「殿」

 不意に、背後にした幕の出入り口より、耳馴染んだ呼びかけがあった。待ち続け、待ち望んだ声だった。
 戯孟は瞼をゆっくりと上げ、身体を半転させた。
 脳裏に思い描いたものと寸分違いなく、李洵が入り口の前に立ち、長揖していた。その姿勢や仕方には生真面目さがよく表れている。
 智箋に命を下す時刻は来ていない。果たして李洵は成果を持ち帰って来れただろうか。

「只今戻りました」
「おう、よく戻って参った」

 戯孟は鷹揚に言葉をかけた。中に入るように促す。
 李洵は再び粛拝をすると、擡げた頭を横へ向かせた。隣に誰かいるらしい。辛うじて衣の端は確認できるが、戯孟からでは出入り口際の帷に遮られてよく見えない。
 李洵が中に入って来る。するとその後ろから兵卒が一人続いた。
 見慣れぬ男を見た戯孟の眉が、怪訝そうに顰められる。

(何者だ―――?)

 李洵は疑問を顕わにしている主君の前まで歩を進めてからすいっと脇に退いた。すると、伴に随って来た男が戯孟に正対する位置で、拳に掌を当て頭を僅かに下げた軍礼をして佇んでいた。
 戯孟はその姿をまじまじと凝視する。
 観察する限り、まだ若い男だ。丁度、李洵が初めて戯孟に面会した時と同じ歳の頃。二十歳半ばか、それぐらいだろうと思われる。身形は一般的な戎衣だ。位から言えば下級の兵士ということになる。だが一般兵卒が主君に目通りする際は、跪いて拝揖するものだ。免除されるのは全身を分厚い(よろい)に包んだ将官だけである。
 ところがこの男は膝を折らず、高位の側近がそうするように立礼で済ましている。
 別に何かを報告しに来た雑兵ではないことは李洵や男自身の様子で知れるが、この人物が一体なんだと言うのか―――戯孟はますます訝りを深める。
 無言で怪しむ主へ李洵が先に口を開く。

「殿、彼は――
「無名と申します」

 唐突に男は言葉を放った。
 言を奪われた李洵が驚いて目を剥き、男へ何故か問い詰めるような眼差しを投げかけている。が、男―――無名はそれを黙殺した。
 彼の拱手の姿勢は李洵に劣らぬほど洗練されていた。粗末な戎衣を纏っているのにも関わらず、漂う雰囲気や纏う風格はとても貧賤単家の出には思えない。俯き加減の面には薄い微笑が浮かんでいた。
 戯孟は半ば唖然として見つめてから、李洵へ向け目語で説明を求める。
 李洵はそれに気がつくと、冠を伏せ粛々と答えた。

「け……無名と申すこの者は、私の古い知己で、煌川にいた頃に机を並べた仲です」

 無名がこうべを上げ、それに伴って現れた双眸と視線が合う。薄い虹彩が印象的だった。

故人(とも)? それが何故ここに?」

 至極もっともな問いに李洵は重ねて答える。

「この者は戸を持たぬ流民で、各地を放浪していたところ、募兵に参加したとか」

 無名は特に口を挟むこともなく、淡い笑みをたたえて李洵の話を聞いていた。揖していた上体はすでに戻し、寛いだ体勢で立っている。雲上の主君にして一代の覇主を前に畏怖もなく自然体の無名から、戯孟はどこか底知れなさを感じた。瞼を半ば下ろしたような目つきは眠たげでもあり、気怠げにも見える。しかしその実、瞳の奥には一振りの刃のごとく鋭く怜悧な光が潜んでいる。

 ―――これは鷹の眼だ。

 戯孟は瞬時に悟った。一見しただけではこの男が装う軽佻浮薄な風情に惑わされ、その本質を見抜けない。凡愚と侮り迂闊に接すれば最後、隠された爪牙によって痛い目を見るだろう。
 このような性質の人間は初めてだった。戯孟は己の内に、臨戦にも似た戦慄と昂揚が生まれるのを感じた。手強い奴だ。だが手応えがある。
 これはかつてないほどの掘り出し物だと、本能が囁いた。

「ではこれがお前の言っておった『確認したいもの』だったのか」

 しかしあえて心中を顔に見せず、胡乱気に目を眇めてみせる。一つには男に隙を見せぬため、一つには単純に感心してもいられない状況のためだった。普段なら手を叩いて喜んだだろうが、時が時である。今必要なのは人材でなく現状を打開する策だ。
 戯孟は、李洵がこの進退窮まる事態を切り拓く秘策を持ってくるのだと思っていた。ところが実際には一人の男を連れてきただけである。事態は急を要しているのだ。一体この男が解決にどう繋がるというのか。
 言下の意を汲み取り、再び李洵は口を開いた。

「こたびの戦、恐らくこの者なしでは切り抜けらぬと存じます」

 慎重な口調で静かに告げる。その意味するところが捉えられず、戯孟は首を傾げた。

「どういう意味だ?」

 李洵は一瞬黙り込むと、細く息を揺るがせた。主の問いに答えず、あえて別のことを口にした。

「先だっての火薬の件、そしてその前の夕燕城の内乱の件、すべてはこの男の仕業によるものでございます」
―――

 戯孟の目がこぼれんばかりに大きく見開かれる。
 今なんと言った?
 驚愕のあまり、先ほどまでの苛立ちや焦りが一気に吹き飛び、真っ白になる。絶句とはまさにこのことだ。夜空に紅く染まる夕燕城や、前線に次々と上がる煙が、戯孟の脳裏にまざまざと閃回した。
 全く信じられない。まさか、あれをたった一人で成し遂げたと言うのか。

「それは真か」

 しばしの沈黙の後、戯孟はようよう低く呻いた。
 李洵はずっと黙ったままの無名に目配せをする。後は当人の口から、ということだ。
 それを受け、無名は済ました顔でさらりと答えた。

「いかにも、相違なくございます」
「ほう・・・・・・」

 戯孟の表情が一変して厳しいものとなる。夕燕城の方はともかく、あの爆発騒ぎのせいで慶軍側は散々に混乱を被った。本来ならば軍律に従い即刻斬って捨てるところだが、李洵がわざわざ探し出してきたほどの男だ。何かあるに違いない。裁断を下すのは話の後でも良い。
 ここはあえて目を瞑ることにし先を促す。こういうところ戯孟は融通のきく男だった―――というより、実のところその表情に反して、眼前の青二才に対し内心好奇心を覚えはじめていた。
 対する無名は、泰然として戯孟に臨んでいる。己のしたことを告白することに微塵の躊躇も恐怖も見られない。むしろ、薄っすらと微笑さえ浮かべていた。

「その意は」

 短く問えば、

「夕燕城の件でございますか、それとも火薬のことでございましょうか?」
「どちらもだ」

 憮然とした即答を、無名は軽く笑い流し、全く異なる話題を口にした。

「閣下。投石機の準備の方は整いましたか?」

 戯孟の動きが止まる。予想外の問い返しに虚を突かれきょとんとしたが、すぐに険しい面持ちになる。

「お主は工作部隊の兵か?」
「いいえ」
「では何故知っている」

 投石機のことは作製に携わる工作部隊以外には知らせず、内密に事を運めていたはず。なのに何故それを部外の無名が知っているのか。李洵が伝えたのではないことは、彼も驚きを隠さぬところから知れる。
 無名はそんな二人に莞爾とした。

「閣下のことですから、大方そんなところだろうと。攻城兵器は閣下のお得意分野。楼閣の対策として投石機を投入されるおつもりなのでしょう?」
「・・・・・・ああ」
「ならば今は過ぎたる事について論じている時ではないと存じますが?」

 戯孟がぴくっと片眉を吊り上げる。人を食ったような無名の返答に、だが瞬時に目が覚めた。
 面白くないが、確かにその通りである。今は、既に終った事柄を追究するより、目前の問題を解決せねばならない。

(こやつ、分かってて言ったな)

 無名は悪びれもせずニヤニヤと戯孟の反応を窺っている。成る程、このような状況にも関わらず、豪胆にも戯孟を試しているのである。なかなか弁も達つようだ。
 面白い―――と戯孟は思った。この鼻持ちならぬ舌先三寸の男の手腕が、果たしてどれほどのものか。その手並みを拝見してみようではないか。これは好意的な感情ではない。どちらかといえば喧嘩腰に近い挑戦心。
 戯孟は面を引き締めた。瞬時に、慶侯としての顔が現れる。

「お主の言うとおりだ。では無名。李洵はお主を此度の戦の要と申しておるが、何か考えがあるのか申してみよ」

 全身から発せられる迫力に、無名は微かな戦慄を覚えた。百戦をくぐりぬけた人物だけが持ちえる、他を圧倒せしめ畏怖を与える存在感。
 無名は己に注がれる威風を神妙な面持ちで受け止め、静かに戯孟を見返した。先ほどまで口辺にあった微笑がふっと消える。
 何時の間にか飄然とした雰囲気から一転して、沈着として鋭利な空気を纏っていた。
 その豹変ぶりに、戯孟はおやと軽く目を見張った。これはいよいよただの生意気な若造ではないと、気を引き締める。

 その様子を見守っていた李洵はこっそりと小さく溜め息をついた。刑哿が本気になる時はいつもこうだ。普段はふらふらへらへらと所在定まらぬくせに、やる時はやる。人をからかわずに、端からこの調子でいればいいものを、と李洵は思うのだが、これもこの男の性なのだろう。しかしその彼が何かの拍子にこうして真剣になると、大抵の者は呑まれる。日頃の行いが行いだからこそ、その落差が目を引くのだろう。しかも腹が立つぐらいにやたら格好がつくので、大概騙された気分になる。この上、冴え冴えとした奇才を放つのだから、苦く思わずにはいられない。
 とにもかくにも、刑哿がこのようになる時は、彼が本腰を入れ始めたという証だ。
 そして本気になった刑哿が打つ手を外したことは、李洵の知る限り一度もない。
 やはり己の選択は間違いなかったと、改めて李洵は確信した。
 三者三様の思いの中、無名は静謐な声音で述べた。

「策は無くはありません。ただそれを申し上げる前に、まずはお聞かせせねばならぬことがあります。―――此度の戦、敵軍の背後に胡の影があります」
「何!?」
「真か!」

 発せられた内容に、二人は同時に声を上げる。
 胡が、尭にひそかに味方している。その事実はこの上も無い衝撃であり、そして同時に危惧すべき事態であった。

「まさか胡が・・・・・・」

 李洵が苦々しく唸る。無名はそれを横目でちらりと一瞥し、視線を戻して言葉を続けた。

「ご存知のように、胡領は先の内乱の鎮圧により疲弊しきっております。ひとたび兵を動かそうものなら、忽ちに民の強い反発にあうでしょう。ゆえに胡侯は、援軍を出す代わりに一人の軍師を送りました。―――陳雨という男です」
「陳雨だと」

 戯孟は鋭く言い放ち、目を眇めた。以前に一度だけちらりと脳裏を掠めた名である。

「陳雨と言えば、若くして鬼謀の士と名高い。では干卷を裏で動かしていたのは、彼であるということか」

 低く呟く李洵に、無名は頷き一つで肯定する。

「ええ。これは間違いありません。なにせ私自身が苦心の末、やっと手に入れた情報ですからね」
「お主、どこでそんな情報を入手してくるんだ」

 李洵がふと思いついて不思議そうに突っ込んでくる。
 未だ自分達ですら知らないことをどうして知り得たのか、考えれば甚だ謎である。
 無名は意味深に喉を鳴らし、打って変わって悪戯めいた瞳を向けてきた。

「なんてことはない。直接あちらに忍び込んだのさ」

 事もなげに吐かれたとんでもない発言に、李洵は言葉を失った。開いた口がふさがらない。
 そんな友人を尻目に、無名は本題を再開する。

「まあ詳細はまた後ほどおいおいお話しするとして、ともかく敵は一筋縄ではいきません。いっそ援軍を出してくるよりも厄介だ」

 言い、すっと顔を仰いで敵の陣営がある方角に遠く瞳を向けた。

「私の読みが正しければ、おそらく敵方は今晩中にでも仕掛けてくるでしょう」

 戯孟と李洵の顔にさっと緊張が走る。かなり急な話である。もうすでに日は傾いていた。

「深夜、いえ明日というべきでしょうか。刻にして寅あたりかと」
「いやに限定するな」
「ええ、まあ―――少し特殊な事情でしてね。ですからその前に何とか手を打たねばなりません。あちらは閣下が投石機を作る事をすでに見越しております」
「何だと?」
「あの楼閣の真の目的は閣下に投石機の製作を促すことです。もし知らずに着手していたら敵の策中に嵌ったことになりましたね。鎮文殿が止めてくれなければ危ういところだった」

 無名はやや目を伏せてそう言うと、すぐに顔を上げて告げた。

「お気づきでしょうが、敵の狙いは時間稼ぎです」

 『機』を狙い、『時』を待つための―――
 無名の言葉に戯孟は頷きで同意を示す。確かに戯孟もそれは薄々と感じていた。今までの経過を振り返ってみると、そうとしか考えられない要素が多い。尭軍の一見すると奇妙な動きは、ふと視点を変えれば戦の時を延ばそうとしているかのようにも映った。

「特に敵は要をこの一日においている。決するのは今夜―――平明のあたりには大惨事がおきます」
「惨事と」
「はい」
「それを防ぐ手立てはあるか」
「私に妙案が」

 無名はにやりと笑ってみせた。戯孟がほう、と呟き、興味津々な様子で先を促す。

「とりあえず閣下には、このまま投石機を作ってもらいましょう」

 それに、戯孟がきょとんと目を瞬く。

「何? それでは敵の策に陥ると、お主自身が先ほど申したではないか」
「ですから、策に嵌ったふりをするのです」

 狡猾な策士の目が戯孟を射抜く。
 日が落ち暗くなってきた幕の中で、その様は極限まで張り詰められた弓を思わせた。
 それは戯孟にとっても、久しく心地よい緊張であった。

「敵軍を欺くのは兵法の基本中の基本。兵は詭道(きどう)なり。閣下にこのようなことを説くのは摂之子(せっしし)に説道でしょうが、詭道とは『(しか)して之に不能を示し、用いて之に用いざるを示す』もの。すなわち、可能な事を不可能に見せ、有用の物を無用に見せる。いかに己の手の内を見せずに敵を騙すか、そしていかに敵に騙されぬかが、勝敗を決します」

 つまり、と戯孟が後を引き取る。無名の言わんとしている事を悟ったのだ。
 にやりと口角を上げ、先を続ける。

「『兵を為すの事は、敵の意に順詳(じゅんしょう)するに在り』というわけだな」
「ご明察」

 無名は不遜に笑い、半眼にした鋭い眼差しを向けた。
 戯孟はそれを真っ直ぐに見返す。
 兵を為すの事は、敵の異に順詳することに在り―――戯孟の言ったこの言葉は、兵法書の引用である。その意は、戦を遂行する上での要点は敵の意図に従うふりをすることである、という。詳とはつまり(いつわり)だ。
 無論これは敵の意図を前もって知っているということが大前提にある。ところが敵の意図を把握する事は容易ではない。手に入れた情報が必ずしも真実とは限らないためである。わざと漏らされた情報、つまり偽の情報を握らされるかもしれないし、送り込んでいる間者が二重間諜(スパイ)である可能性もある。従って敵の真意を量るのは非常に困難なのである。
 だが、無名には自分の読みに確信に近い予感があった。ほぼ直感のようなものだが、それは決して根拠のない勘ではなく、あらゆる情報と緻密な分析を元に立てられた予測だ。
 つまるところ無名は、表向きはあたかも敵の手に乗せられたように見せかけ、実際はその更に裏をかくというごく単純な戦法を呈示したわけである。

 敵を欺く―――

 戯孟、李洵、そして無名の間で一つの計画が交わされた。
 そうして締めくくりに、無名は頭を垂れて戯孟に誓約した。

「私にお任せください。必ずや、尭軍を打ち破ってご覧に入れましょう」


BACK MENU NEXT