その頃、同じ尭軍陣営のある一幕では、薄暗闇の中で密かな談義が行われていた。
 この軍の中で主にあたる将軍のために張られた専用の幕舎は、寝食と軍議兼用にしつらえてあり、牀榻(しんだい)と大きめの(つくえ)が用意されている。
 その幕舎の中に、今は二人の人間がいた。
 一人は鬚を生やした、いかにも武人然とした強面の男で、恰幅のよい体つきをしている。鎧を着たまま牀に腰をかけ、先程からしきりに意味のない仕草をして落ち着きがない。この幕の主にして、軍の総指揮者、干卷である。
 一方、もう一人は典麗な顔を厳しくし、やや眉間に皺を寄せている。こちらは佇んだまま干卷を静かに見据えていた。
 陳雨、字は公嬰。その人だった。
 二人の姿を燭台に灯された明かりが照らす。火の揺れに合わせて、影が布の壁や地面に伸び縮みを繰り返している。気まずい沈黙が漂っていた。
 陳雨は気難しげに引き締めた表情を崩さず、先ほど言った言葉をもう一度反復すべく、口を開いた。

「あの火薬は、私の策ではありませぬ」

 きっぱりと告げる眼光は鋭い。
 干卷の肩がぴくっと揺れる。傍目からも動揺しているのが分かった。

「だ、だが、それではあれは慶の策略だと言うのか?」
「判断つきかねます」

 素っ気ない返しに干卷の首が上がり、陳雨に向けられた。その顔面には明らかに困惑の色が浮かんでいる。

「退却時に慶侯軍の兵は尭軍の罠だと叫んでいたそうです。戯孟と思わしき姿も前線付近にあったとか。戯孟は老獪にして慎重な男、余程のことがない限り前線に出ることはしません。もしこれが彼の策であるならば、むしろ守られた後方で悠然と構えているはず。にも関わらずあえて危険を冒してまで様子を見に来たということは、彼にとってもあれが予期せぬ出来事であったことの証。百歩譲ってあれが慶の策だったとして、何の利がありましょう。結果的に得したのはこちらです」
「それゆえ儂はてっきりお前の作戦なんだろうと」
「ですから、違うと申し上げております」
「では一体何者だというのだ・・・・・・」

 ますます語尾が弱くなっていく干卷に、陳雨は眉をかすかに吊り上げた。全く、図体ばかりでかくて、情けのない。普段は温厚な筈の瞳は、今無機質に冷たく光り、暗にそう言っていた。
 干卷の方は干卷の方で、どうもこの陳雨という男が苦手で仕方なかった。密かに結ばれた尭と胡の同盟により胡から来た敏腕の軍師というが、若輩だと聞いていて侮っていたら、これが予想以上の切れ者だった。
 確かに頭の回転は素晴らしく良い。今回のすべての作戦を考えたのも彼である。だが、今まで武一辺倒でやってきた干卷にはどうも肌が合わない人間らしかった。

「分かりまぬ。しかし―――
「しかし?」

 干卷が反復して先を促す。
 陳雨は遠く―――幕布の向こうの遥か遠くに視線をやるように、目を細めた。

「何者かが我等の預かり知らぬところで動いているのは間違いありますまい。あるいは喬か・・・・・・」
「胡はあり得ないのか?」
「私がここにいることは極秘です。慶はおろか、我が胡の者ですら知っているのはほんの一握り。まあそれも知れ渡るのは時間の問題・・・・・・将軍が軍中に私の存在を言わなければ、もう少し長く隠しおおせられたでしょうが」

 うっと干卷が首を竦める。陳雨が到着したその日、彼のことを軽んじていた干卷は陳雨の一番最初の申しつけを忘れ、うっかり彼の名を陣営内で口にしてしまったのである。
 幸い間諜の有無を確認した後であったので慶方に漏れる心配はなかったが、おかげで兵たちに厳重な戒口令を敷いたりなどと対処をせねばならず、初日から陳雨は干卷の尻拭いに余計な手間をとらされる羽目になった。
 思えば、あの時から今の関係が決まっていたのかもしれない。つまり脳の足りぬ上司のお守りというわけである。

―――ともかく現時点ではこの戦に我ら胡が関わっていることは未だ誰にも知られていないのです。大体にして私に無断でそのようなことをする理由もない」
「確かにそうだが・・・・・・」

 干卷はいまいち冴えない声で応える。
 と、ふと思いついたように問う。

「そういえば、作戦の方はどうなっている」

 話題が変わったことで、陳雨は僅かに頬の緊張を緩めた。

「順調に進んでいます。そろそろ決行の時が来るでしょう。・あとは聴天由命(てんいにまかせる)のみ」
「う、うむ」

 それを聞いて干卷は黙り込む。その姿を一瞥し、また陳雨は遠くへ目をやった。瞳の色が思慮に深まる。その頭には一つの可能性が浮かんでいた。
 誰かが単独、もしくは数人の(まとまり)で動いているというものだ。
 あの爆発事件を聞いたときすぐにその可能性に思い至り、密かに衛兵や兵卒たちに命令を発した。一人でも怪しい者や見慣れぬ者を見つけたら、報告ないし捕縛するようにと。
 だがあまり期待はしていなかった。怪しい者ならともかく、見慣れぬ者といっても、所属部隊が違えばほぼ互いに見知らぬ者同士なのだ。
 陳雨は干卷の前を辞し、外に出た。暗雲に閉ざされた夜空を仰ぎ、瞬く星に心中で問う。

 ―――果たして一体何者が・・・・・・?

 答える者はいない。
BACK MENU NEXT