一方、遠く離れた慶軍陣営でも似たような会話がなされていた。
 主幕の内で、簡素な牀に座る戯孟の正面の蓆に李洵と智箋が並び端座している。三人が三様に思案気に顔を曇らせていた。

「本当にあれは尭の罠だったのか?」

 議題はそれだった。
 智箋が拱手して建言する。

「尭の罠にしては、やはりいささか違和感を禁じ得ませぬな」
「そうか」
「まず大きいのは、あの暴発による死者がいないことです。異変のあったところ一帯を調べさせましたが、死体の死因はいずれも矢傷か刀創だそうです。負傷した者を集めても、みな軽い火傷程度でしたし・・・・・・轟音と煙で耳目が利かなくなった者もおりましたが、大夫(いしゃ)の話では一時的なものであると」
「つまり、これといった被害を受けておらぬ、ということだな」
「御意」

 戯孟は顎に手をやり鬚を扱いた。考え込む時の癖だ。

「死傷者が出なければ打撃や損失とは言えません。それで一旦は我等を退却させることはできても、二度目は使えますまい。わざわざ尭があの位置に陣を敷いている意味にも繋がりません」

 智箋はそこで一旦切り、細く怜悧な瞳を伏せて言った。

(こちら)でも、(あちら)でもない。―――第三の人物が単独ないし複数の集団で動いている可能性があります」
「ふむ」

 鼻を鳴らし、戯孟は黙り込む。こんなに謎に満ちた戦いは初めてだった。おそらく智箋の意見が最も有力な線だろう。だが戯孟は念のためにもう一人の重臣にも意見を訊く。

「どうだ、鎮文。お前はどう思う」

 李洵の方に顔を向ける。が、李洵は全く反応を示さず、何やら思考に没頭していた。
 いつもならばこういうことはない。李洵は恐ろしく生真面目で礼儀を重んじる性質だから、目前でなされる会話を無視することなどこれまで無かった。特に主君の御前である。
 珍しいこともあるものである。余程気になることでもあるのか。
 戯孟は智箋と顔を見合わせる。智箋も同僚のいつにないただならぬ状態を訝しんでいた。ぼうとしている李洵の顔を覗き込む。

「鎮文殿?」

 呼びかけられ、李洵はハッと我に返った。目を瞬かせ、不思議そうな顔の主と同僚を見る。

「鎮文、どうかしたのか?」
「ご気分でもすぐれないので?」

 二人同時に言われ、李洵は己が上の空であったらしいことに気づき、慌てて謝罪した。

「申し訳ありません・・・・・・少々考え事を」
「お前が周りを見失うほど考え事に熱中するなんて珍しいな」

 揶揄半分に笑う戯孟に、李洵は申し訳ございません、と謝罪を繰り返した。

「善い。お前も疲れておるのだろう。今宵はなるべく早く切り上げて休もう。では、明日の作戦について少し相談したいのだが・・・・・・」

 話が変わり、新たに顔を引き締めて取り掛かる二人を遠くに感じながら、李洵は再び思考の海に沈み込んだ。




 煌川で共に学んだ、一人の少年。
 色の薄い瞳と髪が印象的な、明朗快活な子どもだった。
 年下であったが、まるで同年の友人のように付き合っていた。彼は幼さに似合わず見識が広く老成していて、時折鋭い洞察力を見せてはしばしば李洵を驚かせた。
 性格は正反対なのに、気がつけばよくつるんでいたものだ。不思議と気が合ったのだろう。
 少年は身が軽く、高いところを好んでよく登っていた。お前は猿のようだなと呆れ交じりに言うと、酷いなと傷ついた振りをしてみせてから屈託なく笑ったものだった。
 こと武術に関しては彼に並ぶ者はいなかった。生来壮健頑強なつくりでないくせに、並外れて強かったのだ。あの細い身体のどこからそんな力が出るのか、喧嘩で負けることはなかった。反面で、床に臥せることも多かったけれども。


 その残像に被るのは、今日偶然ちらりと見たある男の姿。
 戎服を纏った、ごく普通の兵卒。斜め後方から、しかも本当に一瞬だけだった。それなのに、人間(じんかん)に垣間見た背に、不思議と記憶の少年の影が重なった。


 李洵の知る少年はひどく気紛れな性質だった。どこか掴みどころのない性格で、一所に留まることはなく、いつもあちらこちらをフラフラしていた。煌川に来る前は各地を旅していたのだと語っていた。親はと訊くと、遠いところにいると答えた。
 やがて李洵は都に遊学することになった。孝廉に推挙されて辞退したのは、その翌年だったか。それから後、今の主君戯孟に仕えるようになった時は、すでに二十台も半ばを経ていた。
 主君から有能な人材が欲しいと言われたことをきっかけに、煌川へふらりと帰ってみた。幾人かの知人を誘うということもあったが、一番の目的はあの少年に会うことだった。彼はいずれ人の上に立つ人間。君を導く者だと、李洵はずっと()ていた。
 この長い時を経て、彼が今どう成長したのか。変わらずあのままの性であったら。才に更なる磨きをかけていたら、推挙するつもりだった。
 しかし、久々に帰ってみれば、少年はもうすでにそこにはいなかった。人伝手に、とうに旅に出たのだと聞いた。
 少年はふらりと現れて、またふらりと出て行ったのだ。
 それこそ、砂漠にさすらうと言われる風の民のように。

 『人の出会いは縁だよ、鎮文。縁があれば、たとえ遠く離れてもまた出会うことができる』

 少年が大人びた口調で、口癖のように言っていた言葉が蘇る。
 彼はよく一人でいた。皆と騒ぐのも楽しいけれど、こうして一人でいて皆を眺めるのも好きなのだと言った。
 そしてまた、彼はよく人を視ていた。誰かの細やかな変化に、いち早く気づくのも彼だった。仲違いして軋轢が深くなりつつあった二人を、気づかないところでさりげなくとりなして、仲直りさせたこともあった。
 本人達は誘導されたことに気づかない。回りの人間も気づいていない。しかし李洵は気がついていた。

 ―――第三者が単独で

 ―――火薬

 少年の知識は豊富だった。特に火薬に関してよく知っていた。時に調合しているのを目にしたこともあった。
 彼は、火薬を上手く活用すれば空に大きな花を咲かせることもできるのだと笑っていた。
 年少にして文に長じ、虚弱ながら武に長け、常ならぬ異彩を飄然とまとっていた子ども。
 李洵は心の片隅で、彼は実は人間ではなく、人のふりをした神仙の類なのではないかと戯れに思うことがあった。それほどまでに少年は常人離れしており、他者とは一線を画していた。余人には思いもつかぬ大事を―――それが善事か悪事かに関わらず―――成しえる。そう思わせる存在だった。そしてもう一つ、そう思わせるだけのある要素を、李洵は知っていた。

 まさか―――

 李洵は天を仰いだ。




 慶陣営に戻ってきてから、ウーミンは集めてきた情報を再び整理し直した。
 まず分かったのは陳雨が関わっていること。
 何故かは分からない。ともかく胡は、尭に手を貸すことにしたのだ。少なくとも、慶を敵に回しても構わないという心算なのは間違いない。
 どうやら『予測のつかないこと』が起きてしまったらしい。一体裏でどういった取引が交わされているかは分からないが、慶は二つの勢力を敵にまわしたも同然ということだろう。
 それならばこちらも、俄かでも同盟者である喬に援軍を頼めばいいのだが、今現在の時点で胡の介入を知るのはウーミン一人だけである。
 幸いなのは、胡はそれでも軍は出してこないであろうということだ。だから軍師を貸し与えた。優れた軍師は一人で兵馬千騎にも匹敵する。こちらはなんとか抑えるしかないだろう。厄介ではあるが、牽制する相手が一人な分、楽でもある。
 そして手に入れた情報のもう一つは、地形。
 顔欣から引き出した情報を、自分の足で実際調べてきた地形に重ね合わせ、再度分析する。地形に関しては単に確認のために聞いてきただけであったが、その中でも特に重要だったのが『落石』だ。もし陳雨の立てた作戦が考えるとおりだとしたら、おそらく今回の作戦にはこれが欠かせない役となっているはず―――
 裏づけるためには、あることを知っておく必要があった。そしてそれを、ウーミンは訊き出したのであった。

(あとは、あれだが・・・・・・)

 ウーミンは空を見上げた。相変わらず厚い雲の膜が空を覆っており、今夜は星ひとつ見えない。そして徐々に濃くなる『匂い』。
 自然の空気が変わっている。風の波紋とも言うべき調子が、不穏な動きをみせている。それを五官全てで感じ、眉を顰めた。

(さて、どうしたもんかな)

 湿った気を乗せる風が、重たく吹いた。


BACK MENU NEXT