつけている。その唇は相変わらず笑んだ形のままである。目は盃に並と注がれた、濁ごった液体の揺らめきを見つめていた。
 わけがわからずにますます眉を寄せる男に、ウーミンは瞳だけを動かし、上目遣いに視線を合わせる。その眸には、いつもの彼とは違う、冴えた光があった。

「理由がないってぇ?」

 上手く回らない舌で、疑わしげに言う男。

「ああ」
「だ、だってよぉ。祁とかはどうすんだ?」
「祁侯は動かない」

 ウーミンは軽い口調で言い、盃を仰いだ。
 あまりにも断定的な物言いに、男の眉がより訝しげに顰められる。

「皇甫圭は優柔不断のくせして無駄に疑り深い男だから、どうせ要らん深読みとかしてすぐに攻撃には踏み出せない」

 何ということもなしにウーミンは答えた。
 男は瞠目する。顔は赤いままだが、頭のほうは酔いが覚めたようで、今度ははっきりした態度でウーミンのほうに身を乗り出してくる。

「じゃ、じゃあ胡は? 喬だって黙っちゃいねぇだろ」
「今の胡侯にそんな余裕はないだろうな。先だって胡地で太陽道の残党による大きな反乱があったろ? 結局鎮圧には成功したが、あれで大分損害を被ったからな。しかもその反乱に触発されて、先住の民や山賊の蜂起も小規模に頻発している状態らしい。内も掌握しきれてないのに、またここらで外に出兵なんかすりゃあ、それこそ叛乱分子の思うつぼ。これ以上荒れれば農民の不安と不満も膨れ上がって第二第三の叛乱分子ができる。それに金の問題もあるしな」
「金?」
「戦っていうのは、兵糧は馬鹿にならんし、やたらと金がかかる一大行事だからな。なかなかそう何度もできやしないのさ。再び反乱を起こさせないためにも、今は内治を徹底するべきだ。あそこの呂伯は外事よりもむしろ内政が得手だと聞くから、しばらくはそっちに専念して土台固めをするだろう。あとは喬侯だが―――計算高い戯子明のことだ、どうせ同盟とか持ち掛けてんだろ」

 曲りなりにも己の主君を呼び捨てである。恐れを知らない男だった。

「同盟?」

 何やらつい今しがた恐ろしい科白が耳を過ぎった気がするが敢えてそれは聞き流して訊き返す男に、ウーミンは頷く。

「ああ。大方、獲った領地を5分しようとか何とか餌で釣ってんだろうよ。何しろ喬領は縄張りが小さいからな、資金源の税収も減るし得られる作物にも限りがある。ただでさえ土壌に恵まれない貧乏領主だ、土地といったら喉から手が出るほど欲しいだろう。孫胥はいかにも人徳ぶってはいるが、実際のところはかなりの野心家だ。半分ずつ山分けだから慶との差は縮まらないが、胡領に匹敵するぐらいにはなるだろう。そうすりゃ胡侯が黙っちゃいない。呂伯は臆病だからな」

 思わぬ単語を聞き、中年男は目をぱちくりと瞬かせた。

「臆病? んなタマかよあれが。臆病者小心者なんてこのご時世じゃ生きていけねぇぜ」

 ウーミンは逆さ、と言って目を伏せた。

「臆病だからこそ生き残れたんだよ。臆病ゆえに物事に対して慎重になる。敵に対する警戒心が強く、獲物を狙う視線に敏感で、やられる前にやってやろうと思うんだ。だから先手を打つのも早い。自己防衛能力が極めて高いんだ。内政に優れているというのもそういったことに因るんだろう。不安の要素は芽のうちどころか種のうちに掘り出さないと夜も寝られないってわけ」

 男はすっかり気を抜かれ唖然としている。盃を運ぶ手も途中で止まっていた。
 ウーミンは立てた片膝に酒盃を持つ手を置いたまま、もう一方の腕を後ろについて緩く体勢を崩した。
 軽く息をつき、のんびりとした口ぶりで続ける。

「さっきも言ったように孫胥は野心家だ。今まで弱小と侮っていた隣人が急に自領と同じくらい敷地を広げる。しかも勢いもある。臆病者の呂伯に警戒するなというほうが無理だろう。勿論喬だってもし新しい領地を併合したら、しばらくは不安定だ。民政を整備しなければいけないし、人心を掌握する必要があるだろうから、しばらくは統治に力を入れなきゃいけなくなる。呂伯が先手を打つべく動くなら、そこだろうな」
「・・・・・・・」
「まあ喬侯はそうした慶侯の思惑も見透かしているだろうが―――まあ胡侯ともいずれは戦わねばならぬ敵同士。早かれ遅かれそうなっていただろうから、特に断りはしないんじゃないかな。というより、喬侯は胡侯が攻めてきても負けない自信があるんだろう」

 言いながら心中で呟く。

(何せあそこには、超自信家の“天才軍師”がいるしな)

 ウーミンは閉じていた瞼を僅かに開く。一瞬閃いた鋭い光は、だが瞬きとともに消えた。

「喬胡間の勝敗は兎も角、そうなれば慶侯としても万万歳。両者が争って一方かあるいは共倒れでもしてくれれば宿敵が減るし、あわよくば漁夫の利も狙える。まあ、そううまく事が運べばだがね。想定外の事態が起きれば話は一変する」
「だが、他侯同士がやっぱり同盟していたら・・・・・・? 喬侯が裏切るとかさ」
「喬侯は曲がりなりにも徳を『売り』にしているし、それに惹かれて集まってきた人間で成り立っている。裏切るなんてことしたら人心が離れていくから、そんなことはしないだろう。祁と他勢力の同盟はまず考えられないな。例によってどっちつかずな皇甫圭がなかなか首を縦に振らないオチだ。残るは胡と尭だが・・・・・・こればかりはなんともいえないな」

 ウーミンは言葉を濁した。そう、これが『想定外の事態』なのだ。胡が尭と同盟しても大して利があるとは思えない。だが全くありえないとも言い難い。もし慶侯が喬侯に持ち掛けたように、尭侯が胡侯に慶の領土を餌に焚きつけたとしても、目下、自領の平定にさえ額に汗を浮かべて奔走している胡にとって、現状これ以上の土地を欲することはないだろう。動機にするにはいささか弱い。利点と言えばせいぜいが敵勢力を一つ消せるくらいだ。しかし、同盟すれば確かに独力で戦うよりも負担が軽くなるとはいえ、負担は負担。財政をひっ迫させ、領内の騒乱の危険をおかしてまで胡侯が動くだろうか。それとも他に何かがあるのか。

「・・・・・・俺だったら何もしないで成り行きを見守るけどな。よくすれば共倒れだし」
「お、おい」

 さらりと放たれた言葉の内容に、男がうろたえる。下手をすれば不敬罪にも問われかねない発言である。『上』の耳にでも入ったら大変だ。男は思わず入り口の外を振り返る。
 一方、当のウーミンは気にした風もなくあっけらかんと続けた。

「ま、これはあくまで憶測だ、憶測。もしかしたらもっと頭のいいやつが、俺なんかにゃ考えも及ばないもっと賢い作戦を考えているのかもしれないさ。さぁ、折角の夜なんだから、こんなきな臭い話はおいて、飲もうじゃないか」

 一転ぱっと表情を明るくして、半分空になっていた男の盃に酒を注ぐ。その瞳にはもう先ほどのような理知の光はなく、いつもの抜けていて飄々とした一兵士に戻っていた。
 男はホッとした様子で「そ、そうだな」と応じ、すっかり止まっていた手の中の盃を動かす。何杯目かですぐにまた酔い始め、先ほどの話は頭から綺麗に薄れていった。
 しかしウーミンは、男の盃に酒精を注ぎこみながら別のことを考えていた。
 今日の戦いはやはり腑に落ちない。なぜ干卷はわざわざ自ら負けるような行動をとったのだろうか。何か裏があると思うのだが、どうにもそれが読めない。
 干卷自身の考えか。いや、噂を聞く限りではあの男に細かい策謀などは練られない。もっと別の誰か、優劣は別にしても誰か献策している者がいるはずだ。しかも一見無謀のように見えるが、実はとんでもない切り札を隠しているような。
 尭の高名な軍師といえば趙叡(ちょうえい)か、それとも高允(こういん)か。いや、彼らはいま尭の州都寿陽で内政方に回っているはずだ。
 では誰か。そういえば尭侯は外部からも政務や軍事の顧問を招くことがあるとか。
 その時ウーミンの脳裏に、一つの名前が過ぎった。最近耳にしたばかりの、胡侯の智嚢。

(まさか、な・・・・・・)

 ウーミンは口顎に手を当て、考え込むように目線を落とした。何故その名が浮かんだのかは自分でも理解できなかった。一種の直感というやつだ。外部からの人材招聘と、尭と胡の同盟という先ほどの言から無意識に繋げたのかもしれない。しかし、確証もない接点で、かの人物を結びつけるのは無茶である。
 とりあえず黒幕については後回しすることにする。知ることができればその人物の性格などから鑑みて立てうる策を推し測ることもできるが、別に知らぬままでも状況から予想をつけることは不可能ではない。
 さて、一体何を考えているのか。何がしたいのか。何を狙っているのか。
 こちらを油断させようと言うのか。それにしてはちょっと策が無謀すぎるし、お粗末ではないだろうか。それとも心理作戦ではなく、もっと物理的なものということか。

「いや、まてよ?」

 はた、とある事に思い当たり、ウーミンは顔を上げた。今何かが引っ掛かった。

(地名―――いや、『伝説』か?)

 西側山腹に陣を構えた敵。東側に慶陣。洟水。連なる岩山。地形。落石。
 川に沿って敷かれた陣営。篭城しない尭軍。見えない罠―――

(もしや)

 ウーミンは盃を口に当てながら目を眇めた。
BACK MENU NEXT