戯孟は幕舎の中央に佇み、ひとり瞼を閉じて黙考していた。
 今までの尭軍の行動を辿り、その考えや戦略を推測してみる。己が敵であったならば、慶軍をどのように倒そうとするであろう。
 戯孟はこれまでにも戦場の動静や真偽、本質を見極めてきた。相手の狙いを見抜くのは得意だという自負もあった。ただ、どちらかといえばまずは兵法に照らし合わせてから先を測る主義でもあった。多くの将帥は用兵において共通の兵法に従っているか、または兵法で指摘されている心理や行動をとりがちである。これらを熟知していれば展開が読みやすい。そのため戯孟はかの高名な大賢者荘子(そうし)や兵法家斐子(ひし)が著した書物を幾度と無く読み返し理論を学んだ。

 ところが今回は、知りうるいずれの展開にも当てはめができない。敵が見えないまま漫然と戦が続くことに苛立ちばかりがひたすら募ってゆく。
 戯孟は忌々しげに嘆息した。このまま攻め続ければ、理論的には確実に勝てる。何せあちらはもう兵が4万もない。確かに今日は楼閣からの射撃という思わぬものに意表を突かれたが、投石機さえ作ってしまえばそれも大した脅威ではない。篭城をしているわけでもないから、あと幾日もあれば陥せるだろう。なのに何を思い悩むことがあるのか。

 戯孟はこの正体不明の『何か』に不快感を覚える。どうも胃の辺りが痞えてすっきりとしない。
 慎重を期して言うならば、こちらの勝ちはまだ決まったわけではない。たとえ投石機を使ってもさすがに山腹にある敵方の陣営までは届かないし、ここで相手が関所に逃げ込んで篭城をはじめたら、また膠着状態が続くだろう。しかしそれでは一体何のために彼らがわざわざ表に陣を張ったのかが分からない。ただ無為に兵を消耗しただけになる。全く理解できないし、筋が通らないのだ。
 考えれば考えるほど出口のない迷宮に嵌りこんでゆく気がして、気鬱は一向に晴れなかった。

(奴等は何がしたいのだ)

 思わず無性に八つ当たりしたい衝動に駆られるが、傍にある(だいざ)の脚を軽く蹴る程度で収めておく。当り散らしたところで始まらない。今はただ、李洵が戻って来るのを待つだけだ。

(鎮文の奴は一体何を考えておるのか―――

 随分前に出ていったきり、未だ帰ってくる気配のない懐刀に思いを巡らせる。
 李洵が戯孟の幕下に入ったのは、今から数えて10年ほど前のことである。若いくせにその頃から随分と粛然とした面構えの男だった。
 李洵は一目見て分かるほど極めて非凡な才の持ち主だった。補佐役としてこれに比肩しうる者はこの国にはいない。戯孟は心の底から確信し、だからこそ李洵を最大の敬礼をもって迎えた。そして李洵もまた戯孟の期待以上の結果をもってこれに応え、厚遇に報いた。
 以来、長い間片腕として仕え、遺憾なく才気を発揮し、数々の活躍をおさめ、全ての辛酸労苦を共に舐めてきた。李洵がいなければ己はここまで来ることはできなかったであろう。

 思いつめた顔を思い出す。恐ろしいほどに緊迫した眼差しで懇願してきた李洵。取り乱していたわけではないが、あれほど余裕のない彼を見るのは久方ぶりだった。平生は何があっても決して動じず、落ち着いた物腰で淡々と事象に対応する。それが李鎮文という男だった。彼があのような切羽つまった表情を露わにしたのは過去で二度きり。一度は戯孟が戦で大怪我を負い死に掛けた時で、もう一つは戯孟がまだ一州牧に過ぎなかった頃、領土内に攻めてこられた敵軍に危うく占領されかけた時だった。

 あの時の李洵の固く強張った白皙の面と、電光石火の勢いで次々に指令を飛ばす姿は強く印象に残っており、今でも度々酒宴で話の種になるほどだ。だが後にも先にも、その二度以外はなかった。この男は自分の親兄弟や妻子が死んでも平静な態度を崩さぬのだろうと、他の同僚に冗談交じりに評されるぐらいであった。別に李洵が無情だというのではなく、それだけ公事に私情を挟まないという意味であった。

 その李洵があのように感情を態度に出して、しかもごく私的な理由で懇願してきたことに戯孟は純粋に驚いた。その双眸に宿った色を見て、これは只事に非ずと思った。それゆえ李洵の要求を呑んだ。
 しかし、だからといって李洵の心中が理解できるわけではない。何をしに出て行ったのか予想すらつかない。何か思い患うところがあったのは察していたが、本人が明かしていない限り、その内容など計り知ることはできなかった。
 李洵を疑うわけではないが、あまり悠長にしていられないのもまた事実だった。智箋にはすでに指示を出し、作業は着々と進んでいる
 しかし、戯孟は待ちたかった。
 彼が刻限までに戻ってこなければ、作製命令を下す―――その心積もりで、それでも李洵が何かしらの情報を得てここに戻ってくるだろうと信じていた。己は今回の戦いの行く末を、李洵に信頼と言う形で託したのだ。彼が戯孟の期待を裏切ったことはこれまでに一度もない。今回もきっと裏切らぬだろう。これは希望ではなく確信だ。
 ふと幕の出入り口から見える日の傾きを見る。智箋に指示した時間はまで、もう間もない。
 戯孟はその場を動かずに、目を閉じた。
BACK MENU NEXT