やがて、無名と入れ替わるようにして、李洵がこちらへと馬を駆る姿が見えた。
 主を馬上から見下ろすわけにはいかないためかなり手前で下馬すると、後ろを見返り振り返りしつつ不思議そうに歩いてくると、何故か言葉無く凝視してくる主へ拱手し問い掛けた。

「今しがた、刑・・・・・・無名とすれ違いましたが、何事かあったのですか?」
「真に当たりおった」

 全く脈絡の無い返答に、李洵がは?と目を丸くする。
 戯孟が事の次第を話すと、李洵はようやく得心がいったようにああ、と漏らした。

「あれはなんというか、昔から妙に敏いところがありまして。恐らく地を渡って伝う馬蹄の振動でも感じ取ったのでしょう」

 李洵は無名が駆け去って行った方向を見つめて目を細める。半信半疑ながらも成る程と戯孟は呟いた。同時に別のことにも納得する。無名が去り際に言っていた「すぐに分かる」とは、つまりこのことだ。自分が言わずとも成り行きで李洵が説明すると分かっていたのである。なかなか先をよく読む。
 李洵が不意に心配そうに首を傾け、気遣わしげに覗ってきた。

「あれが無礼を働きましたでしょうか」
「いや」

 戯孟は首を振って否定する。心中で微かな苦笑を漏らした。無礼といえば、もう数え切れぬほど働かれているが。鼻を鳴らす。

「なかなかに口の立つ奴よ。若造のくせに道理の何たるかをよく心得ておるようだ」

 楽しげに語る主君を見て、李洵はホッと息をついた。

「それはよろしゅうございました」
「おう。―――ところで鎮文。何か申す事があってきたのではないのか」

 戯孟に言われ、自分の役割を思い出した李洵は、さっと礼をとる。

「ああ失礼致しました。例の件ですが、万事整いましたのでそのご報告を」
「然様か。ご苦労であった」

 戯孟は頷き、困ったように首を傾げている片腕の参謀に労いの言葉をかけた。
 軽く肩を叩き、喜色を露にする。

「相も変わらず早い仕事ぶりだな」
「恐縮に存じます」

 李洵は謙虚な態度で拱手を掲げる。
 それに頷き頷きしつつ、戯孟は目を細めて顎鬚を撫でた。

「いやはや、無名はああ言ってはいたが、さすがに実際にこの耳でしかと聞くまではどうにも半疑でな」

 鷹揚と笑う主君を、李洵は不思議そうに見返す。

「何と申しておりましたか」
「蹄の音を聞いてから、お前がこちらに向かっている、きっとすべて完了したのだろうとな。全くどんな技を使ったのやら」

 然様でしたかと相槌を打ち、李洵は何とも言えぬ表情を浮かべた。

「ところでその無名は何処へ向かったのでしょう」
「そう言えば何やら『最後の仕上げ』をするとか申しておったが・・・・・・はてさて、一体何であろうな」

 戯孟が首を傾げて意見を求めるのに、李洵は同じ様に首を傾げ、さぁ、と答えた。刑哿の考えていることなど、昔から測り知るのは困難であった。あれは常に人の考えとはまた違うことを考えていたから。
 李洵は穏やかに微笑みながら、戯孟に尋ね訊いた。

「殿。あの者はいかがですか」

 戯孟は少しの間をとった。顎を撫でながら言う。

「そうだな・・・・・・確かに興味深い男ではある」

 無名には、戯孟を唸らせる何かがある。それは数多いる配下たちとも、あるいは喪った二人の参謀ともまた異なるもの。

「ああいう毛色の変わった奴が一人麾下にあっても、面白かろうな」
「軍師と武将、どちらとしてでございますか?」

 む、と戯孟が唸り李洵を振り返る。

「どういう意味だ?」

 李洵はしたり、と微笑を深め、

「あの男はああ見えてかなり腕も立つのですよ。私は彼が多勢に無勢でも負けたのを見たことがありません」
「ほう、それは意外だな」

 戯孟は数度瞬き、隠さぬ感想を口にした。見たところ無名は体躯が良くもなく、むしろ名だたる武将達に比べれば貧相な方だった。だから戯孟は自然と無名を文人肌だと思い込んでいた。
 だが言われてみれば無名は単身敵城内に忍び込み扇動作戦を実行しているし、また堯陣営にも同様に忍び込んで偵察してきている。それなりに体力や訓練がなければこれらのことを成し遂げるのは到底不可能だ。やはり見かけに惑わされてはいけないと言うことか。

「殿。無名は徒人にはございません」

 李洵はふと改まった顔つきになった。しばらく逡巡するような素振りを見せ、やがて目を上げた。

「これは、正直お話しすべきか迷いもございますが・・・・・・彼の者との約を、破ることにもなってしまいますので」
「何だ、珍しく勿体ぶりおって」

 戯孟は可笑しそうに笑った。李洵も苦笑した。

「内容が内容ゆえ。それでもこれだけは殿のお耳にお入れしておきたく存じます。その代わり、今から申しますことは決して他言無用に願います」
「随分慎重なことだな。それほどまでせねばならぬ秘密が、奴にあるのか?」
「ええ・・・・・・何しろ彼は、方術にも深く精通している者にございますれば」
―――何だと?」

 戯孟はにわかに眼光を険しくした。固い表情には僅かな戸惑いも含まれている。
 李洵は静かに瞼を伏せた。
 方術といえば、怪しの技。中には医術も含まれているが、主には占術や祈祷、鬼神の使役など、その他様々な摩訶不思議な術を指す。それらを扱う者たちを仙道、あるいは方士と呼んだ。いわゆる異能者である。
 戯孟が顔を顰めたのは、彼がそういった超自然的なものを好まないからだ。戯孟は徹底した合理主義者であったから、そのような現実に割り切れない胡散臭げなものを厭う。事実、仙人を見たことも、仙術を目の当たりにしたことも無い。巷にいる方術使いや呪い師などと名乗る者のほとんどは詐欺師の類であり、人の弱みに付け込んで大金を巻き上げるような悪党連中だった。
 だが李洵は首を振ってそれを否定する。

「無名はそういった輩とは違います。あれは決して無闇矢鱈に他者に異能を見せようとはしません。むしろ常に力をひた隠していました。ですが、私はただ一度だけ、あれがその技を使うのを見たことがあります」

 そう告げると、どこか遠く彼方に思いを馳せるように、瞳を細めた。
BACK MENU NEXT