三日目の朝。
 相変わらずの雲模様である。明るく輝く太陽の光を浴びない日が続くと草木は精気を失うものだが、どうやら人間も例外ではないらしい。
 兵たちはどんよりとした天を見上げ、鬱々とした溜め息を吐く。このような鈍重な頭上を眺めていると、自然と気が滅入ってくる。
 しかし通常であれば曇り空だけでこんなにも気分が降下することはない。
 兵士たちの気力を萎えさせているのは、大気中に色濃くなった水気のせいだと、ウーミンは見ていた。必要以上の水気は、体内の気の流れを乱し調子を狂わせる。
 あと一日もすればひと降り来るだろう。雨気が近付いてくるのが肌で分かる。空を振り仰ぐと、遥か遠く西の方に雨を運ぶ龍神の気配を感じた。

 ―――時が近い。

 ウーミンは心中で鳴る警鐘を聞きながら、茫洋と西の空を眺めた。
 ふと吹いた微かな風が頬をなで、巾の垂を揺らす。
 やがて重い雨気をかき分け、吹いてきたささやかな微颸(びし)
 灰の空を映していた双眸が、不意に大きく開かれた。
 その瞳の奥に光が宿る。
 ウーミンは尭陣営の方を振り返った。背高の骨組みが見える。あの情報も昨日のうちに仕入れていた。今日は恐らく早めに決着がつくはずだ。

 ―――上手くいけば、こちらの方が一足早く仕掛けられるかもしれない。

 ウーミンはそう判じると、いそいそと身支度を始めた。




 三度目の対戦。
 怒号の大合唱が渓谷に反響するのは、何度も見た光景だ。
 ウーミンは変わらず敵を適当に受け流しては逃げ、たまに仲間の足を引っ張りつつ逃げ、死んだふりをしては逃げていた。
 敵はすでに4万強程度に減少していた。対するこちらは死者数を省いてもまだ30万弱。約7倍である。もはや勝ち目は見えているようなものだった。
 だが尭は諦めない。一夜のうちに陣営の少し下に楼閣をつくり、そこから雨のように矢を降り注がせてきた。
 これにはさすがの慶も参った。うかうかと敵陣に近づくことができない。兵の量が多ければ多いほど、矢の当たる確率は高くなり力を削がれる。
 参謀の建言もあり、戯孟は日が高いうちから退却を余儀なくされた。
 幕に戻ると、参謀二人がすでに待ち構えていた。
 戯孟が入ってくると同時に頭を垂れ拱手する。

「樹を切り、大きな石を投ずる兵器をつくろう」

 開口一番、戯孟はそう提案した。つまり投石機を使って、巨石群を楼閣に向かって浴びせるのである。そうすればわざわざ近付いていくこともなく楼閣は崩れ去るし、振ってくる巨石に敵はひとたまりもない。そこを突撃すれば勝機はあるというのであった。
 実は戯孟は大変な発明好きの工作家で、もし英雄にならなければ発明家になりたかったなどと漏らすほどの酔狂ぶりである。
 なので、よくひとり陰でこっそりと設計製図などしては実際に小さな模型を組み立てたりして臣下に披露していたりする。
 こういうところこの男は愛嬌があるというか茶目気があるというか、しかし李洵たちは戯孟のそうした落差(ギャップ)のあるところにも惹かれ主と仰いでいるのだから、それが戯孟自身の人的魅力なのだろう。全く得な性分である。

 とりあえず創意工夫は戯孟の趣味なのである。
 だが好きはものの上手なれというのか、戯孟の作品はなかなか技巧をこらしており出来が良かった。
 そしてその発明の一つが従来の性能を上回る改新投石機。一度に投石できる耐重量を増やし、かつ飛速を上げた。別に今この時のために備えていたわけではなく、ただ単に攻撃の道具を考えていた時に偶然閃いたものであったが、ここに設計図もある。何度も改良も加え、実践も重ね、効果や機能を向上していった一品で、実際過去に幾度か実戦で活用し、大成功を収めていた。
 なるほど、確かに妙案であったかもしれない―――普段であれば。
 智箋は微笑で同意を示している。だが、李洵は何故か素直に賛成できない心地だった。
 戯孟の投石機は作るだけでも少なくとも一日はかかる。その『一日』という単位に、李洵はなにか予感めいたものを感じずにはいられなかった。その一日を、敵がみすみすと見過ごすだろうか。どうしようもなく何かに急きたてられているような気がしてならない。焦燥にも似たこの感覚は、警笛なのかもしれない。
 智箋とは逆に浮かない顔をしている己の右腕に、戯孟は眉を顰めた。
 しかし戯孟が何か言う前に、李洵が先に口を開いた。

「殿、それはお留まりください」
「鎮文殿」

 智箋が吃驚した顔で李洵を見た。

「何故だ?」

 戯孟が訝しげな声で低く問う。李洵はゆっくりと首を振った。

「理由は申し上げられませぬ」

 言ってしまえばただの勘である。何の根拠もない。
 だが、歴戦をくぐりぬけてきた参謀としての勘であった。

「理由も言えずに止めろと申すか」
「はい」

 李洵は切り捨てられる覚悟で言った。

「ではどうしろと?」

 意外にも、戯孟は李洵の言い分を一蹴せずに聞き返してきた。
 そのことにやや驚きを覚えつつ、

「何も。殿にはしばしお待ち頂きたく」
「待つ?」

 李洵は真剣な、しかしどこか必死な面持ちで戯孟に言った。

「私に少し時間をいただけないでしょうか。どうしても確かめなければならないことがあります。それまで私を信じ、行動を待って頂きたいのです。どうかお願い致します」

 言い、両袖を合わせて拱手し、深く頭を垂れる。 戯孟はそれをただじっと無言で見つめていた。
 戯孟は普段は上手く制御しているが、本質的に激しい気性の持ち主だ。いくら部下の意見をよく聞き入れるとは言っても、このような釈然としない進言を押し付けられれば、憤慨し怒鳴りつけることは容易に想像できる。
 横ではそれを心配した智箋がはらはらとしながら二人の様子を見守っていた。
 沈黙と緊張が、その場を支配する。
 智箋は気が気でない様子で、無言の重圧に耐えていた。戯孟の口元を凝視し、今のうちに心の中で呪言を唱えて心の準備をしておく。
 だが戯孟の口から出たのは、危惧していた怒声ではなく、深い溜息だけであった。

「・・・・・・相分かった」

 李洵がハッと顔を上げる。瞠目して、戯孟をまじまじと凝視した。
 どうしてでも頼みに頼み込むつもりでいた。どんなに怒鳴りつけられようとも何が何でも通す気で全身に力を入れていたのだったが、案外あっさりと承諾されてしまい逆に拍子抜けする。智箋の方はといえば、やはり驚愕の色を隠し切れないようだった。
 戯孟は不機嫌そうな顔をした。

「二人して何を間抜け面しておる。分かったと申したのだ。鎮文、お前に時間をやる」
「よ、よいのですか」

 主の言を疑うわけではないが、あまりにも思いがけない言葉だったので思わず李洵は確認してしまう。戯孟は更に顔をしかめて言い放った。

「よいと言っておろう。俺の気が変わらぬうちに、ほれ、さっさとその確認とやらに行って来い」

 くるりと背を向け、シッシとばかりに手を振って追いやる。ぽかんとしていた李洵は、慌ててありがとうございますと言うと、一礼をして幕から出ていった。
 智箋がおそるおそる君主に近付き、問い掛ける。

「本当によいので?」
「ああ。どうも李洵には何か考えがあるらしい。ここのところ上の空だったのも、そのせいかと思ってな」
「ですが、それが現状打開に関係あるかどうかは・・・・・・」
「分からん。その時はその時だ。だが―――

 戯孟は智箋ににやりと笑いかけた。

「着手は待つが、準備をせぬとは約束しておらぬからな。白暘、兵たちに命じて手ごろな樹を切って集めて来い」

 智箋は呆れたというか予想通りというか、この主君らしいと思える展開に、なんともいえない薄笑いを浮かべ、

「御意」

 拱手を掲げ、礼をした。胸内でひそかに嘆息を漏らしながら―――
BACK MENU NEXT