突然のことに兵達は悲鳴を上げた。誰もが何が起こったのか理解できずに戦いの手を止め固まっている。
 ウーミンは懐から新たに取り出した丸球に先ほどと同じ様に息を吹きかけた。間をおかず、次々と火をつけた玉を投げる。時には遥か遠くに、また時には近くに。
 紐の長さを調節してあるため、投げてから地に届いたあたりで即座に破裂するようになっている。
 土煙で視界がままならない前線では、どこからともなく飛んでくる小さな玉に気づくのは難しいだろう。異変の正体を見極めようにも、もうもうと立ちこもる煙で遮られる。平野で戦う者達は、目に見えぬ敵の攻撃にただ驚き惑うばかりである。
 しかしそれで終わっては困る。
 料理にもう一つ調味料を加えるべく、ウーミンは爆煙に乗じて木を飛び降りた。身を低くして争いの中へ滑り込む。煙が目を刺すが耐えて進む。
 人目につかぬように袖口からこっそり火球を投げながら、口の脇に手を当て思いっきり声を張り上げた。

「罠だ!! 尭軍の罠だぞ、逃げろ!!」

 双方の兵達の合間を走り抜けながら、叫ぶ。
 きょとんとしていた兵たちが、鸚鵡返しにその言葉を口に乗せる。

「罠?」
「罠だって?」

 次々と伝言遊戯のように広がる単語。反復し、その意味を理解する。瞬間、真っ青になる兵卒。

「わ、罠だ・・・・・・」
「逃げろ!!」

 突然の爆発に冷静さを失っている兵卒たちは簡単にそれを信じ込み、より混乱に陥る。彼らは武器を手放し、罠だ罠だと口々に叫びながら慌てて逃げ始めた。




 敵の軍気に退却の気配を感じ、昨日の戦いと変わらぬ展開に陣の後方で総指揮を取っていた戯孟は迷った。
 退く敵の深追いは危険である。少なくとも相手の手の内が読めぬ限りは。昨日の勝利による油断を誘って敵が何かしら罠を仕掛けているとも限らない。
 さりとて、このまま終われば何の結果を得られることもなく、いたずらに時間を消費するだけである。こちらとしても遠征軍なので、あまり兵糧を浪費したくはない。しかし参謀二人からは慎重案を進められている。
 戯孟は己の部下の進言は真摯に聞き、また精力的に採り入れる男であった。

(仕方あるまい。頃合を見計らってこちらも退却の命を出すか)

 だが昨日よりも僅かに攻めの手を伸ばしてもいいだろう。あまり深追いはするものではないが、少しくらい様子見る程度なら問題はあるまい。昨日と全く同じ終わり方では、何の情報も得られず、新たな策も立てづらい。虎穴に入らずんば虎子を得ずともいう。
 そう決断し、機を計っていたところ―――突如、慶軍の攻めていた前線で轟音が鳴った。

「なんだ!?」

 目を見開きそちらの方に馬首をめぐらす。と、再び破裂音が轟く。
 遠目に、前線で戦っている兵たちに異変が見てとれた。戯孟の周りにいる兵士達も、突然の事態に動揺しだす。

> 「殿!」
「殿、お待ちください!!」

 何も言わず駆けつけようとした戯孟を諸将が口々に叫んで止める。

「総大将自ら前線に出られるのは危険です!!」
「何が起こっているのかも分かりません! 万が一敵の罠であったら―――

 次々と挙がる制止の声を遮り、戯孟は鋭く怒鳴った。

「すぐに戻る!! 子久しきゅう、ついて来い!!」
「はっ」

 戯孟の呼びかけに、ひとりの武将が応じる。子久―――姓名を孔渠こうきょという巨漢である。彼は戯孟の身辺護衛を務めていた。
 周囲の制止を振り切って戯孟は孔渠を引き連れ馬を駆る。
 大将が自ら前線に立つことは本来、慎まれる。軍の総指揮者として絶対にやってはならぬ愚行のひとつだ。それでも今この混乱を止めるよう的確にして迅速な指示を出すには、後方にいたままでは判断がつかない。
 煙幕に包まれる陣の前方部隊へ近づくと、途端またひとつ爆音が上がった。

「何が起こった!!」

 音源へ馬を走らせ、手近にいた武将に叫ぶ。
 問い掛けられた武将は驚愕の表情を隠しきれないまま、しどろもどろに戯孟へ報告をする。

「ど、どうやら火薬が仕掛けられていたようです」
「何!?」

 戯孟が更に問い詰めようとした時、別の場所で再び炸裂音が連続で響いた。生来音に敏感な馬達が驚いて嘶き、後ろ足で立ち上がった。背に乗る者を振り落としてあらぬ方角へ駆けて行く。爆発と馬の暴走で前線はすっかり混乱の渦中にあった。
 そこに、誰かが叫ぶのが聞こえた。

「罠だ!! 尭軍の罠だぞ、逃げろ!!」

 右往左往していた兵卒たちや果敢にも前進を続けようとしていた者がびくっと反応する。突如、恐慌に陥ったようにそれぞれ逃げ出し始めた。

「逃げろ、逃げろー!!」
「て、敵の罠だぁ!!」

 兵士達は口々に叫んで逃げ惑う。こうなった時の人間の集団心理というものは恐ろしく制御が利かない。異様な空気が異常な興奮状態を呼び、恐慌は疫病のごとく凄まじい勢いで次々と伝染してゆき、放射状に広まっていく。慶軍は前線から崩れ始めていた。
 目の前で起こっている信じられぬ光景に、戯孟は怒りを通り越して呆然となった。

(罠だと? これが敵の狙っていたことなのか?)

 それにどこか違和感を覚えながらも、錯乱している兵たちに向かって素早く号を飛ばす。

「全軍、速やかに撤退! 各隊の長は兵士を纏めろ!! 陣形を乱すやつは容赦なく斬れ! 慌てると敵の思う壺だぞ!!」

 総大将御自らの声に、混乱に陥っていた慶軍兵はすぐさま反応した。乱れかけていた陣形が徐々にその整列をただしていく。偏に常日頃からの練兵の成果によるものだが、戯孟直々の号令によるものも大きい。
 戯孟自身も、孔渠をはじめとする猛将に守られて自陣に引き返した。
 こうして二日目の戦いは、思いもよらず尭軍側の勝利となったのだった。
BACK MENU NEXT