李洵は陣営の中を駆け巡っていた。兵卒たちはそれぞれ自分の武器や鎧の手入れをしながら駄弁っている。ある者達は傷の手当てを受けていた。各幕で消毒のために沸かされた鍋が湯気を立てている。
 李洵は目に付いた兵卒たちに手当たりしだい声を掛けては、あることを尋ね回る。首を横に振られればまた別の所へ行って訊く。30万もの大軍の陣営はさすがに範囲が広い。端から端まで尋ね歩いていれば時間がいくらあっても足りない。
 ただ、ある程度の目星はつけていた。『彼』を一瞬だけ見かけた時の、そこに配置されていた部隊だ。
 だがそれだけでも人数は千は下らない。それでも何の手がかりがない今、地道に尋ねていくしかなかった。諦めるわけには行かない。自分は主君の信任を負っているのだ。
 そうして幾つ目かの幕の所で、李洵は鍋の火の具合を見ていた兵へ声を掛けた。
 呼ばれて兵卒は顔を上げる。やや背は低いが、がっちりとした体つきの男だ。髪はぼさぼさに乱れ、無精ひげが見苦しく生えている。骨折をしたらしく、片足に当て板をして杖をついていた。
 見下ろしてくる官服姿の文官に、男は慌てて杖を放り出し、患部が痛むのも我慢して、片膝をついて拝礼の姿勢をとった。李洵の顔を知らないとはいえ、かなり高位の人物だということは分かる。
 李洵は男に杖を持たせ立ち上がるように言うと、これまで何度も繰り返し口にした内容を言った。

「ある男を探している。二十歳半ばほどのまだ若い男だ。背は並ぐらいで、痩身の。見かけなかったか?」

 男は頭を掻いてうーんと唸った。

「無茶を仰らねえで下せェ。そういう奴ァ、そこらじゅう腐るほどおりますわ。それだけじゃちょっとねぇ」
「目と髪の色が薄い奴だ。腕っぷしが強く、頭もいい。性格はどこか軽い感じの」
「色が薄くって、強い奴かぁ・・・おまけにおつむもいいときたら」

 男は己の記憶を探り、首をかしげて俯くという器用なことをした。ついでに腕を組もうとし、さすがにバランスを崩しかけて慌てて杖を突いた。腕を組むのは諦め、杖に肘を突いて寄りかかる。

「ハテ、いたかなあそんな奴。いたら目立つからすぐ分かるはずなんですけど」

 李洵も黙り込む。名前は分かっていたが、それは言わない。彼が本名を名乗ってここにいるとは考え難かった。
 何故ならば李洵に見つかる可能性があるからだ。実際こちらの所持している兵名籍(兵士の名前や出身などを記録した登録書)には名を見つけられなかったし、そもそも向こうは李洵が参謀としてここにいることを知っている。知っていて、今まで名乗り出てこなかったのだから、きっと己が慶軍にいることを隠しているのだろう。十中八九、偽名を使っているはずだ。
 ということで、名前に関してはお手上げだった。仕方がないので、うろ覚えながらの容姿で訊いて行くしかない。

(また別の所へ行くしかないか)

 李洵が落胆とともにそう考えた時、ふいに声が上がった。

「それってアイツのことじゃねぇか?」

 李洵は目を彷徨わせる。言葉を発したのは、目の前の兵卒ではなかった。
 見れば、男の後ろの幕内から、今度はがりがりにやせ細った兵が顔を出していた。どうやら話が聞こえていたらしい。こちらも片足を負傷しており、ぴょんぴょんと片足飛びで近付いてくる。そしてここまで来ると、先にいた男の肩に掴まり身体を支えた。

(あいつ・・・・・・?)

 誰のことを指しているのか分からず、李洵は眉を顰めた。だが男の方は『あいつ』だけで悟ったようで、妙な顔をした。胡乱げに声を上げて言う。

「アイツかあ? 確かにアイツは外見は当てはまるが、どうしようもなく間抜けだし馬鹿じゃねぇか」
「強くて頭が良くなきゃいけねぇのかい」
「こちらが探されているのはそう言う奴だ」

 李洵が口を開き何かを言いかけた。するとまた別の兵が這ったまま天幕から顔だけを出し、話に割り込んできた。

「でもあいつ、ああ見えて結構曲者だぜ。博やるとぜってー勝てねえもん」

 へらへらと笑いながら語る兵に、低背の男は言葉を返す。

「そりゃお前が弱いんだよ」
「いやいや、それが意外にも奴と博で遊んだ野郎は全員敗北さ。おかげで掛け金ごっそり持ってかれちまってよ」

 軍中で賭け事とはなんとも怪しからん行いだが(そもそも軍律違反である)、指摘するどころではなかった。

「へぇ、そりゃ初耳だ。意外な特技があったんだなあ」
「待て!」

 李洵が慌てて声を上げ、滔々と流れていく会話に横槍をはさんだ。男たちは李洵がいたことを思い出したかのように、しまったと慌ててそちらへと顔を向ける。
 李洵は一旦唾を飲み舌を湿らせてから、

「その男の名は?」
「いや、でもこいつ全然強くねぇでっせ」

 男が困惑した表情で首を傾ける。だが李洵は押し迫るように問い質した。

「構わぬ。名は何と言う」

 予想もしなかった李洵の強い剣幕に、男は気圧されつつしどろもどろに答えた。

「ウ、ウーミンって奴っす」

 李洵はその名を舌の上で転がす。

「ウーミン―――無名(ウーミン)か。ふざけた名だ・・・・・・」

 ひとり小さく呟いた。
名無し(ウーミン)』。
 確かにふざけてはいるが、彼らしいと言えなくもない。

「どういう者だ?」
「いやぁ困った奴ですよ。ドジなもんで、しょっちゅう他人の足を引っ張りやがるんですわ」
「俺なんて、本当に足を下から引っ張られたんっすよ」
「全く今まで生きて残ってこれたのが不思議なくらいで」
「悪運だけは強いんだよな」

 男達は入れ替わり立ち代り言い募る。李洵はやはり、と呟いた。

「その男は今どこに?」
「ええーっと・・・・・・さぁ?」

 目の前の男たちは一様に肩を竦めてみせた。すると、幕の入り口間際にいた兵が、

「ウーミンなら、さっきあっちの方へ歩いて行くのを見かけましたぜ」

 と、ある方角を指差した。
 思わぬ幸運に天を仰ぎ深く感謝を述べたくなる。が、李洵は今はとりあえずそれはさておき、指の示す先を目で追い、短く礼を言うとそちらに向かって走り出した。
 残された男達は互いに顔を見合わせ、首を傾げた。
 李洵は走りながら思う。
 よく考えてみれば、『彼』は無闇に自己主張をするのを好まなかった。それに下手に武や学に長けた所を見せてれば、人々の口に登り、やがて李洵の耳に入ったりすることも有り得る。きっとあえて本性を隠し、逆に劣っていると見せかけて目立たぬようにしていたに違いない。

(いや―――

 待てよ。そうだろうか。
 劣っているそぶりをすれば、それはそれで人の記憶に印象深く刻まれるものだ。現にあの兵達は『無名』のことをよく知っていたし、細かなところも覚えていた。もし本当に目立ちたくないのなら、優れたところも劣ったところも見せず凡庸を装うものではないか。誰の記憶にも残らぬように。
 もし万が一―――今がずばりそうだが、李洵が本格的に探し出したら、見つけられてしまう確率が高くなる。

(もしや)

 李旬がいつか自分を探しに来ることを予想していた(、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、)―――
 李洵は頭を振る。まだ『無名』と名乗る男が『彼』だと決まったわけではない。偶然符牒が一致する男だというだけかもしれない。
 だが李洵には確信めいたものがあった。

(彼の名は何と言った)

 走りながら回想に耽る。普段はしないことだ。李洵は武官ではない。裾袖の長い官服は走るのには適してない。だからさっきから裾が纏わりつくのだが、最早気に留めない。時には兵をかき分けて間をすり抜ける。
 自分がいまどこにいるのか、どこへ向かっているのかよく判らなかった。ただ漠然と示された方に向かって駆けて行く。息を荒げながら幕の間をすり抜け、忙しなく首を回して一人の男の姿を探し求める。
 そして、ある背が視界の隅を過ぎった。慌てて通り過ぎた視線を戻す。
 その男は(よろい)をつけずに歩いていた。
 あの時見た後ろ姿―――
 思わず声を掛けようとした時、その背が兵卒たちの間に吸い込まれてしまった。
 李洵は慌てて追いかけるが、その背の男はすいすいと人の間をくぐりぬけ、どんどん先へ行ってしまう。

「待て!!」

 大声で呼びかけてみるが、何分人が多いため騒音が多く、掻き消されてしまう。そうするうちに目的の背は紛れて見えなくなってゆく。李洵は見失うまいと必死で目で追った。
 彼の名は。彼の名は何だった?
 方向はほとんど勘で追いかける。
 そうして気がつけば、陣の裏方の、随分と人気の少ないところへ出てきていた。
 足を止め、ハァハァと肩で息をする。
 ハッと辺りを見回し、件の背を探す。左右を見回せば、丁度男が端の幕を右折するのが見えた。
 かつてよく呼んでいた、少年の名は―――
 考えるより先に身体が反応した。李洵は駆け出すと、その幕を目指す。

 ―――たしか、彼の()―――・・・・・・

 幕を曲がり、その背に向かって叫んだ。

「待て、―――冲淳(チュンジュン)!!」

 ―――刑哿(けいか)、字を冲淳(ちゅうじゅん)。それが少年の名だった。

 男の背が止まった。
 李洵は荒い息の下で唾を呑み込む。喉が痛い。金臭い味が広がる。
 もし李洵の想像通りの―――あの少年があのまま成長したらこうなるだろうと思われる容貌であったら。
 男はゆっくりと振り返る。
 息を詰めて凝視した。
 その肩の向こうに傾いた日の輝きがあり、まぶしさに李洵は目を細める。男の姿は逆光になっていたが、不思議と李洵にははっきりと見えた。

「バレちゃったか」

 明るい声とともに、飄々とした、人好きする貌が現れた。さして驚いている風も見られないのは、こうなることを予期していたからか。少年の頃と少しも変わらない澄んだ瞳には面白がるような光が踊っていた。

「思ったより遅かったな、鎮文殿」
「この、なにが、遅っ・・・・・・」

 随分と人を食ったような発言に文句を言おうとするが、ずっと走ってきたために呼吸がままならず、言葉がとぎれとぎれになる。けれども李洵の胸の内は安堵と再会の喜びで満ちていた。それのせいか、一気に全身から力が抜けていく。
 李洵は両膝に手をついて息を整えた。泥のような疲労感が身体を支配している。まったくこんなに走ったのは何十年ぶりだろう。
 運動して高まった体温が上ってきて、顔が熱い。きっと真っ赤になっていることだろう。汗だくになっているため、ずるずるとした服が今更ながら邪魔気だった。

「ああほら、鎮文殿も歳を考えて行動しなくちゃ」
「誰、の、せいだと・・・・・・」
「いいから、まずはハイ、深呼吸」

 けろりと言ってくる顔をひと睨みし、ゆっくり息を吸った。徐々に胸の苦しさが和らいでくる。
 ようやく全力疾走による動機と息切れが静まり、李洵は落ち着いた調子を取り戻して乱れた襟を整えながら、静かに切り出した。

「あの火薬はお前だな。ついでに夕燕城での一件も」

 無名は是とも否とも答えずただ微笑を浮かべている。それは肯定と取れた。

「色々と裏で動いていたんだろう。相変わらず人騒がせな」

 深々と溜息をついた。昔から余人の知らぬところで勝手をする子どもだったが、長じてまでこのような大事に手を出すとは、呆れて物も言えない。
 李洵は改めて問う。

「何故こんなところにいるんだ」
「さあねぇ」

 無名は頭の後ろに両手を回して組み、上体を少しばかり伸ばした。

「気ままにあっちこっち旅してたら、丁度慶侯の南征にぶつかってさ。大方の土地と地方軍は見てきてたんだけど、良く考えれば主力軍はまだよく見てなかったんだよな。戯孟がどれほどの人物か見れる絶好の機会かなと思って募兵に志願したんだ」

 その言葉に、李洵の目が眇められる。つまり無名は李洵の主でもある戯孟の『器』を見定めるために兵卒の中に紛れていたというのである。
 李洵はかつて無名―――刑哿を推挙しようとしたことがあった。しかし彼は子どもながらになかなか難しい性格で、そう簡単には人の下にもつかぬであろうことも予測していた。李洵の知る刑哿は少年だったが、人物観察の慧眼と同時に、高い誇りを持ち合わせていた。己が認め、心から敬服するような人物でなければ決して仕えまい―――李洵はそう思い、だからこそ主に会わせようとした。
 戯志明ならばこの男を扱えうるのではないか。そして刑哿もまた、戯孟ならば主と仰ぐのではないか。それだけの魅力と器量が戯孟にはあった。
 だから無名が戯孟を『見ていた』となれば黙っては聞き流せない。

「それで、どう思った」
「何が?」

 分かってやっているのかこいつと思わせるような無名の態度に、李洵は苦味を覚えながらも律儀に答える。

「我が殿、戯志明のことだ。どう見る」

 無名は視線を宙に彷徨わせて、軽く唸った。

「そうだなぁ。まぁいいんじゃないか?」
「『いい』って何がだ」

 いまいち曖昧な無名の返答に、更に突っ込む。
 はぐらかしを許さぬ李洵に、無名は肩を竦めた。

「何が起きても冷静沈着で、客観的に物事を分析し、機を見るのに敏、決断と実行が早い。行動力のある証拠だな。勇猛果敢だが、無謀ではない。時に無茶はするが、それでも成功するのは無策ではない。状況を読むことにも長けている。あれだけ兵法軍略に精通しているのはよほど勉強したんだろう。面倒なしきたりや下らない格式にこだわらないし、実力主義で合理的。なにより自然と人を惹きつける魅力を持っている。だから人が集まり、かつ離れない」

 上に立つ者として相応しい要素、条件を供えた大器。紛れもない英雄の素質。

「確かに噂にたがわぬ人物だ―――と、これで満足か? あんたのお望みの答えだろう」

 無名は口端を薄っすらと上げ、揶揄交じりに締めた。

「私は世辞や美辞麗句が聞きたいんじゃない。私が望む答えでも。お主自身の見解を問うているのだ。分かっていてはぐらかすな」
「へいへい、全く、馬鹿真面目さは変わらないな」
「冲淳」
「・・・・・・美辞麗句じゃない。これが答えだよ」

 無名は嘆息し、告げた。
 それを聞いて、李洵は目を閉じる。そして再び開けた時、彼の瞳には強い光が宿っていた。真剣な眼差しで、厳かに無名を見据える。

「では、私について来い」

 主のもとへ。
 無名は笑った。

「断っても、どうせ問答無用で連れて行く気だろう」
「当たり前だ。縄をつけてでも引き摺っていく」

 この私にここまでさせたのだからな―――袖で汗を拭いつつ李洵は憮然と即答する。無名は諦めたように天を仰いで肩を竦めた。

「いいよ、行ってやる。むしろ、もう少し遅かったらこちらから伺うところだった」

 さすがに今回ばかりは、俺一人の力じゃどうにもならないからな―――
 無名は意味深に言いながら、瞼を伏せて謎の笑みを浮かべた。気になる言葉に李洵が追及しようとしたが、その前に上げられた無名の瞳によって遮られる。

「ただし、一つだけ言っておく」

 ぴたりと李洵に視線を当てる。久方ぶりに会った年上の友人の目を、真っ直ぐ見つめ返して告げた。

「俺は別に仕官すると決めたわけじゃない。だからそこのところは誤解するなよ」

 飄々とした中に頑なな意思を見出し、李洵は少しだけ落胆の吐息を零す。だがすぐに顔を引き締めて一つ頷くと、「分かった」と応じた。


BACK MENU NEXT