峰絽関はここへ至るまでの道を除き、四方を山に囲まれている。兵法でいうところのちょっとした『天井』の地である。天井とは、四方を聳える壁に囲まれ、井戸のようになった地形のことをいう。北側の一部は山峡澗になっており、慶軍はそこから進軍して来ていた。
 関所自体は南側の山の中間に位置しており、山を越えた更に南が研州となっている。
 ちなみに洟水は南の山を水源としており、関所の横を北進して流れているため、尭軍が水に困ることはない。高台や山岳に陣を据えることは、敵の陣営内を一望できるという利点があるが、時に水源の乏しいことが弱点となる。この場合は攻め手は大抵は水源を敵から断ち切り、敵の衰弱を狙うという方法を取るのだが、尭軍にこの手は使えなかった。
 干卷率いる尭軍陣営は西の山に陣営を構え、その眼下の傾斜は他と比べるとかなり緩やかになっている。恐らく関所への道として人工的に作った登り口なのだろう。
 つまり尭陣営に攻め込む、もしくは関所を通過するには、西側の坂から登るしかない。それ以外の山の傾斜は、ほぼ地面に垂直の絶壁であるから、とても馬で登ることはできなかった。
 西の一部を除いたそれらの急峻の足元には鬱蒼と葉を茂らした樹々が点々と広がっていた。森というほどではないが、山裾に沿って帯状に成っている。一旦その山林の内に入ってしまえば、外からはそう簡単には見つからないだろう。
 ウーミンは方角で言えば北西へ―――尭軍の陣営の直下にある緩い斜面ではなく、右にずっと逸れた方を目指した。遠目に、夜闇に黒抜きされた林の輪郭がぼんやりと浮かんでいるのが見える。
 深夜の林は不気味に静まり返っている。一旦踏み込めば方向感覚が狂って迷って出て来れなりそうだ。好き好んで近づく者はおそらくいないだろう。
 木々の合間の筒闇にうごめく気配を感じるような錯覚に捕らわれる。時折風に揺れる枝々が、まるで別の生き物のように見えることもあるかもしれない。またはさやさやという葉擦れの音が、此の世ならぬ生きものの声に聞こえることも。
 ウーミンは臆することなくひたすら奥へと分け入った。
 麓というよりは絶壁の崖下まで来ると、立ち止まって上方をぐるりと見回す。
 首を戻し、束の間逡巡する。
 それから再び上を仰ぎ、両手を胸の前で軽くこすり合わせると、軽く地を蹴って跳躍した。
 傍の樹の枝を掴み、その枝を軸にくるりと逆上がりをして、枝の上に飛び乗る。更に上方の枝を目指し、同じ要領で移動していく。
 三、四回繰り返すと、あっという間に天辺近くの枝に辿り着いた。目先を横に移せば、闇の中にごつごつとした岩肌が浮かび上がっているのが薄っすらと見える。
 今宵は朔。新月の夜であり、あたりを照らすのは瞬く星の光だけ。夜の活動にはかえって好都合だ。闇が濃ければ濃いほど紛れることができる。月明かりの強い晩だとひとに見つかってしまう恐れがあった。
 人が暗闇を恐れながらもどこか不思議な安堵を覚えるのも、あるいは己の身が他人の目から隠されるからなのかもしれない―――などと取りとめもなく思うウーミンの瞳には、目指す目標地点がはっきりと捉えられている。
 幸いこの暗闇でも夜目は利くので動くのに大した支障はなかった。
 ウーミンは枝の上に直立すると、袖口から一振りの匕首を取り出した。細身の短刃は鞘にも何にも包まれていない抜き身である。
 一見すれば護身用程度の懐剣だが、その強度は比較にならない。薄刃の頼りない見てくれに反して、かなり信用できる一物だ。匕首を右手に下げ持ち、膝を伸縮させて己が今立っている枝を揺らした。その振動に葉擦れが鳴り、うち何枚かがハラハラと下に舞い落ちる。ある程度揺れの幅が広まったところを見計らって枝を強く蹴り、それを反動にして、「よっ」という掛け声とともに高く飛んだ。
 岩肌と樹との間には幅があった。が、ウーミンはそれを軽々と飛び越え、岩肌へ匕首を両手で思い切り突き刺した。
 ガキンという強い音に続いて、耳障りな響きが尾を引く。さすがに短剣一本で全体重を支えきるのは難しかったか、重みに引きずられ刃が岩壁に深い溝を刻んだ。しかし一時だけ体重を支える時間があるば十分。
 ウーミンは落下の速度が緩やかになる一瞬を狙い、柄から左手を離すや適当な岩の出っ張りを探って掴んだ。一度そこで一息つき、今度は爪先で取っ掛かりを探す。足掛かりを見つけた後、突き刺していた匕首を引き抜いて、更に上方へ突き立てる。柄を握りなおし、右手一本で身体を引っ張り上げ、同時に次の足場を確保する。その作業を繰り返し身軽に岩肌を登り始めた。
 ほどなくして岩棚の上に辿り着く。一帯は自然の為せるわざか、山肌に階段状に崖ができており、その一段一段が幅広い山道を成していた。段崖の上で横一列に並べば、大の男でも5人は余裕だろう。
 頤を上げるとここからでも敵陣がよく見える。あともう三段ほど上に行けば、同じ目線になるだろう。  しかしウーミンはすぐに上を目指さず、まず足元を素早く観察した。崖下には先ほどの林が鬱蒼と影を伸ばしているのが見える。大分小さくなっており、目測で四引強(約100m)は登ったと思われた。
 あらかた現在位置を確認すると、ウーミンはおもむろに聳え立つ岩山に手を触れた。ごつごつした手触りが返ってくる。まだ寒い時期ではないが、岩肌の表面はひんやりとしていた。
 それを手の甲で叩く。こんこんと軽く二度ほど。触診をする医者のような手つきで岸壁に触れたかと思えば、耳を当ててみたりする。更には地面に四つん這いになって、落し物でも探すように這い回り、再び地に耳をつける。
 一見異様な光景であるが、当の本人はあくまで神妙な顔つきで作業を進めてゆく。
 やがて気が済んだのか立ち上がると、今度は駆け足で崖道を南に辿り始めた。―――尭軍陣営側へと。




 多くの生き物が眠りにつく夜はひどく静かだ。そのくせどこかその静けさが耳につくように思うのは、夜中にも活動する鳥蟲がいるせいか―――それとも、目には見えない何かの声なのか。
 闇が重くのしかかってくる。濃密な夜の匂いを感じる。時折夜露を含んだ緑の芳香が鼻をくすぐる。
 ふと、遠くで獣の咆哮が聞こえた。顔だけ振り返る。野犬か狼だろうか。もしかしたら山野を渡る風の音かもしれない。
 が、すぐに興味が剃れたように、前へ向き直る。
 視覚が封じられている分、他の感覚が通常より鋭敏になっている。
 そして視覚が使えない分、それらの感覚だけが頼りである。
 だがそうすることで、逆に目を使うよりも不思議と物事がよく視えてくる。物事の本質を、明確に視ることができる。
 人間の感覚の大幅を支配するのは視覚であるという。それだけ普段人間が目に頼りすぎているのであり、そして目に見えることに惑わされているということなのだろう。視覚を使わずに、他の感覚で物事の本質を見極める―――それを『心眼』と表現したのは誰だったのだろうか。
 ひたすらに感覚だけを研ぎ澄ます。この暗さの中で頼れるのは自分の感覚だけ。視覚以外の、聴覚、触覚、嗅覚―――そして第六感と呼ばれる直感。今まで積み重ねてきた経験に基づく知覚で今を判断する。
 夜の山道はそこここに危険が潜む。一歩先は文字通り暗闇のため、いつどこに何が待っているかわからない。いくら夜目が利くとはいえ限界というものがある。
 それでも危うげない足取りで駆け進む。そして走りながらでも至る所に掌を当て、時々立ち止まっては地面の状態も見る。繰り返しやっているうちにある場所へ到達して、不意にウーミンは足を止めた。
 上を仰ぐ。
 視界には墨を流した漆黒が広がっているだけで、他は何も見えない。
 だが、彼はそこに視た。おもむろに右手で拳を作ると、気合を込めて岩壁に強く打ちつけた。岩が大胆に欠け、大きな円を描くように凹み、罅割れが網目をなして放射状に走る。
 遥か上方で、微かに音がした。
 その音は消えず、むしろ徐々に大きくなっているようだ。
 ウーミンはゆっくりした足取りで、大きく二歩三歩来た道を後退する。顔は依然上を向いたままである。
 カランカランと夜闇に輪唱し、反響しながら次第に近づいてくる音。
 そして迫り来る音の正体が目に捉えられるほどの位置に現れた次の瞬間、強い振動と轟きが己の立つ位置まで伝わってきた。
 跳んでくる破片を避けるため、顔の前を片腕で覆う。腕を下ろし、ウーミンはあちゃあ、といわんばかりの顔でそれを見た。
 岩場の上に着地したそれはかろうじて塊を残してはいるが、回りに砕け散った破片の程から元の大きさよりは幾分小さくなっていることが分かる。
 落石である。いや、最早石という可愛いらしいものではない。
 もっと巨きな―――巌岩だった。
BACK MENU NEXT