翌日は曇天だった。早朝から空には灰色の雲がどんよりと厚く重なり、太陽の光を遮っている。圧迫感は地表に反射して重苦しい空気を立ち上らせ、地上に活動する生物にも影響を与える。
 起床の鼓が鳴り、兵たちはぞろぞろと幕舎から出て来る。疲労かはたまた酒が残っているのかどの顔もすっきりとはしていないが、きびきびとした動作に翳りはない。
 朝餉が済んだ頃に再び鼓声が鳴り響くと、兵士達はそれぞれに戦闘準備に入る。戦場では、(はた)や太鼓の音が合図であり指示である。この戦鼓の連打一通は、歩兵や騎兵の装備の着用を意味した。
 二度目の鼓音が鳴った。戦鼓の再通を聞くや、騎兵は馬に乗り、歩兵は配置につく。
 そして三通目が鳴ると、部隊は決められた順に出発し、指揮の(はた)に従って移動し、幡の後方に集結した。
 更に続く急鼓の音を聞いて陣を整え、ここで布陣は完了する。
 諸部曲の指揮官が、大声で兵曹掾を呼ぶ。自分の指揮下の兵の展開を確認し、報告するよう命を下した。
 この一連の手順が『歩戦令』と呼ばれる布陣の規定であった。指示に従わない者は斬られる。厳格に統制された秩序の元、すべての兵が管理された。
 軍は大きく歩兵と騎兵に分けられる。
 読んで字のごとく、歩兵は矛や弓弩を手に徒歩で進撃し、騎兵は馬に乗りながら攻撃する兵である。歩兵は庶民層の韓族だが、騎兵は騎乗しながら武器を繰るという高等技術を要するために、ほとんどが中上流階級の高官か、夷狄と呼ばれる帝国外の騎馬民族に一任された。
 平生から馬に乗り狩猟と遊牧を生業とする彼ら北方ないし西北の異民族は、しばしば韓の領土を侵す悩みの種であり、朝廷は彼らを蛮族と呼んで蔑んだが、同時にその高い戦闘技能を脅威と恐れた。彼らは騎馬が生活の一部であり、幼いころから訓練を受けている。年端のいかぬ子どもですら馬具もなしに軽々と裸馬を駆り、狩猟や騎射を行うのである。韓人の馬術では遥かに及ばない。手綱なしで弓を引き、素早く自在に移動する彼等の騎馬戦法は最早神業といってもよかった。
 このため朝廷は夷狄をただ駆逐するのではなく手懐けることを試みた。彼らの騎馬戦法は敵に回せば恐ろしいものだが、味方となればこれほど心強いものはない。一口に北方騎馬民族とは言っても実際にはいくつもの族があり、各勢力は必ずしも友好関係にはない。別の夷狄の族衆が襲ってきた時の対抗手段として仲間につけておく必要がある。毒を制すは毒を以ってせよ。そうした政策のもと、懐柔あるいは制圧した民族を騎兵隊として軍に編入していた。
 特に戯孟率いる慶軍の騎兵隊は精鋭と名高く、彼はこの遠征にも、昨年降伏させた北方の狄蚩異(しい)を主力騎兵として連れて来ていた。
 余談だが、戯孟は激戦の末に蚩異を破ると、その素晴らしい技能に敬意を表してその呼称を駛威しい)と改め、捕らえた娑猷単于しゃゆうぜんう(単于は王の意)を解放した。すると娑猷単于は戯孟こそ天下の覇者たるべき明君と称え、族衆を率いて慶に帰順することを誓ったという。
 このような戯孟の器の大きさが兵たちの忠誠心を掻き立て、それによって生まれる結束の固さが慶軍の強さの所以でもあった。人の和は戦を為すに最も大切な要素の一つである。




 そうしてその慶軍30万の一部にウーミンもいた。
 彼が属するのは歩兵隊である。歩兵隊は、まず5人で1組として、これを伍と呼ぶ。伍が2組集まると什となる。什が5組集まって属となり、属が2組集まって伯、伯が2組集まって曲となる。人数で言えば伍が5人、什が10人、属が50人、伯が100人、曲が200人体制となり、それぞれに頭として伍長、什長、属長、曲長がおかれる。曲が隊形の最小単位の塊であり、ここでやっと一部隊となるのである。
 またその一部隊たる曲の中でも、隊列の形を決める基本となるのが伍を五列に並べた方陣であった。
 この五伍25人の区を動かして横列形や縦列形、行軍形などといった隊形の諸形態を作るのだ。兵は戦場で決められた合図に従い、陣形を自在に変えていく。
 更に伍には、それぞれ役割分担がある。一番前の1人が弓弩、次の2人が矛、後ろの2人が戟を持つ。最前の弓弩が“(ふせ)ぎ”と呼ばれる牽制役で、真ん中の殳矛(しゅぼこ)が“(まも)り”という応戦役、戈戟(かげき)を持つ後方が“(たす)け”という援護役を担っている。
 この弓弩1、矛2、戟2の5人が縦一列に並び、同じような列が10組横へ連なれば、最前の横1列10人が弓弩兵隊、次の23列計20人が矛兵隊、後ろの45列計20人が戟兵隊となる。総勢50人。これが属の隊形である。
 そして禦、守、助の三段構えで、敵へ当たっていく。戦法によって多少変化したり工夫されたりもするが、基本的に臨戦はこの体制である。これらの隊形の切り替えなどが素早く的確に行えるか否かは、日頃の訓練や指揮系統の整備にかかっていた。

 ―――と名目上はそう決まってはいても、現実に白兵戦となると敵も味方も勝つこと生きることに必死でごちゃ混ぜに入り乱れてしまう。大きな陣形自体は保守されるが、細かな部分ではそうはいかない。いかに配置を保つかが戦場では勝敗を決めるので、練度の高い兵ほど乱れが少ないものだが、死んだり負傷したりすれば当然穴が空くので、常にこの隊形を守ってくのは至難の業だ。
 だが逆に言えば、多少乱れてくれた方がウーミンには丁度よい。そうであるからこそ、誰にも見咎められず工作できるというもの。
 ウーミンの位置は隊列の左端。属の中間部にあたる隊伍の矛組である。ただいつでも戦闘の初っ端から武器を失くすので、あまり矛兵の意味はない。
 眠たそうに目を擦り、欠伸を隠そうともしない。上官に見つかればただでは済まない。
 それに気づいた兵卒の一人が、ウーミンの脇を肘で小突きつつ声をかける。

「よ、ウーミン。昨日はどうしたんだ? なんか途中からいなかったが」

 ウーミンはいまだ夢の中みたいな眼を向け、ぼんやりと答える。

「ああ・・・・・・なんかよく覚えてないんだけど、どうもオレ酔っ払って外にふらふら出た挙句その辺で寝ちったらしいんだ。朝起こされてみて吃驚仰天さあ。おかげで大目玉食らっちまったよ」

 小首をかしげ頭を掻くウーミンの額には、見事なタンコブができていた。
 そんなウーミンに笑いながら一言、お前ってほんと馬鹿だよなあと放ち、兵卒は慌てたようにさっと直立不動の姿勢に戻った。そのすぐ横を上官が通り過ぎる。
 そんな仲間を見やりながら、ウーミンは密かに苦笑いした。軽く額の腫れに触れる。本当は昨日飛び降りた際に着地に失敗してできたものなのだが、いい誤魔化しになった。実はウーミンはほんのついさっき―――起床を告げる太鼓の鳴る直前に、ようやく戻ってきたところだった。あの後も陣営に直帰せずあちこち飛び回りながら『準備』に思ったより手間取ってしまい、気づいたら暁を迎えていたという有る様だった。おかげで一睡もしていない。先ほどから連発している欠伸や寝ぼけ眼はそのためだ。

(久々に扱うもんだから、もたついたな)

 僅かに黒く煤けた己の右手をちらりと見やって、うーんと唸ってみる。
 が、いつまでもそんなことはしていられない。号令が掛けられ、兵卒たちが一斉に背筋を伸ばす。
 開戦だ。




 鬨の声が山谷に響き渡る。何十万という人馬の駆けて行く跫音と振動が地表を揺るがしていた。
 昨日の戦いであっさりと退いた干卷の軍は、その数を10万から7万に減じていた。30万を相手に、それでも半数以上がなんとか残っているのだから健闘したものである。逆に、慶軍が思ったよりも梃子摺っているのはその地形にもあった。
 予め分かっていたことではあるが、さすが天然の要塞と言うだけあって山野そのものが攻めにくい。その上地の利は向こうにある。尭兵はこの地での戦いに慣れているが、対する慶兵はなかなか思うように動けない。足場が悪く、馬では利点を発揮できない場面も少なくなかった。
 だがそれにつけても多勢である。徐々にだが、慶軍が尭軍を押しはじめていた。
 雲が不気味に赤く染まる頃には、すでに勝敗の結果は見えそうだった。
 ここまでは昨日と同じ展開である。もう少しすれば干卷軍が後退を始めるだろう。

(そろそろだな)

 ウーミンは遠くで土埃を上げる前線を見やり目を眇めた。敵が退却する前に行動しなければ。
 目の前に立ちふさがる敵を適当に流しつつ、目測をつけて上手い具合に攻撃を受けたふりをして倒れ込んだ。土埃や入り乱れる兵卒の足の林に隠れ、隙を見て素早く戦闘の場から離れる。
 命が惜しくなって逃げ出す逃亡兵というのはさほど珍しくはないが、戦場の隊伍などにおいては、命令に背いたり陣形を乱したり、または逃げようとしたりする兵は、隊伍の最後尾で監視する伍長から問答無用で処罰される。これも『歩戦令』の定めであり、従わぬ者は軍律違反として即刻手打ちに遭うわけである。
 だが一旦自分の隊伍の目の届く位置より離れてしまえばこちらのものだ。どうせほとんどの兵が己のことで手一杯で周りを見ていない。
 身を低くして誰にも不審がられずに場を横切ってゆく。途中襲ってくる敵兵もいたが、それらは上手く脇をすり抜けた。
 戦場となっている平地の荒野の隅には、所々申し訳程度に叢や数本の樹の群生が点在している。そこへ飛び込むと、人目につかぬよう近くの樹へ登り、枝から別の樹の枝へと飛び移る。
 樹が途切れれば、次の集林地点まで素早く渡る。目的地に進むにつれ、土煙の立つ前線が間近に迫ってきた。
 鬱蒼と生茂る樹に登ったウーミンは首を巡らせ、予め印をつけていた樹幹を見つけると、そちらに移動する。なかなかの大樹で、木葉も豊かに茂っており、内側の枝や幹などは外からは隠れて見えないほどだった。
 誰にも姿が見られぬよう枝影の間に身体を深く沈めてから、顔を上げた。太い幹が上に伸び、途中から突き出ている無数の枝が網状に広がって、茂った葉が樹を覆っている。夕暮れの曇り空なので葉笠の中は薄暗い。
 一見何の変哲もない樹だが、よく目を凝らせば普通と異なるところがあった。枝別れした股に何やら丸い物体がある。片手に収まるほどの、白っぽい球状のもの。しかし木の実ではない。明らかに人工のものであった。
 ウーミンはそれをそっと手に取った。やや歪な球形には硬度がありずしりとする。懐に入れ、片手に一つ持つ。後は残して一旦一つ下の枝に降り、幹を背にして隠れた。この枝が一番安定した足場であり、なおかつ行動しやすい。
 下では激しい争いが繰り広げられており、様々な音が行き交っていた。
 それをちらりと一瞥し、手に持つものに目を落とす。麻布のようなものを巻かれた丸玉の一部から細い紐が伸びている。ウーミンは微笑んで、徐に紐へふっと息を吹きかけた。
 途端、ボッと紐の先に火が点った。
 身を捩じり幹の影からそっと放り投げる。
 玉は緩やかな曲線を描いて、ぽとりと地面に落ちた。慣性に従ってころころと転がり、止った先は慶軍の武将が乗っている馬の足元。武将は飛んできた異物に気づかない。

 そして―――

 轟音と熱と光が炸裂した。
BACK MENU NEXT