慶軍の陣営がにわかに騒がしくなった。

(始まったか)

 陳雨は心の中でそっと呟いた。
 想定通り、慶侯軍が投石機を造り始めたようだ。薄暗くなり始めていた夕空の下で、慶軍営の正面で大小太細様々な無数の木材が集められ、土台を組み立てていくのが見える。兵卒たちが一丸となって頑張る光景はいっそ微笑ましくさえ思えてくる。

「何を笑っておる」

 隣りに立つ干卷に問い掛けられて、陳雨は我知らず淡く笑みを浮かべていたことに気づいた。

「いえ。思惑通りになったな、と」

 視線で慶軍営を示す。干卷もそちらに目をやり、一つ息をついた。

「確かに、お前の言う通りになった」

 陳雨は楼閣制作の献策した際、戯孟の投石機による反撃を予言していた。その上で、これを逆手にとった罠を用意した。
 ここまで、ほぼ思い描いたままに事が進んでいる。つまり主導権はこちら側にある。
 言うまでもなく戦において主導権を握る事は極めて重要なことである。兵法に曰く『善く戦う者は、人に致して人に致されず』。すなわち、巧みに戦う者は、敵を思い通りに動かしても、敵の思い通りに動かされぬものだ。
 その点では、尭側に利がある。だが陳雨の胸の中では、一抹の疑念が喉に刺さった魚骨のごとく細やかに存在を主張していた。

(この胸騒ぎは一体なんだと言うのか)

 自問してみても答えは見つからない。そう、喩えるなら、旅出ちに臨んで備え漏らしがあるような不安感。あれに似た心地だ。幾度も確認を繰り返し、何の抜かりはないはずなのに、どこか落ち着かない気分。
 その原因は、おそらく昨日の一件だ。あの謎の出来事が、安心を妨げていた。
 結局分からずじまいのままだが、別段被害を被ったわけでもなく、その後も何の兆しも見られないため、計画を中止することはしなかった。念のため警戒だけは怠らず陣内外に目を光らせているが・・・・・・
 無数の火花が散るなか、敗走していった慶軍―――果たして本当にあれは慶の策略ではなかったのか。
 陳雨の苦悩をよそに、干卷が呑気な声で言った。

「まあ後は天の時を待つばかりだな。ここまで来るのにこちらが払った犠牲も少なくはなかったが、これで何とか殿に顔向けができる」

 そして不意に不安げな顔を向けてきた。

「だが本当に『あれ』は来るのか?」

 陳雨は眉間に寄せていた眉根を戻し、自信の滲み出す声で肯いた。

「ええ、必ず来ます」

 干卷は胸を撫で下ろし、そうかと言うと、もう一度慶軍の陣営を眺めやってから踵を返した。振り返らずに陳雨へと告げる。

「この度の事は殿に報告せんとな。お前には感謝している。これからの胡との関係も、望ましいものになることを期待しているよ」

 そう言って歩み去る背を、陳雨は無言のうちに見送った。
 見えなくなったところで、再び視線を戻す。薄暗闇に、遠く点々と燈る篝火。そしてかすかに見える散在して筋を引くような土埃は、樹を切って運んできているものであろう。

「必ず、か」

 先ほど己が吐いた言葉を口にし、ふっと自嘲気味に笑う。

「真に思い通りに動いてくれるのならばな」

 夕陽は既に西の彼方へと姿を隠し、余韻のみを仄々と残していた。
BACK MENU NEXT