落石地点よりどれ程進んだ辺りか、ウーミンは脚を止めた。顎に手を添えて黙考すること数拍、ひとつ頷くと、再びそこから岩肌に跳びついて上昇を開始した。
 コツを掴んだか、先程以上に手際よくするすると登っていく。途中で止まっては手で壁を軽く叩く。木を見つければ、その気の根元の具合や枝の方角などをじっと観察する。その姿はまるで地質の状態を調べる学者のようだ。
 しばらくして、一段上層の岩棚に到着した。
 そこで一度身体の筋をのばすと、再び下にいた時と同じように駆け出す。ただし今度は北に向かってである。下段で南へ移動した距離の分だけ戻る。
 最初に登ってきた北側の始点から尭軍陣営のある南端までは相当な距離がある。移動時間もそれなりにかかる。陣営から抜け出してから、すでに一刻(2時間)が過ぎようとしていた。体内時計で夜明けまでの時間を測る。

―――あまりモタモタしてはいられないな。

 ウーミンは足を速めた。
 岩壁を登って南北を駆け足で往来する。何度か同じ事を繰り返したあと、ようやく敵陣を近くに見れるところまで来た。尭陣営は、慶のそれとは対照的に陰鬱と沈み込んでいるかのようだった。
 何しろ敵は大軍、明日も知れぬ状態なのだ。陽気になれというほうが無理だろう。
 一通りそんな感想を抱きながら、視線を移す。峰を仰げば、かなりの高さを登ったにもかかわらずまだ頂は遠い。それでもここまで来ると、いくらか山らしい様相を見せ始めている。傾斜に沿って嶺まで木々が縦横無尽に立ち並ぶ。獣道のようなものも微かだが視て取ることができた。重量のある獣が生息しているということだろう。
 ウーミンは敵の斥候(敵状や地形などを偵察・探索する少数の兵)に見つからぬよう注意して、極力自身を闇黒に溶け込ませながら、地形や岩壁の状態を探る。敵陣ぎりぎりの危うい境界まで来て、そこから再び上昇を始めた。前までとは違って今回は木々があるので、比較的登りやすい。
 ここからは一本道ではない。道らしき道すら望めない。
 ウーミンは迷わぬように地形や樹木の配置を頭に入れながら、慎重に進んでいく。主に登山方法は木から木へと飛び移ることなので、歩きよりは苦労はしないし、時間も短縮できるのが助かった。
 途中、いくつかの夜行の獣にあったが、木の上に生息する物はさほど害がない。特にウーミンが気に止めることなければ、大抵は何事もなく通り過ぎていった。例外といえば、たまたま乗り移った樹の虚の中を図らずも覗き込んでしまった際、幼鳥がいたらしく親ミミズクから纏わりつかれそうになったのを適当にあしらって追い返したことぐらいであった。
 やがてある地点まで来ると、ウーミンは再び逡巡するような仕草をした。周辺をぐるりと見渡す。すべて余すところなく目に焼き付けるかのように、凝視した。
 そして一通り記憶に刻み付けたことを確認すると、来た道を戻り始めた。
 そろそろ夜明けが近づいてきていることを、視覚と感覚で感じる。
 恐らく敵も夜通しの斥候を放っているだろう。空が明るんでくれば、闇は消え、自身を人目から護るものがなくなってしまう。そうすれば危険も増える。万一にでも見つかるわけにはいかない。夜明け前には戻りたかった。
 行きの倍の速さで降りてゆく。音は立てないように細心の注意を払いながら、無駄のない身のこなしで滑るように木々を渡り移る。岩肌がみえてきた。此処から先は岩降りになる。
 ところが何を思ったか、ウーミンはおもむろに岩壁の崖端に立つと、躊躇することなくおもいっきり踏み切った。
 足が地を離れ、宙に身を躍らせる。大の字に四肢を広げ、重力に身を預ける。下方から風が吹き上げた。
 眼下に、厳かに聳え立つ絶壁の岩と、遥か底に黒々とした林が顎を開いている。
 ウーミンの身体はその闇の底へと呑みこまれるように一気に落ちていったのであった。
BACK MENU NEXT