夜が更けてから大分経っていた。時刻はそろそろ二更(午後10時)に達そうかというところ。
 険峻たる山谷に囲まれた峰路関は重苦しく沈黙し、ひっそりと古の趣を湛えている。戦場となっている荒野は、昼間の喧騒が嘘のようにしんと静まり返り、いっそ不気味なほど寂寥としていた。
 その中、東を流れる河辺だけが、ささやかに活気づいて明るかった。
 常ならばこの程度の勝利―――果たしてこれが勝利と呼べるものなのかは分からないが、とりあえずそう表現すると、この程度の勝利でいちいち酒宴などは開かない。気が緩んだ隙を突いた奇襲は古来よりよくある兵法だ。
 だが夕燕城から約一ヶ月、峰路関まで休みなく行軍して来たため、今宵は兵士達を労い、また明日からの戦いに備えて士気を上げるために、戯孟からの特別な配慮で酒が配給された。
 これに兵士達は大いに喜び、振舞われた酒を遠慮なく味わって、それぞれに盛り上がっていた。
 いつもならば就寝の規定時間を越えても宴はまだ終わる気配を見せておらず、慶陣営は多数の男たちの声で賑わっている。ウーミンは頃合を見計らって宴幕からこっそり抜け出すと、きょろきょろとあたりを見回し、人目につかぬよう身を低く下げ、陣営の外れまで走った。
 外は一面の暗闇である。天幕の間近くでこそ灯りが絶やされることなく点されているため昼のように明るいが、一旦幕の群から離れてしまうと、後はもう山間の筒闇が広がるのみである。
 気配を巧みに消し、暗闇に身を溶け込ませる。衛兵牙門兵を含め、誰一人その存在に気づく者はいない。
 慶軍の陣営は河を背にしている。河岸には細く背丈の高い青草が群生しており、めぐらした陣営の木柵の南側一辺がそこに接していた。
 野戦の陣営を構える上で重要となるのは、飲料用の水源の確保と、軍馬の餌や燃料にするための草、同じく燃料用や資材となる木である。この場所はその条件のうちの二点を満たしていた。
 また河川は運搬手段としても使えるので、特に兵糧の如何が重大となる遠征軍にとっては命綱ともなりうる。
 洟水の本流にあたる長河は、黄江に並んで大陸二大河川のひとつであるから、複数の拠点から兵糧確保やその他資源の調達も頼めるし、融通が利くのである。たださすがに洟水もこの上流まで来ると流れが急で、重い荷を乗せて遡ることは困難ではあるが。
 多少難を言うならば、洟水付近に台地か丘陵があればなお良かった。これもまた兵法に、基本的に低地は防御力に乏しく、水浸しになる可能性があるので適さないとされているからだ。だがそれほど都合よく好条件な立地があるわけではない。代わりとして慶軍は築営の際に、掘り出した塹壕(陣営の周りに掘り巡らした堀)の土を積み上げて土台を高くし、その上に幕舎を立てた。環境が適合しないのならば、適合する環境を人為的に作るのも、戦である。
 ウーミンはその陣営の南の柵脇までくると、手に持っていた長兵の矛―――これもまた武器庫からくすねてきたものである―――を構えた。
 助走をつけて穂先を地面に突き立て、重心を移動させながら地を強く蹴って跳躍する。言うなれば棒高跳びの要領である。
 そのまま反動を利用し、軽やかな身のこなしで柵ごと塹壕までも越える。矛は手放さず、一緒に柵の外まで持ってくる。手を放して物音が立つのを防ぐためだ。
 そして肩ほどの高さのの草むらに身を沈め、手際よく身につけた鎧を脱ぎ始めた。一つ一つの動作に音はない。呼吸も緩やかに静寂に同化させていく。輪郭が溶け、闇との境界が曖昧になる―――そんな感覚を、ウーミン自身、手を動かしながら感じていた。
 己のやっていることを誰かに見咎められたら命はない。にも関わらずウーミンに気負った風はなかった。手早く戎衣のみの身軽な恰好なると、万一にも見つかって脱走兵騒ぎにならぬよう武具は草陰に隠し、叢からそっと忍び出た。顔を仰ぎ、陣営の望楼(かんし)を確認する。中にいる兵は退屈そうにぼんやりしている。
 楼閣の上にいる物見の兵に気づかれぬように周囲へ細心の注意を払いながら、ウーミンは闇へ向けて地を蹴った。
BACK MENU NEXT